トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 公務員のための刑事法Ⅰ
   Criminal Justice System for Public Servant Ⅰ
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 漆畑 貴久(客員准教授)
グレード G2
テーマ  刑事司法制度の全体像から見た刑事法
キーワード 刑法,刑事訴訟法,少年法,刑事司法制度,警察,社会安全・地域安全,刑事政策,犯罪対策,被害者対策
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3
単位数
2
コース 2年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)
3年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要  この授業では、公務員(警察官・消防官・行政職公務員等)を志望している学生にとって必要と考えられる、我が国を中心とした刑事司法制度の現状を、刑法や刑事訴訟法等の刑事系の主要な法律との関係を意識しつつ学ぶことを予定しています。我が国において、犯罪が発生したと考えられる場合に、刑事司法機関がどのように対応しているのかということ、そしてそれらの対応が刑事系の諸法律によってどのように規律されているのかということについてを中心に、認識・理解してもらうことを予定しています。
 授業の予定は授業計画の通りですが、扱うテーマの重要度、受講生の理解の程度等の事情により、適宜変更されることがありますので、予めご了承ください。
履修条件  特にありません。公務員コースの基本科目ですが、犯罪と刑罰、刑事司法制度等について関心のある方は履修して下さい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  公務員コース学生のコース基本科目です。
学修の到達目標  以下の知識の習得を通して、刑事法学的な物事の見方・考え方ができるようになることをこの授業の到達目標とします。
①刑事司法制度の流れを説明することができる。
②刑事司法制度内で、刑法、刑事訴訟法、少年法、刑事収容施設法、あるいは更生保護法等の法律がどのように機能しているのかを説明することができる。
③刑事司法制度内で、警察官、検察官、裁判官、刑務官、法務教官、あるいは保護観察官等がどのように活動しているのかの概略を説明することができる。
④犯罪者とその被害者が刑事司法制度でどのように扱われるのかの概略を説明することができる。
⑤刑事司法制度の問題点について指摘し、その対策について考察することができる。
授業の方法  原則として講義方式で行いますが、授業中に教員から受講者に対して発問をし、回答を求めることがあります。授業に際しては、授業支援システム(NICE PORTAL等)を通して資料(レジュメ)を配布する予定です。受講者は、授業を聞きつつ、必要・重要と考えることを自身の判断で資料の空きスペース等にメモ書きする等の作業を行うようにして下さい。
授業外の学修(予習・復習等)  授業で使用する資料は、授業前に配布しますので、受講者は、あらかじめ資料を参照するとともに、教科書の該当部分を通読する等の作業を通して、予習をしておくようにして下さい。また、授業後は、授業で検討した部分について、資料、授業中に受講生各自が記したメモ書き、及び教科書の該当部分を改めて参照・確認して、復習をするようにして下さい。
テキスト・参考書 (テキスト)
指定しません。

(参考書)
授業中に適宜紹介します。
成績評価の基準・方法  学期末に実施する試験(60%)、リアクションペーパー(40%)によって評価します。リアクションペーパーは、毎回の授業後に提出を求めるわけではなく、5回程度の提出を予定しています。なお、授業中の教員からの発問に対する回答を加点事由とすることがあります。
履修上の注意事項など  日常的に、報道等を通して、社会に関する事件・事故等に注意を払うようにしてみてください。
 受講態度が劣悪な受講生に対しては、退席、出席停止等の措置を採ります。
この科目の履修にあたって  授業を聞き、板書以外にも重要・必要を自分で判断したことを、ノートや配布資料等にメモ書きする等、能動的な授業への参加が重要です。
オフィスアワー


第1回 開講にあたって

授業方式の説明・オリエンテーション

第2回 刑事司法制度の全体像①

・犯罪をしたとされる者が刑事司法においてどのように扱われるのか、その概要を概観する。

第3回 刑事司法制度の全体像②

・刑事司法の諸制度がそれぞれ具体的にどのような活動を行っているのか、その概要を概観する。

第4回 犯罪の原因①

・犯罪の原因に関する諸研究を概観する。

第5回 犯罪の原因②

・犯罪原因に関する研究としての理論犯罪学を概観する。

第6回 犯罪の捜査①

・犯罪の捜査と刑事訴訟法の関係について把握する。

第7回 犯罪の捜査②

・犯罪の捜査が刑事訴訟法によってどのように規律されているのかを知る。

第8回 犯罪と刑事裁判①

・刑事裁判の概要について概観する。

第9回 犯罪と刑事裁判②

・刑事裁判のうち、特に裁判員制度について概観する。

第10回 犯罪と刑罰①

・犯罪とそれに対する刑罰の現状について概観する。

第11回 犯罪と犯罪者の矯正①

・犯罪者処遇のうち、施設内処遇について概観する。

第12回 犯罪と犯罪者の矯正②

・犯罪者処遇のうち、社会内処遇について概観する。

第13回 犯罪とその被害者①

・犯罪被害者の現状等について把握する。

第14回 犯罪とその被害者②

・犯罪被害者への対策の現状について知る。

第15回 まとめ

・授業のまとめ。