トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 メディア論
   Media Theory
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目群
担当者 宗田 勝也(講師)
グレード G2
テーマ ソーシャル・イノベーションの観点から、メディアと社会の関わりの可能性に気づきを得る
キーワード 公衆,コミュニケーション,ステレオタイプ,プロパガンダ,ソーシャル・イノベーション,コミュニティメディア,公共圏
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、社会とともに変化するメディアのあり方について考え、それを活用していくための知識を修得する。授業では、主に日本のマス・メディアを中心に、海外のマス・メディアと比較しながら、歴史、産業構造、事件、事例から、その社会的な位置づけを学び、ユーザーとしてメディアをより有効に活用することができるようにする。また、最新の報道を取り上げて、実際にユーザーとして報道をどのように受け止め、分析し、判断材料として活用していくのかを考える。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 本講義の到達目標は以下の3点である。
1.メディアの歴史的・理論的展開を理解する
2.現在のメディアを取り巻く課題を説明できるようになる
3.身近なメディア実践を構想できるようになる。
授業の方法 授業は、レジュメを用いて進める。また理解を深めるため適宜、映像教材を用いる。アクティブラーニングの手法をとりいれ、グループワークやディスカッションを行う場合がある。複数回のレポート課題によって理解を確認しつつ進める。またリフレクションペーパーの提出により授業の双方向性を確保する。
授業外の学修(予習・復習等) 日頃、接する/接しないメディアに向き合う。何が伝えられ、その結果として何が伝えられていないのか、など意識的に捉えなおす。授業内で提示する次回の内容に沿って予習する。また毎回の授業レジュメを見直し、復習をして理解を定着させてほしい。
テキスト・参考書 教科書 指定しない
参考書 山腰修三編著『入門メディア・コミュニケーション』(慶應義塾大学出版会、2017)
松浦さと子、川島隆編著『コミュニティメディアの未来―新しい声を伝える経路』(晃洋書房、2010)
西村仁志編著『ソーシャル・イノベーションが拓く世界―身近な社会問題解決のためのトピックス30』(法律文化社、2014)
    吉見俊哉『メディア文化論―メディアを学ぶ人のための15話』(有斐閣、2004)
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加(20%)
複数回のレポート(35%)
確認テスト(45%)
この科目の履修にあたって 私たちを取り巻くメディア環境は、テクノロジーの飛躍的な発展を背景に急激な変化を続けている。本講義では、だからこそメディアの根源的な機能に目を向け、情報の濁流に翻弄されない「視点」の涵養を目指す。異なる文化的背景を持つ人たちと関わる上でも、世界をどのように見つめるか、は非常に重要である。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 イントロダクション

授業の目的、進め方、成績評価などについて説明します。

第2回 メディアとは何か

メディアの機能、メディアという問題領域へのアプローチ法を考察します。

第3回 メディアの理論1

メディアの歴史的・理論的展開を概観し、主に「公衆」論、「コミュニケーション論」、「ステレオタイプ」などについて学びます。

第4回 メディアの理論2

プロパガンダ研究からマス・コミュニケーション研究の歴史を学びます。

第5回 パーソナルメディアの展開

電話から携帯、スマホへの変容と、「個室」と「都市」の結合、公的空間と私的空間の境界について考察します。

第6回 市民社会とメディア

市民社会の活動とメディアの今日的な状況を俯瞰し、課題を考察します。

第7回 ソーシャルメディアと政治参加

ソーシャルメディアと市民運動の関係について考察します。

第8回 メディアの抱える今日的課題1

ニュース研究を概観し、現在の問題点を考えます。

第9回 メディアの抱える今日的課題2

私たちの日常の暮らしとニュース報道の関係や影響を考察します。

第10回 メディアの抱える今日的課題3

デジタルメディアと既存メディアのニュースの関係について考えます。

第11回 ケーススタディ

メディアの抱える今日的課題について検討します。

第12回 ソーシャル・イノベーションとは何か

ソーシャル・イノベーションの理論と実践について概観します。

第13回 ソーシャル・イノベーションの観点から1

身近なメディアの実践をソーシャル・イノベーションの観点から考察します。

第14回 ソーシャル・イノベーションの観点から2

身近なメディアの実践が社会に及ぼすインパクト、市民的公共圏について考察します。

第15回 まとめと確認

授業全体の総括及び確認テストを行います。