トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 会計学概論
   Introduction to Accounting
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際ビジネス科目群
担当者 山根 陽一(准教授)
グレード G2
テーマ 現代会計学に関する基礎的知識や考え方を学修する
キーワード 会計学,複式簿記,財務諸表,原価計算,管理会計,会計監査,国際会計
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要  この授業では、現代会計学に関する基礎的知識や考え方を学修するとともに、基本的な会計実務処理の技能を修得することを目標とします。具体的には、広義の会計学の基本となる複式簿記についての学修を中心に、会計学を形成する簿記論、財務諸表論、原価計算、管理会計論、会計監査論、国際会計論等の解説を通じ、企業会計の意義と役割について確認し、これからのあり方について考察します。また、合わせて簿記の実務処理が行える能力を養成します。この授業では、簿記・会計初学者を対象として、基本的な簿記の構造原理や広く会計学の諸領域について扱います。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標  会計は、すべての会社で必要とされる知識です。会計学の諸領域では、どのようなことを学ぶのか、また社会とどのように結びついているのか、仕事とどのように結びつくのかを知り、最低限知っておくべき仕組み、用語の習得を目標とします。あわせて、日商簿記検定試験で初級に合格する程度の会計実務処理の技能を修得することを目標とします。
授業の方法  指定したテキストを使用して、平易に解説していきます。教員の解説をもとに、授業内課題及び宿題を通して、双方向型学修を行います。また、スライドや適宜レジュメなどの資料を配布します。課題に対しては、教員からフィードバックを行います。
授業外の学修(予習・復習等)  テキストは、簿記の知識を必要としない内容になっています。なるべく授業前に該当箇所を一通り読んで講義に臨んでください。また、複式簿記の修得は、問題演習を繰り返すことによってのみ可能となります。各自、授業外での問題演習に積極的に取り組んでください。
テキスト・参考書 教科書:中村竜哉 編著『プレステップ会計学』弘文堂、2009年4月
参考書:山岡道男、淺野忠克『アメリカの高校生が読んでいる会計の教科書』アスペクト、2009年6月
成績評価の基準・方法 評価方法:期末テスト70%、中間テスト20%、授業内課題10%
判定基準は以下のとおりです。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など  広く浅く会計学について解説していきますので、より深く学びたいという方は気軽に相談してください。
この科目の履修にあたって  将来に備えて積極的に日商簿記検定試験に挑戦しましょう。エクステンションセンターで、日商簿記3級、2級の講座が開講されているので、この機会に是非受講してみてください。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問


第1回 経営者に必要な会計知識

企業経営は、①お金を集めてきて、②そのお金を何かに投資して、③そこから利益を上げる、という3つの活動から成り立っていますが、会計はこれら3つの活動を数字で把握するための仕組みであることを学修します。

第2回 複式簿記の基礎(Ⅰ)

文化祭の出店と会社の設立の違いについて、計算を交えながら説明します。何がいくら手元にあり、何が起きて、いくら儲かったのかを計算する仕組みについて学修します。

第3回 複式簿記の基礎(Ⅱ)

時系列に、何がいくら手元にあり、何が起きて、いくら儲かったのかを計算する仕組みについて、計算を交えながら説明します。簿記の5要素(資産・負債・純資産・収益・費用)と計算構造について学修します。

第4回 複式簿記の基礎(Ⅲ)

複式簿記の記録方法である仕訳について、実例を交えながら説明します。仕訳で記録した取引を個別に集計する方法について、実例を交えながら学修します。

第5回 財務状況の見方

企業活動は資金の調達とその運用として説明できることを理解し、資金の調達源泉とその具体的な運用形態を対象表示した報告書が貸借対照表であること、並びにそこに記載される資産、負債、純資産について学修します。

第6回 利益計算の仕組み

企業の主たる活動である営業活動について理解し、利益計算と収支計算とは似て非なるものであることを学修します。収益、費用、利益といった概念を使用した損益計算書の内容について学修します。

第7回 設備投資、有価証券投資の会計

設備投資に関する会計について学修します。減価償却によって投資額が回収される仕組み、有価証券投資に関する会計について学修します。

第8回 管理会計とは何か

経営者のための会計とは何かを理解し、会計には財務会計と管理会計の2分野が存在していることを学修します。

第9回 原価計算とは何か

製品がいくらでできるかは、原価計算を用いて計算します。原価とは、製品の製造に要した金額です。企業における原価計算の基礎を学修します。

第10回 意思決定会計とは何か

企業の意思決定には戦略的意思決定と業務執行的意思決定があります。管理会計における意思決定会計の基本を学修します。

第11回 財務諸表を公表する意義

なぜ決算は必要なのか、企業活動の継続性と関連付けて、その本質を理解します。財務諸表はいったいお何のために作成・公表されるのか、財務諸表を公表することの社会的意義を学修します。

第12回 公認会計士の仕事

粉飾決算とは何かを知り、それがどんな社会的影響を与えるものであるかを理解し、金融商品取引法や会社法が粉飾決算を防ぐためにどのような仕組みを用意しているのか、会計監査の基礎を学修します。

第13回 法人税法の基礎

税金にはどのような種類があるか、会社の納める税金はどのように算定されるのか、税務会計の基礎を学修します。

第14回 株式市場と会計

証券取引所の機能について、上場あるいは株式公開とは何か、そのメリットとデメリット、株式会社が上場するために満たさなければならない2つの基準について学修します。

第15回 決算と株価の関係

株価は基本的に需要と供給で決定されます。需要と供給を決めるのは投資家の行動の結果です。投資家が会社の決算発表のどこを重視して行動するかを学修します。