トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マーケティング論
   Theory of Marketing
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際ビジネス科目群
担当者 河野 公洋(講師)
グレード G2
テーマ 社会のさまざまな現象をマーケティング思考によって読み解く
キーワード シェア,ターゲッティング,ブランディング,セグメンテーション
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、マーケティングの概要、理論、事例等について解説する。具体的には、プッシュ戦略、プル戦略、STP(Segmentation、Targeting、Positioning)、マーケティングの4P(Product、Price、Place、Promotion)に関する考え方と事例を取り上げる。授業を通して、マーケティングの基礎的な考え方を修得し、社会のさまざまな現象をマーケティング思考によって読み解く力を身につけることを目標とする。
履修条件 特に定めないが、自ら職業選択・進路選択の一助とするべく、ビジネスの基礎的な教養を身に着ける気構えを持って下さい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 マーケテイング理論や手法を基礎から学びながら、企業の市場環境への適応行動の分析をとおして、市場優位のマーケテイング戦略を考える。マーケテイング理論によって、企業行動を理解するとともに、現状を把握し、問題点を発見し、問題解決の意思決定ができる力を養うことができる。
授業の方法 各回、企業のケースを題材にみなさんに問題点や分析視角を考えてもらい、解決策を考えたり意思決定を下す過程を学修することで、問題解決能力を養ってもらえるように工夫し、視聴覚教材を使用して事例中心に講義を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 新聞のビジネス面などを事前に読んでおいてください。
講義内で登場した専門用語を自在に使えるように復習してください。
テキスト・参考書 特に定めませんが、必要に応じ参考文献を講義内にて紹介します。
成績評価の基準・方法 小テスト・出席等(40%)、期末試験(60%)を予定しています。
履修上の注意事項など 受講者数によって、教授法は変わるが、基本的には、9割の講義と1割のアクティブ・ラーニング。受け身だけでなく、与えられた材料で、自ら考える事をトレーニングして欲しい。
この科目の履修にあたって 日々の生活からも、ビジネスの基礎的な知識を得て社会科学的な視野を養って下さい。
オフィスアワー


第1回 概要

この講義のオリエンテーション

第2回 マーケテイングの概念

企業活動におけるマーケテイングの意味合いと重要性

第3回 マーケテイングの歴史

マーチャンダイジングからマーケティングへの変遷

第4回 マーケテイング・プロセス

マーケテイングを行う上でのプロセス

第5回 マーケテイング・ミックスと製品戦略

製品戦略とは何か?
マーケティング・ミックスとは?

第6回 開発戦略・価格戦略・流通戦略1

マーケテイングにおける開発戦略・価格戦略・流通戦略の歴史

第7回 開発戦略・価格戦略・流通戦略2

マーケテイングにおける開発戦略・価格戦略・流通戦略の現状

第8回 プロモーション戦略

プロモーションの重要性と問題点

第9回 成長戦略

来にわたって成長が見込め、利益をもたらすと想定される分野へ積極的、計画的に対応する方針の重要性

第10回 ブランド戦略

ブランディングとは?ブランド戦略に必要な3つの要素と3つの環境

第11回 顧客満足度

CRM(Customer Relationship Management)とCS(Customer Satisfaction)

第12回 ターゲット・マーケティング

ニーズが多様化した市場に対応していくためのマーケティングの重要性について

第13回 セグメント・マーケティング

マーケット・セグメンテーションの必要性と現状

第14回 エリア・マーケティング

企業の地域戦略、地域を正面から 捉えたマーケティングの考え方の現状について

第15回 これからのマーケティング

まとめ