トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法概論 〈憲法総論〉
   General Theory on Constitutional Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 澤野 義一(教授)
グレード G2
テーマ 憲法の基本理念と歴史および課題
キーワード 立憲主義,憲法の歴史,日本国憲法の特色,平和主義,憲法の最高法規性
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1秋・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目
2年生 (法)学部基本科目
3年生 (法)学部基本科目
4年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要  憲法の基本にある立憲主義や、欧米憲法の歴史と日本憲法の歴史を理解したうえで、日本国憲法の特色を明らかにし、さらに平和主義や憲法の最高法規性に関する日本の現実的諸問題についても考える。憲法の専門知識を深めていくための前提となる基礎的知識を身につける科目である。
履修条件  特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目の位置づけは、法学部の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。「1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している」こと。
 また、この科目は、法学部の教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムのなかでは、学部基本科目に位置づけられる。
学修の到達目標  憲法の基本理念や歴史を踏まえて、人権や政治・統治に関する具体的な憲法問題を考え、説明することができるようになることを目標にする。
授業の方法  指定テキストと配布プリントを使って、講義形式で行う。授業のフィードバックとしては、中間テストなどを行った場合には、優秀な答案を授業中に紹介し、解説する。
授業外の学修(予習・復習等)  予習としては指定テキストないし参考書を事前に読んでおくこと、復習としては授業で理解できなかったことを参考書などで確認したり、問題集などを解くことで重要論点の理解を深めることも必要である。
テキスト・参考書 [テキスト]
 澤野義一・小林直三編『テキストブック憲法(第2版)』法律文化社、2017年
[参考書]
 芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法(第6版)』岩波書店
 辻󠄀村みよ子『憲法(第5版)』日本評論社
成績評価の基準・方法  論述式の期末試験で8割、授業中の中間テスト・レポートで2割の割合で採点する。
履修上の注意事項など  指定テキストないし基本書(参考書)を一冊は購入し、日頃から予習・復習の教材として読むことがのぞまれる。
この科目の履修にあたって  人権や政治に関する裁判や憲法問題(憲法改正問題など)について、日頃から新聞やニュースに関心をもって接することがのぞまれる。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 ガイダンス

授業の目標、概要などについての説明

第2回 憲法とは何か

憲法の概念と立憲主義

第3回 欧米憲法の歴史

近代憲法と現代憲法

第4回 日本憲法の歴史(1)

明治憲法(大日本帝国憲法)

第5回 日本憲法の歴史(2)

日本国憲法の成立過程

第6回 日本国憲法の特色(1)

基本的人権

第7回 日本国憲法の特色(2)

主権概念と国民主権

第8回 日本国憲法の特色(3)

象徴天皇制

第9回 中間まとめ

中間まとめ

第10回 平和主義(1)

憲法9条の意義と政府見解

第11回 平和主義(2)

日米安保体制・海外派兵と裁判

第12回 憲法の最高法規性(1)

憲法と国際法(条約)の関連

第13回 憲法の最高法規性(2)

憲法改正

第14回 憲法の最高法規性(3)

憲法尊重擁護義務と抵抗権・国家緊急権

第15回 まとめ

全体のまとめ