トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本法制史Ⅰ
   Japanese Legal History Ⅰ
授業科目区分
法学部専門教育科目・基礎法系
担当者 岩村 等(教授)
グレード G2
テーマ 前近代日本における法の歩み
キーワード 律令法制,御成敗式目,幕藩体制,公事方御定書,身分
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 「日本法制史Ⅰ」は、江戸時代までの前近代の日本法を学習の対象としている。前近代の日本では、法は、中国から継受した律令法制を対称軸としながら、古代・中世・近世の各時代の社会的特性に対応した独自のあり方を見出してきた。そこでは、身分が法の中心的な価値であった。そして、明治維新を迎えて、日本法は、西洋法の世界と遭遇して権利・義務の世界を現出する。各時代における法のあり方を検証しながら、近代法への準備がどのように作られていったのかを学修する。法学部卒業生にふさわしい法の歴史の素養を身につけることによって、社会人基礎力を養い、就業力の一助となります。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  法学部の学位授与方針(DP)において示されている4つの能力のうち、とくに「1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解」し、「4.論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につける」ための土台となる科目です。                                 法学部のカリキュラムポリシー(CP)では、学生が基礎から応用へと順次性に基づき学修を進めていくことができるように編成されているカリキュラムにおいて、専門科目の一つとして設定されている。また、公務員コースの教職モデルにおいて、コースモデル関連科目の一つとして位置づけられています。
学修の到達目標  前近代日本の法の歴史がもつ特徴について、興味と関心を養いながら、大まかな知識を身につける。この知識をもとに日本の前近代法の歴史の全体像について説明できる能力を養う。
授業の方法  担当者(岩村)が作成した講義用テキスト『前近代日本法の軌跡――原始時代から江戸時代まで――』(大阪経済法科大学経法学会)を使用して講義を進める。前近代日本法にまつわる人物や出来事の興味深い話しを紹介しながら講義を進めたい。
 また、時々コメントシートを配布するので、積極的に質問して欲しい。
 
授業外の学修(予習・復習等) あらかじめテキストや参考文献としてあげた書物で、次の講義の該当部分を読んでおくことを希望する(予習をするように)。
テキスト・参考書 テキスト
岩村等『前近代日本法の軌跡――原始時代から江戸時代まで――』(大阪経済法科大学経法学会)
参考書
■浅古弘・伊藤孝夫・植田信廣・神保文夫編『日本法制史』(青林書院新社)
成績評価の基準・方法  春学期末試験(論述形式)を行う。また、授業中の小テストも実施する(1回)。基本的知識の有無、理解力、思考力を問いたい。
配点の比重 コメントシートや授業中の質疑応答など〔約20%〕 小テスト(1回分)〔約20%〕 春学期末試験〔約60%〕。
履修上の注意事項など なにはともかく、出席して授業を聴いてください。
この科目の履修にあたって 法の歴史の授業といっても、なじみの薄い法律用語がどうしても出てきます。まず出席して、授業に食らいついてください。そのうちについてこれますよ。
オフィスアワー 木 14:40~16:10 教務課(C号館1階) 授業の質問、レポート作成支援、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学


第1回 日本法制史Ⅰとは―開講にあたって―

 日本法制史とは、どのような学問なのか。日本法制史を学習する面白さ・楽しさと、法律学にとってどのような意味を持っているかを考える。また、前近代日本の時代区分を紹介するとともに、スケジュールを説明する。

第2回 原始時代おける氏族社会の法と慣習

 はるかな昔の縄文時代の社会のありかたを推測する。弥生時代に生れた邪馬台国などのクニと社会はどのようなものか。大和王権と氏族社会では、法はどのようなあり方をしめしたかを推測する。

第3回 律令法の継受と律令国家の成立

 大化の改新の歴史的意味を考える。中国の律令法の継受と、律令国家・古代天皇制の成立過程をあとづける。また、社会身分と人身支配のあり方を概観する。

第4回 律令法制(家族・刑事法制)と裁判制度

 大宝・養老律令などを初めとする律令法制のなかで、親族・相続および刑法のあり方を概観する。また、具体的な裁判例を紹介しながら、裁判制度の内容を、裁判の機関・手続の面から検証する。

第5回 荘園制の展開と律令国家および古代社会の変容

 荘園制が展開・発展するなかで律令体制はどのように変容したか。平安時代の国家と社会の変容をあとづける。

第6回 武家社会の成立と封建制論--中世法の世界と御成敗式目--

 古代社会のなかで武士はどのように誕生したのか。また、武家社会の主従関係や社会身分とはどのようなものであったかを、封建制概念と関連付けながら概観する。武家法の先駆けとして鎌倉幕府は、御成敗式目を制定した。この御成敗式目に内在する法的論理と「道理」による支配を考えてみる。また、鎌倉幕府の裁判制度についても概観する。

第7回 南北朝の動乱と社会全般の再編--守護大名、惣村、室町時代の法の諸相--

 南北朝の動乱とは何だったのか。室町幕府が成立するなかで、武家の社会と法はどのような変容を遂げたのか。中世社会で生れた惣村は、構成員の平等原則をもとに形成された村落共同体であり自治的村落結合組織である。この惣村の実態に迫る。

第8回 中間のまとめと小テスト

前半のふりかえりとまとめ。小テスト

第9回 戦国の動乱と幕藩体制の成立

 応仁の乱に始まる戦国の動乱の推移を観察するとともに、織豊政権を経て徳川幕府が成立するなかで、幕藩体制がどのように形成されたかをあとづける。

第10回 幕藩体制の法の存在形態と社会身分

 幕藩体制の法源としての、幕府法・藩法、村法と町法、仲間法を概観する。また、社会身分の諸形態について考える。

第11回 幕藩体制の土地制度

幕藩体制の下での土地所有の性格と各種の規制を概観する。個別的には、田畑永代売買の禁止,検地,入会,小作,質入・書入などをみていく。

第12回 幕藩体制の刑法

 幕府が制定した「公事方御定書」と、一部の藩(とりわけ熊本藩)の明清律系刑法における犯罪と刑罰の体系を概観する。

第13回 幕藩体制の親族法・相続法

 武士家族法と庶民家族法の分離、家長権の存在形態、夫と妻・妾の関係、親子の関係、相続のかたちについて概観する。

第14回 幕藩体制の取引法――近代への予感――

 幕藩体制のもとでの商業の発展にともなう取引法の展開をあとづけ、商業世界で芽生えた近代への胎動を検証する。

第15回 幕藩体制の裁判制度

 幕藩体制の裁判制度における、吟味筋(主として刑事裁判手続)と出入筋(主として民事裁判手続)のあり方、裁判機関のシステムと運用を概観する。