トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本語コミュニケーション技法Ⅰ
   Communication Techniques in Japanese I
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目群
担当者 赤城 永里子(准教授)
グレード G2
テーマ 的確にかつ効果的に自分の考えを伝えることができるようになろう
キーワード プレゼンテーション能力,コミュニケーションスキル,論理的
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、ビジネスや社会生活等、様々な場面に応じた日本語によるコミュニケーションを円滑に行うための技法を修得することを目標とする。そのために、正確な語彙や、慣用句等を正しく使用する表現力を養成する。また、日本文化と深く結びついた敬語や謙譲語について理解を深め、場面に応じ適切な表現を用い、自らの思いを相手に伝えられる能力を養成する。授業では、ロールプレイ等を用いた能動的な手法により、日本語によるコミュニケーションの技法を身につける。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本科目は、多くの学生の母語である日本語でのコミュニケーションで、円滑かつ良好な人間関係の維持・構築に必要な要素を学修するものであり、国際学部のDP(2)「英語を中心として、国際コミュニケーションに必要なコミュニケーションのツールとスキルを活用する能力を修得している」と密に関連のある科目である。
学修の到達目標 本科目の目標は、より良い日本語のコミュニケーションの担い手となるために、自身の言語使用を内省する能力を身につけると同時に、日本語における丁寧な話し方の諸要素を理解し、それにより、自身の意図を適切かつ効果的に伝えることができることである。
授業の方法 授業では、社会言語学の研究手法を用い、「言語使用を観察する」という方法を多く取り入れる。教員からの質問に対して、学生の言語使用、学生の周りにいる他者の言語使用を内省し、見えてくる様々な具体例を挙げ、そこに教員の説明を加えるという方法で行う。また毎回の授業後に、各回での学びや疑問点をミニッツペーパーに記入し、翌週の授業で講評する。
授業外の学修(予習・復習等) 学修して知識を増やすだけでは、上手な話者にはなれないため、授業外では、学修したことを意識的に実践をすることが期待される。また、気にしすぎない程度で、自分の周りにいる人の言語使用を観察することを勧める。
授業時にはさまざまな参考書を紹介するので、積極的に読むこと。また、学期中に2回レポートを課す。
テキスト・参考書 参考書:
①滝浦真人・大橋理枝(2015)『日本語とコミュニケーション』放送大学教育振興会
②山岡政紀 他(2016)『コミュニケーションと配慮表現:日本語語用論入門』明治書院
③野田尚史 他(2014)『日本語の配慮表現の多様性:歴史的変化と地理的・社会的変異』くろしお出版  等

※さらに授業の中で適宜紹介する。
成績評価の基準・方法 以下の項目と割合により成績評価をする。
①授業の貢献度(20%)、②ミニッツペーパー(20%)③中間レポート(30%)、④期末レポート(30%)
履修上の注意事項など 授業方法で説明した通り、自身の言語使用の内省や、他者の言語使用の観察からわかる具体例を引き出して授業を進めていく。そのため、能動的な程度で授業に臨むこと。
この科目の履修にあたって 上手な話し手になるためには、自分自身の言語使用をいかに内省できるか、自分の発話に対する聞き手の反応をよく見ることが必要です。ぜひ、この機会に内省してみてください。
オフィスアワー 月 13:00~16:10 国際部(E号館1階) 国語の基礎(文章表現)、英語の基礎、大学院進学(外国語・言語文化系)、その他(自修の支援(日本))


第1回 ガイダンス

授業の概要説明、成績評価の説明
コミュニケーション技法Ⅰとコミュニケーション技法Ⅱの扱う分野について紹介

第2回 コミュニケーションとは

コミュニケーションのモデル、種類、本質的な特徴の説明
本科目でのコミュニケーションの定義

第3回 話し方と与える印象 (1)

言語的要素(語彙の選択)が与える印象について考える

第4回 話し方と与える印象 (2)

非言語的要素が与える印象について考える

第5回 語用論の基礎(1)

言語形式と文脈
言語形式、文脈という概念の説明

第6回 語用論の基礎(2)

言語形式+文脈=発話の意味の具体例を見てみる

第7回 会話が成り立つ背景

関連性理論についての説明

第8回 中間総括

なぜコミュニケーションが成立するのか、発話の意図が解釈される方法をまとめる

第9回 丁寧に話すということ(1):敬語

敬語とは何なのか
敬語の体系(1)
相手との関係の認識

第10回 丁寧に話すということ(2):敬語

敬語とは何なのか
敬語の体系(2)
場の認識

第11回 丁寧に話すということ(3):ポライトネス理論

ポライトネス理論についての説明(1)

第12回 丁寧に話すということ(4):ポライトネス理論

ポライトネス理論についての説明(2)

第13回 丁寧に話すということ(5):配慮表現

ポライトネスと配慮表現についての説明

第14回 丁寧に話すということ(6):配慮表現

副詞・文末表現の選択に見られる配慮表現を中心に説明

第15回 総括

丁寧に話すために関わる諸要素の枠組みをまとめる。