トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 Multiculturalism in Modern Society
   Multiculturalism in Modern Society
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際理解科目群
担当者 本多 善(准教授)
グレード G2
テーマ 多文化主義の基本的概念を理解し、英語で説明できるようになるとともに、事例を通じて多文化社会の現状と課題を考察する。
キーワード 多文化主義,移民,人種,エスニシティ,マイノリティ,日系人,アメリカ
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は英語のみで行われる。授業では、多文化主義の基本的概念を理解し、英語で説明できるようになるとともに、事例を通じて多文化社会の現状と課題を考察することを目的とする。授業では、多文化主義を文化・経済・政治的側面から解説し、多文化の事例を紹介する。また、多文化社会における諸課題を考察するために、移民やマイノリティを取り巻く現状について調査し、種々の課題について英語で議論する。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 -
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、国際学部国際学科の専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目です。
この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
 1.グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
 2.英語を中心として、国際コミュニケーションに必要なコミュニケーションのツールとスキルを活用する能力を習得している。
この科目は、教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムのなかで、以下に該当します。
 2. 基礎から専門発展科目へつながる幅広い人文・社会科学等を通じた学際的学修
 (1)異文化理解の基盤となる日本の文化、歴史、社会ならびに世界各国・地域の文化、歴史と、現代の社会事情に関する幅広い科目の設置
 (2)1年次の専門基礎科目の学修後、3分野(国際理解、コミュニケーション、国際ビジネス関連)の専門発展科目群の配置
学修の到達目標 ①授業で取り上げる多文化主義の考え方や、授業で紹介する世界の多文化主義の概念や政策について英語で理解できるようになる。
②多文化主義に関連する、人種、エスニシティ、マイノリティの基本的概念を英語で理解できるようになる。
③多文化社会の実現に向けて何が必要で何が不足しているのかについて、英語で議論することができる。
④更に、多文化主義を文化・経済・政治的側面から理解することができる。
⑤多文化社会の実現に向けて何が必要で何が不足しているのかについて、英語で議論することができる。
授業の方法 この授業は、英語のみで行われる講義と、講義に関連した議論をしてもらいます。参考書、Bhikhu Parekh(2006)“Rethinking Multiculturalism: Cultural Diversity and Political Theory”の概要、多文化主義の事例について講義し、更に各テーマに関連する英文記事、PPT資料からその概要を理解します。授業の後半では、講義の中で議論されるテーマについて、グループごとに議論し、授業のおわりに発表してもらいます。毎授業で取り上げるテーマと資料についての事前の学修が必須となります。この授業では、課題や試験の結果について、講評します。映像(音声)教材等を使用したり、It's ClassやPower Point、電子黒板を使用することがあります。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回課される授業のテーマに関連する資料を事前に学修します。例えば多文化主義の定義についてテーマを設定する場合、そのテーマに関連する英文記事や資料を事前に学修してもらいます。更に、1セメスターに2回、授業内容に関連する試験を実施します。よって、次回実施されるテーマに関連する英文記事と資料の学修、更に授業内容の復習が必要となります。
テキスト・参考書 参考書:
Bhikhu Parekh(2006)"Rethinking Multiculturalism: Cultural Diversity and Political Theory(Second Edition)," Palgrave/Macmillan

Takumi Honda(2014), 'A Critical Analysis of Multiculturalism and Deviant Identities: Untold Stories of Japanese Americans without Nations,' in Kosuke Shimizu & William S. Bradley, "Multiculturalism and Conflict Reconciliation in the Asia-Pacific: Migration, Language and Politics," Palgrave/Macmillan

Manfred B. Steger(2013) "Globalization: A Very Short Introduction," OXFORD

Robin Cohen(2008) "Global Diasporas: An Introduction(Second Edition)," Routledge
成績評価の基準・方法 授業内に行われる発表、課題、Review Quiz2回、授業参加度や進捗状況等により総合的に評価します。
発表:20%、課題20%、Review Quiz 50%、授業参加度10%

判定基準は以下のとおりです。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 英語のみによって授業を進めるので、不安な学生は電子辞書を持参すること。
英語による理解、読解、発信をするので、事前事後学修を行うこと。
この科目の履修にあたって この授業では、英語で多文化主義の諸概念を理解し、多文化主義が移民やエスニック・マイノリティにどのような影響を与えてきたのかについて学びます。専門的な内容を理解するためには、そのための事前事後学修が必要です。授業内で出された課題を学修し、授業内では、多文化主義に関する議論に積極的に関わってください。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 国際部(E号館1階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、英語の基礎、レポート作成支援、大学院進学(社会科学・国際系)


第1回 ガイダンス、イントロダクション

授業概要の説明。イントロダクション。
第1回目テーマ「多文化主義とは何か」
1. 多文化社会か、それとも多文化主義か?
2.多文化主義の定義

第2回 多文化主義の文化的側面①

第二回目テーマ「多文化主義の文化的側面①」
1.文化とは何か?
2.多文化主義と本質主義

第3回 多文化主義の文化的側面②

第三回テーマ「多文化主義の文化的側面②」
1.各国の多文化主義にみる文化
2.文化の固有性、個別性

第4回 多文化主義の文化的側面③

第4回テーマ「多文化主義の文化的側面③」
1.文化の流動性
2.文化の多様性
3.文化の異種混沌性

第5回 世界の多文化事例①

第5回テーマ「多文化主義の文化的側面:世界の事例から」
1.世界の多文化性を調べる(グループワーク)
2.発表の準備

第6回 世界の多文化事例②

第6回テーマ「多文化主義の文化的側面:世界の事例から」
1.世界の多文化性の発表(グループワーク)
2.Review Quiz

第7回 多文化主義の経済的側面①

第7回テーマ「多文化主義の経済的側面①」
1.自由主義(資本主義)
2.社会主義

第8回 多文化主義の経済的側面②

第8回テーマ「多文化主義の経済的側面②」
1.コーポレート・多文化主義
2.労働移民
3.資本と移民

第9回 世界の多文化事例(経済的側面)①

第9回テーマ「多文化主義の経済的側面:世界の事例から①」
1.世界の多文化事例を経済的側面から調べる(グループワーク)
2.発表の準備

第10回 世界の多文化事例(経済的側面)①

第10回テーマ「多文化主義の経済的側面:世界の事例から②」
1.経済的側面からみる多文化性の発表(グループワーク)
2.ディスカッション

第11回 多文化主義の政治的側面①

第11回テーマ「多文化主義の政治的側面①」
1.多文化主義の政治性
2.統合としての多文化主義

第12回 多文化主義の政治的側面②

第12回テーマ「多文化主義の政治的側面②」
1.国家と多文化主義
2.移民と多文化主義
3. エスニシティと多文化主義

第13回 世界の多文化主義の問題①

第13回テーマ「世界の多文化主義の問題①」
1.多文化主義の失敗や課題について、世界の事例から調べる
2.発表の準備

第14回 世界の多文化主義の問題②

第14回テーマ「世界の多文化主義の問題②」
1.多文化主義の失敗や課題の発表
2.ディスカッション

第15回 総括

第15回テーマ「多文化主義の総括」
1.多文化主義の文化・経済・政治的側面について
2.Review Quiz