トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法概論 〈憲法総論〉
   General Theory on Constitutional Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 森 征樹(講師)
グレード G2
テーマ 日本国憲法の歴史と基本原理
キーワード 近代立憲主義,国民主権,権力分立,基本的人権,平和主義,憲法改正
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1秋・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目
2年生 (法)学部基本科目
3年生 (法)学部基本科目
4年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要  憲法の基本的な事柄を学ぶ。
 日本国憲法は、日本の法体系において最高法規であり、国家のあり様を定める基本法です。日本の歴史だけではなく世界の歴史から多くを学び、今の日本国憲法があります。それがよって立つ基本的な考え方を学ぶと同時に、日本国憲法が具体的にどのようなことを定め、現実にどのように運用されてきたのか、生きた法としての憲法を理解することを、この講義では目指します。
履修条件  学部基本科目なので特に履修条件はない。春学期に受講した法学の基礎をしっかり学んできてほしい。
科目の位置づけ(DPとの関連)  この科目の位置づけは、法学部の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。「1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している」こと。
学修の到達目標  日本国憲法がよって立つ基本原則についての概要を理解すること。憲法の人権規定をおおまかに説明できること。憲法の定める国家統治の基本枠組みを簡潔に説明できること。
授業の方法  講義形式で行う。教科書はかなり詳細に書かれているので、事前・事後に該当箇所の予習・復習を必ず行うこと。適宜、プリントも配布する。
 必要に応じてAV機器を使用してVTRなどを見せることもある。
 毎回、講義終了後には、コメントカードを提出してもらう。
 
授業外の学修(予習・復習等)  講義の際に指示する参考文献に目を通してくること。適宜レポートを課すので各自で文献を探し、読み解き、まとめること。
テキスト・参考書 テキスト:澤野義一・小林直三『テキストブック憲法(第2版)』法律文化社、2017年。
参考書:芦部信喜『憲法(第6版)』岩波書店、2015年。
成績評価の基準・方法 論述式の最終試験(80%)、講義への積極的参加ならびにコメントカード(20%)。詳細については第1回目の講義にて説明する。
この科目の履修にあたって  憲法を身近なものと感じるためにも、日頃からニュースなどに接して「憲法問題」に関心を持ってほしい。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

講義の概要と評価基準について

第2回 立憲主義

憲法とは何か

第3回 憲法の歴史

日本国憲法につながる欧米諸国の憲法、大日本帝国憲法

第4回 国民主権と象徴天皇制

主権とはなにか 天皇制の位置づけ

第5回 平和主義

自衛隊、自衛権、9条の理念

第6回 人権総論

人権とは何か

第7回 自由権①

精神的自由 思想・良心の自由 信教の自由 表現の自由 学問の自由

第8回 自由権②

人身の自由 罪刑法定主義 残虐な刑罰の禁止と死刑

第9回 社会権①

生存権、社会保障制度教育の権利

第10回 社会権②

教育の権利、労働者の権利

第11回 経済的自由

職業選択の自由、財産権

第12回 国会

立法権

第13回 内閣

行政権

第14回 裁判所

司法権、違憲審査制

第15回 まとめ

総復習講義、試験対策