トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 資源・エネルギー論
   Theory of Resources and Energy
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際理解科目群
担当者 池田 良穂(客員教授)
グレード G2
テーマ 資源・エネルギー利用と国際関係
キーワード 天然資源,エネルギー,資源獲得競争,発電
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、日本国内及び国際社会での資源・エネルギーに関する基礎知識を身につけ、資源・エネルギーをめぐる現状を把握し、分析することを目的とする。日本では電力に依存する社会が構築されてきたが化石燃料と原子力に頼る体制の転換が議論になっている。また、国際社会では、レアメタル・レアアース資源を確保するために外交政策や海洋政策が展開され、シェールガス・オイル開発の盛衰が地政学的な影響をもたらしてきた。授業では、このような資源・エネルギーをめぐる国内外の動向を考察する。
国際人として欠かせない知識・能力を身につけることが出来る。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 幅広い専門知識を身につけ、自ら考える力をつけます。
学修の到達目標 資源・エネルギーに関する基礎知識を身につけ、国内外の情況を把握し、その国際的な関係を理解する。
授業の方法 ・講義はテキスト及びパワーポイントを使って行う。
・講義内容は、毎回レポートにまとめる。
・調査結果を発表し、それに関する議論を行う。
・授業時の配布資料、自己レポートをファイルして整理、保持する習慣を身に付ける。
授業外の学修(予習・復習等) ・テキストの予習
・毎回レポートの充実
テキスト・参考書 テキスト:「資源・エネルギーと環境」池田良穂著、海文堂出版
注)毎回の授業で参照するので、必ず授業に持参して下さい

参考書:「エネルギー白書」、経済産業省
・講義中に必要に応じて紹介する。
成績評価の基準・方法 ・学期末定期試験60%、授業レポート20%、調査、発表、議論への参加等、講義への積極参加10%、プレゼンテーション10%の割合で成績評価をする。
履修上の注意事項など ・欠席をした時には、欠席時の授業レポートを作成し提出すること。
・テキストの予習・復習をすること。
この科目の履修にあたって エネルギーは生活にとって欠かせないものであり、常に自分の事として考える事が必要。
新聞・テレビ・インターネットでエネルギーに関する情報について興味をもつこと。
オフィスアワー


第1回 1 講義の概要と資源・エネルギーの基礎知識

・講義の全体構想の説明
・資源・エネルギーに関する理解度の調査

第2回 2 様々な資源とその分布

・さまざまな資源とその利用法
・発想の転換(ごみが資源に)
・天然資源の分布と偏在

第3回 3 天然資源をめぐる国際紛争

・天然資源をめぐる国際紛争
・レアメタルとレアアース

第4回 4 海洋資源とその利用法

・海底石油と天然ガス
・海底鉱物資源

第5回 5 人間生活とエネルギー

・エネルギーとはなにか
・エネルギーの利用

第6回 6 エネルギー資源の確保と国際紛争

・石炭、石油、天然ガス資源の確保と国際紛争
・原子力エネルギーとウラン
・自然エネルギー(再生可能エネルギー)

第7回 7 エネルギーの利用(1)

・水力発電
・火力発電

第8回 8 エネルギーの利用(2)

・原子力発電
・風力・太陽光発電

第9回 9 エネルギーの利用(3)

・自熱発電
・海洋発電
・ごみ発電

第10回 10 これからの発電

・電力自由化
・水素社会(燃料電池)

第11回 11 省エネルギーと地球環境保護

・産業界の省エネ
・住宅の省エネ
・スマートグリッド

第12回 12 シェールガス革命と今後のエネルギー利用

・シェールガス革命
・自然エネルギーとの共存

第13回 13 未来の資源・エネルギーに関する調査

・未来の資源・エネルギー利用についての調査・分析
・レポートの作成

第14回 14 未来の資源・エネルギーに関する提言

・調査・分析結果のプレゼンテーション

第15回 15 授業のまとめ

・講義全体のまとめと理解度調査