トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 国際経営論
   Theory of International Business Management
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際ビジネス科目群
担当者 高砂 謙二(教授)
グレード G2
テーマ 国際経営の全体把握
キーワード 多国籍企業,国際経営戦略,マーケティング,ロジスティクス,M&A
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、国際経営の基礎理論及び国際経営環境の基礎知識を修得することを目標とする。具体的には、多国籍企業の歴史、企業の国際化の理論、M&A(合併と買収)戦略、国際戦略的提携、企業経営の職能からの国際化理論(国際経営戦略、マーケティング戦略、ロジスティクス戦略、組織戦略、人的資源戦略、海外生産・研究開発戦略等)といった国際経営の中心的な課題について考察し、多国籍企業の経営行動の理解を深める。また、各国固有の文化や慣習、政治体制といった進出先の経営環境等についても具体事例から解説する。
履修条件 国際学部専門教育科目・専門発展科目 (2年次以降履修科目)
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目を履修することで、DP1のグローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけ、DP3の4. 異なる価値観や文化的背景をもつ他者と協力し、社会の一員として活躍できる能力と生涯にわたる就業力を身につけることにつながると考えられる。この科目はCPに基づき、国際コミュニケーションコース・グローバルキャリアコースの専門発展科目として位置づけられている。
学修の到達目標 ・国際経営の全体構造を説明できる。
・多国籍企業について説明できる。
・貿易取引の流れを説明できる。
授業の方法 授業用のパワーポイント資料に則して授業を行います。また、適宜レジュメなどの資料を配布します。授業は講義形式を基本とし、小テスト(小テストの結果は講義内で口頭にてフィードバックを行います。)やディスカッションを通じ知識理解の定着を行い、学期末には、期末試験を実施します。
授業外の学修(予習・復習等) 常日頃から新聞・ニュース等で授業に関連する情報収集を行い、事前に基礎的な関連知識等は参考書等で事前学修することが、復習については講義ノートで授業外の学修を行うことが望まれます。
テキスト・参考書 テキスト・参考書 教科書:教科書は指定しないものの、事前に基礎的な関連知識等は参考書等で事前学修することが望まれます。
参考書:来住哲二『基本貿易実務』(十訂版、同文館出版、2003年)
    川本明人『外国為替・国際金融入門』(中央経済社、2012年)

成績評価の基準・方法 成績評価の基準・方法 評価方法:期末テスト(70%)、小テスト(30%)
判定基準は以下のとおりです。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 受講者の選考等は行いません。
この科目の履修にあたって この授業では専用のノートを必携し、必要に応じてメモを取るようにして下さい。また、近年の事例を取り上げるため、常日頃から新聞・ニュース等で関連の情報収集に努めて下さい。また、事前に基礎的な関連知識等は参考書等で事前学修することが、復習については講義ノートで授業外の学修を行うことが望まれます。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路


第1回 ガイダンス

講義の概要と今後の授業の進め方について説明を行います。

第2回 企業の国際化

企業の国際化について解説します。

第3回 国際ビジネスの歴史

国際ビジネスの歴史について解説します。

第4回 多国籍企業

多国籍企業について解説します。

第5回 貿易の全体構造把握(輸入編)

輸入取引における取引全体の流れを解説します。

第6回 貿易の全体構造把握(輸出編)

輸出取引における取引全体の流れを解説します。

第7回 直接投資と間接投資

直接投資と間接投資について解説します。

第8回 M&A戦略

M&A戦略について解説します。

第9回 日本のFTA(自由貿易協定)

日本のFTA(自由貿易協定)について解説します。

第10回 国際比較経営

国際比較経営について解説します。

第11回 グローバル競争戦略

グローバル競争戦略について解説します。

第12回 国際マーケティング(1)

国際マーケティングについて解説します。

第13回 国際マーケティング (2)

国際マーケティングについて解説します。

第14回 国際経営の事例研究

国際経営の事例について解説します。

第15回 総括

講義内容の総括をします。