トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 Advanced English L/S Ⅱ
   Advanced English L/S II
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目群
担当者 ウェザビ・マーティン(准教授),ミルズ・ジョナサン・チャールズ(助教),エセックス・マイケル・アラン(講師),ロー・デゥェーン・エドワード(講師),オコン オーリック(講師),A・D・ジェイムス(講師)
グレード G2
テーマ リスニングおよびスピーキングスキルの発展的能力の養成
キーワード リスニングスキル,スピーキングスキル
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 本科目は、 Advanced English L/SⅠの継続科目であり、リスニングおよびスピーキングのスキルの発展的能力を養成することを目的とする。英語のコミュニカティブ・スキルを高め、より広いトピックについて、日本語の介在なく英語を正確に聞き取り、その内容に応じた反応が英語で出来る能力を培う。的確に情報を聞き取り、自らの考え、意見等を論理的に表現出来る能力を培う。また、パワーポイントを用い短いプレゼンテーションをメモを見ず行えるようになる事を目指す。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 「英語」の読解教材や、その他副教材を読み解きながら、国内外で起こっている諸課題や多様な文化について学ぶ機会を豊富に提供する。また、英語学修を通して、学生が将来必要とする、コミュニケーション能力や異文化に対する寛容性、理解力育成の素地を築く。
学修の到達目標 この授業では、リスニングとスピーキングの技能に焦点を当てながら、言語的能力及びコミュニケーション技法を高め、より効果的に英語運用能力を修得することを目指します。
授業の方法 教科書に則して授業を行う。LMS(Learning Management System)を用いてオンライン教材を授業内外で利用します。
授業外の学修(予習・復習等) 教科書を利用して予習、復習を行うこと。
また、課題に取り組む。
テキスト・参考書 教科書:English File (various levels, Third Edition)
著者:Clive Oxenden, Christina Latham-Koenig, and Mike Boyle
出版社:Oxford University Press
成績評価の基準・方法 評価方法及び判定基準
評価方法:レビュークイズ1 25%, レビュークイズ2 25%, TOEIC 5%, e-Learning 15%, 課題 15%, 授業への積極的参加度 15%
判定基準は以下のとおりです。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 必ずプレースメントテストを受験すること。
授業には、必ず英和辞典もしくは、電子辞書を持参すること。
授業中は、携帯電話、スマートフォン、及び通信機能を持つ機器のアプリ使用は、一切禁止する。(カバンのなかにしまった状態)。
*「授業計画」は、学生の学修状況に応じて変更することがある。
この科目の履修にあたって 特になし。
オフィスアワー


第1回 Course Introduction / コースの紹介

Course Introduction / コースの紹介

第2回 Unit 6 (1)

"Do it yourself" / obligation, necessity, prohibition, advice 義務、必要、禁止、助言の表現

第3回 Unit 6 (2)

DIY and repairs 日曜大工と修理 / consonant clusters 子音の群

第4回 Unit 6 (3)

"At your service" / "can", "could" and "be able to" 可能性について

第5回 Unit 6 (4)

At a restaurant レストラン / word pairs with "and" 「and」の使い方

第6回 Unit 7 (1)

"Giving it away" / phrasal verbs 句動詞

第7回 Unit 7 (2)

cash machines; phrasal verbs ATM, 句動詞 / linking 発音の連結

第8回 Unit 7 (3)

"Going out and staying in" / verb patterns 動詞のパターン

第9回 Unit 7 (4)

Live entertainment ライブエンターテイメント / words with two pronunciations 二つの発音を持つ単語

第10回 Presentations 1 (1) / 発表 1 (1)

MS Powerpoint Presentation (Preparation) / MSパワポイントを使った発表 (準備)

第11回 Presentations 1 (2) / 発表 1 (2)

MS Powerpoint Presentation (Preparation) / MSパワポイントを使った発表

第12回 Unit 8 (1)

"Looking after yourself", "have something done" 使役の文

第13回 Unit 8 (2)

Looking after yourself 健康・安全の管理 / sentence stress 文強勢

第14回 Review / 復習

Review / 復習

第15回 Mid-Term Test / 中間テスト

Mid-Term Test / 中間テスト

第16回 Unit 8 (3)

"The rest is history" / the passive 受動文 / impersonal you 非人称代名詞

第17回 Unit 8 (4)

History 歴史 / the letters "ar"

第18回 Unit 9 (1)

"Can't remember, can't forget" / reported speech 間接話法

第19回 Unit 9 (2)

Word families 単語のグループ / word stress 単語のアクセント

第20回 Unit 9 (3)

"Wedding dramas" / uses of the past perfect 過去完了の使い方

第21回 Unit 9 (4)

Weddings 結婚式 / sentence stress 文強勢

第22回 Presentations 2 (1) / 発表 2 (1)

MS Powerpoint Presentation (Preparation) / MSパワポイントを使った発表 (準備)

第23回 Presentations 2 (2) / 発表 2 (2)

MS Powerpoint Presentation (Preparation) / MSパワポイントを使った発表

第24回 Unit 10 (1)

"America and the world" / "be", "do", and "have" - auxiliary and main verbs 補助動詞と主動詞

第25回 Unit 10 (2)

British and American English イギリス英語とアメリカ英語 / sentence stress 文強勢

第26回 Unit 10 (3)

"Exam time" / revision of verb forms 動詞の形の復習

第27回 Unit 10 (4)

Revision of sounds 発音の復習

第28回 Review / 復習

Review / 復習

第29回 Final Test / 期末テスト

Final Test / 期末テスト

第30回 Presentations and Assignments / 発表・課題

Presentations and Assignments / 発表・課題