トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 アジア史
   Asian History
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際理解科目群
担当者 華 立(教授)
グレード G2
テーマ 多様性に満ちるアジアを知る
キーワード 中国,東アジア,歴史,多様性
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 アジアは多様性に満ちる。アジア諸国は、歴史上、相互に影響を及ぼし合いつつ、それぞれ独自性の高い文化を創出した。こうして構築されたアジア史の厚みはヨーロッパ史等に比を見ない。この授業では、アジア史の全体像を意識しながら、東アジア世界においてつねに中心的役割を担い続けた中国とその周辺地域(日本列島、朝鮮半島、北アジア、東南アジアを含む)の歴史展開、構造及び特質に対する理解に重点を置き、現代社会を歴史的文脈から捉え考察する能力を身につけることを目標とする。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 特にない。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、国際学部の学位授与方針(DP)に定める「豊かな国際感覚」、「幅広い教養」を身につけるための科目である。
学修の到達目標 アジア史の全体像を意識しながら、東アジア世界の歴史展開、構造及び特質に対する理解に重点を置いて学修していく。具体的には以下の3点を到達目標とする:
1.アジア史の大きな流れをつかむことができる。
2.中国ならびに東アジア世界に関する重要な史実を理解することができる。
3.現代アジアのあり方を歴史的文脈から捉え考えることができる。
授業の方法 講義形式の授業であり、配布プリントとパワーポイントを使いながら解説を行う。映像教材もできるだけ活用する。
コメントシートを活用して受講生との意思疎通を図る。
授業外の学修(予習・復習等) 参考書・配布プリントなどを活用して予習・復習を行ってください。
テキスト・参考書 テキスト:指定しない
参考書:
ラインハルト・ツェルナー(著)、植原久美子(訳)『東アジアの歴史 その構築』(明石書店、2009年)
岸本美緒・浜口充子『東アジアの中の中国史』(放送大学教材、2003年)
梅原郁『皇帝政治と中国』(白帝社、2012年5刷)
大阪大学歴史教育研究会編『市民のための世界史』(大阪大学出版会、2014年)
成績評価の基準・方法 評価方法:コメントシート25%、中間テスト25%、期末テストまたはレポート50%とする。

判定基準は以下のとおり
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 1.積極的に出席すること。
2.配布プリントや自筆ノートを適宜整理しておくこと。
3.自主的に考える姿勢を持つこと。
4.授業内容に対する質問や議論は大歓迎だが、私語・携帯電話の使用など授業を妨げる行為は厳禁する。
この科目の履修にあたって 歴史学は年表片手で丸暗記の学問ではない。歴史学は史料のもとで人類の歩みを分析・検討し、流動する現実と未来を見極めようとしている。諸君は授業に積極的に出席し、各々の時代の「何故?」「それで?」について探求してみよう。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、レポート作成支援


第1回 授業のガイダンス

授業の目的、授業の進め方、成績評価の方法など、授業の概要を説明する。

第2回 アジアの風土と地域世界1

メソポタミア・インダス文明の舞台となる西アジア・南アジアの地理・人文環境を概観する。

第3回 アジアの風土と地域世界2

東アジア文明の舞台となる中国大陸の地理・人文環境を概観する。

第4回 皇帝政治と東アジア1

中国・春秋戦国時代~ファスト・エンペラー始皇帝の出現について考察し、皇帝政治のなりたちとその特徴について理解する。

第5回 皇帝政治と東アジア2

時代推移のなかで皇帝政治がどのように展開され、そして変貌していったか、この政治制度が東アジア世界にどのような影響を与えたかについて説明する

第6回 皇帝政治と東アジア3

1911年の辛亥革命により倒された清王朝、その後の皇帝政治は、そして中国社会の行方はなどについて説明する。

第7回 交易にみるアジア1

『エリュトゥラー海案内記』を読みながら、1世紀頃南アジアと地中海の交流を理解する。

第8回 交易にみるアジア2

長安からローマに至るシルクロードによる東西交流の歴史を概観し、この交通路による人的・物的交流、ならびに文化の交流を理解する。

第9回 交易にみるアジア3

朱印船貿易と長崎貿易を概観し、16~19世紀アジアの海域ネットワークの発展とその意義を理解する。

第10回 アジアと西洋1

大モンゴル時代による東洋と西洋の接近を取り上げ、それが「世界史」に与えた影響を解説する。

第11回 アジアと西洋2

18世紀において東洋と西洋はどのように接触していたか、「宣教師」と「シノワズリ―」をキーワードに考察する。

第12回 アジアと西洋3

「西洋の衝撃」すなわち列強の進出にもとなう近代アジアの激動の様子を概観し、その過程が現代アジアに与えた影響を理解する。

第13回 生態と環境の現代史1

中国・インドなどをはじめとするアジア諸国の人口問題について考察する。

第14回 生態と環境の現代史2

中国をはじめアジア諸国が直面する環境問題、とりわけ開発と環境維持の両立とその課題を中心に考察する。

第15回 まとめ

授業全体の総括を行う。