トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本語コミュニケーション技法Ⅱ
   Communication Techniques in Japanese II
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目群
担当者 赤城 永里子(准教授)
グレード G2
テーマ 的確にかつ効果的に自分の考えを伝えることができるようになろう
キーワード プレゼンテーション能力,コミュニケーションスキル,論理的
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、引き続き、様々な場面での日本語によるコミュニケーションを円滑に行うための技法を修得することを目標とする。自分の意見を適切に他者に伝えることができる能力とともに、相手を説得し、理解してもらえるように伝える能力を養成する。授業では、同じ伝達内容が、場面や立場により如何に変化するのか、どのように変化させる必要があるのか等を、具体的な事例や、ロールプレイを用いた能動的な手法により身につける。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本科目は、多くの学生の母語である日本語でのコミュニケーションで、円滑かつ良好な人間関係の維持・構築に必要な要素を学修するものであり、国際学部のDP(2)「英語を中心として、国際コミュニケーションに必要なコミュニケーションのツールとスキルを活用する能力を修得している」と密に関連のある科目である。
学修の到達目標 本科目では、自分の考え等を効果的に伝える技術の学修・実践練習を通して、自分の意見を説得力を持って明確に伝えることができる。また、プレゼンテーションの技術が、書くことにも応用できることを理解する。
授業の方法 授業では、テキストを使用し、教員による説明、様々な演習を通してクラスで共有し、互いに講評するという方法を中心に進める。また授業内では各回のポイントとして学修した重要項目について課題を課し、完成してもらう。授業を受けて気づいたこと、学んだこと、疑問等ミニッツペーパーにで提出し、翌週の授業で講評や回答する。
授業外の学修(予習・復習等) 学修して知識を増やすだけでは、上手な話者にはなれないため、授業外では、学修したことを意識的に実践をすることが期待される。また、自分の周りにいる人のプレゼンをよく観察することを勧める。
授業時にはさまざまな参考書を紹介するので、積極的に読むこと。
テキスト・参考書 テキスト:
プレゼンテーション研究会(2015)『学生のためのプレゼンテーション・
   トレーニング:伝える力を高める14ユニット』実教出版

参考書は授業内で適宜紹介する
成績評価の基準・方法 以下の項目と割合により成績評価をする。
①授業の貢献度(10%)、②ミニッツペーパー(30%)③授業内課題(30%)、④期末レポート(30%)
履修上の注意事項など 授業方法で説明した通り、授業内で様々な演習を行う。そのため、能動的な程度で授業に臨むこと。
この科目の履修にあたって 自分の考えを的確にかつ効果的に伝える技術は、就職活動等の面接で非常に役に立つ技術です。是非身につけてください。
オフィスアワー 月 13:00~16:10 国際部(E号館1階) 国語の基礎(文章表現)、英語の基礎、大学院進学(外国語・言語文化系)、その他(自修の支援(日本))


第1回 ガイダンス、自己紹介からコミュニケーションへ(1)

授業の概要、評価方法の説明
初対面の会話で自分をアピールする

第2回 自己紹介からコミュニケーションへ(2)

初対面の会話からコミュニケーションを深める

第3回 コミュニケーション・スキル

自分の言いたい事を明確に伝える
相手のアkン真を引き、納得させることができる。

第4回 非言語コミュニケーション

言葉以外の方法で自分の伝えたいこを相手に訴える
コミュニケーション時における自分の印象を変える

第5回 アイディアを生み出す技術

自由な発想でアイディアを生み出す
状況に応じて様々な発想方法を使いこなす

第6回 プレゼンテーションの構造

プレゼンテーションの骨組みを理解し、構成する。
説得力おあるプレゼンテーションをする

第7回 主張の裏付け方

自分の主張の正当性を裏付ける
主張の根拠を強化し、説得力おあるプレゼンテーションをする

第8回 文章とプレゼンテーションの相似性

文章をプレゼンテーションの発展形として捉えることができる

第9回 意見の形成と主張

賛否が分かれる問題について自分の意見をまとめる
自分の意見を効果的に主張する

第10回 時系列の叙述

話のあらすじを面白く展開する
話のあらすじに臨場感を持たせる

第11回 ものごとの説明

抽象的な事物を具体的に説明する
論理的に物事を説明する

第12回 ビジネス・トークにおける説得の論理

ビジネス・トークの基礎を築く
購買意欲を高めるための説得論理を活用する

第13回 ディベートの基礎知識と実践

ディベートの仕組みと流れについて理解する
賛成/反対の立場から特定の問題について意見を効果的に、ルールを守りながら主張する

第14回 ディスカッションの基礎知識と実践

特定の問題について、集団の中でそれぞれの立場から意見を交換して、解決策を導き出したり、新たな提案をおこなったりする。