トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 国際関係論
   International Relations
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際理解科目群
担当者 竹内 俊隆(講師)
グレード G2
テーマ 国際関係論の基礎知識の習得を主眼とするが、当初はいろいろなアプローチの相違を取り上げたのち、世界観の相違を説明し、その後は現代社会が直面している各課題を紹介する。
キーワード 国際関係,分析アプローチ,安全保障,現代の課題,地域研究
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 国際社会は主権国家・国民国家を単位として考えられてきたが、グローバル化の進む現代世界では、市民社会組織、企業、国際機関等のアクターが登場し、国家を単位とする思考と制度の枠組に対し、柔軟性のある多角的な視点が必要とされる。そこで、この授業では、前半に国際関係を分析するための理論(リアリズム・リベラリズム・コンストラクティヴィズム等)を学んだのち、後半では具体的な国や地域、課題に焦点を当てながら理論を使い分析・解説を行う。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 -
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 国際学部の専門教育科目であり、その中でも基礎的な根幹となる科目である。この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 国際関係に関する基礎的な知識・概念を習得し、国際社会におけるさまざまな問題を考え、意見を形成する基礎とする。
授業の方法 通常の講義型であるが、学生との対話、議論を希望する。Webで授業用のPPTを配布する予定。課題については授業内で講評します。
授業外の学修(予習・復習等) 学問的な勉強をする基礎なので、教科書を読み予習をすることはもちろんのこと、新聞その他で現在の世界で起こっている事象に対する基礎知識を持っていることが望ましい。復習は講義内容を中心にし、できれば自分の関心に合わせてさらに知識をつけてもらいたい。
テキスト・参考書 教科書:竹内(編著)『現代国際関係入門』ミネルヴァ書房、2012年
参考書:竹内(編著)『ガイドブック国際関係論』阪大出版、2008年
成績評価の基準・方法 基本的には期末試験で行う。オプションとして、期末試験に加えて、短いレポートを出す方法もある。その場合は、期末試験が70%でレポートが30%となる。オプションを設けた目的は授業で説明するが、期末試験だけに対するリスク回避策である。どのような試験になるかも含めて、詳細は授業で説明する。授業への貢献なども配慮する。
履修上の注意事項など 学問的な内容であり、現代の国際事情の説明などは、一部を除きしない。
この科目の履修にあたって 根幹科目なので、それなりの覚悟で履修すること。今後国際関係論を学問的に学習する基本的な概念や理論、アプローチの説明などが中心となるので、興味本位の履修者の期待には応えられない可能性がある。ただし、上記したように、現状の把握も重要なので、その説明も部分的にする。
オフィスアワー


第1回 オリエンテーション、授業の概要、その他

以下は予定なので、授業の進行具合や受講生との議論の程度などにより、変更の可能性はある。その際は、授業で説明する。このコースや試験の説明などを主として行う。次に行う三大アプローチも概観する予定。

第2回 現実主義、リベラル主義

三大分析アプローチの説明。教科書:3-18頁、参考書:87-108頁

第3回 リベラル主義、社会構築主義

三大分析アプローチの説明。教科書:3-18頁、参考書:87-108頁

第4回 国民国家観

現代社会では当然とみなされている世界観を説明する。国際関係論との名称もこの概念に基づく。教科書:19-37頁

第5回 国民国家観、イスラム国際体系

グローバル化へのバックラッシュにも簡単に言及する。宗教としてのイスラムでは、国民国家観と全く異なる世界観があるので、それも説明する。教科書:19-37頁

第6回 イスラム国際体系、華夷秩序観

同上および中国の伝統的な世界観(華夷秩序観)の説明。中国は共産主義国であるが、21世紀の現在でもその影響がないわけではない。教科書:19-37頁

第7回 華夷秩序観、日本型秩序観

日本は地理的には東アジアの周辺国で島国であることもあり、華夷秩序観に類似しているが独特ともいえる世界観を持っていたので、その説明もする。教科書:19-37頁

第8回 戦後の国際関係史概観

ここ70年の国際関係史を冷戦とその後を中心に簡単に概観する。教科書:38-56頁

第9回 国連

国連の機構とその機能を説明する。教科書:92-108頁

第10回 安全保障

全体的な傾向や基礎的な用語の説明をする。教科書:57-74頁

第11回 核不拡散・軍縮

核関係に絞って、核開発の経緯、核不拡散・軍縮条約、その他の説明をする。教科書:75-91頁

第12回 戦後の経済

経済発展や、貿易管理のための国際体制などを説明する。教科書:109-125頁

第13回 アメリカ:その1

基本的にアメリカの政治体制を説明するが、トランプ政権の動向も解説する予定。教科書:131-146頁

第14回 アメリカ:その2、中国

同上及び中国の現状を安全保障に焦点を当てて説明する。教科書:131-146頁、169-183頁

第15回 東アジア国際体制の展望

東アジアの国際体系の説明と展望をする。このコースの総括に変える可能性あり。