トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本文化論
   Interpretations of Japanese Culture
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際理解科目群
担当者 シギナシ ミハエラ(講師)
グレード G2
テーマ 日本文化の諸相について比較の観点を交えながら講義する。とくに、世界から日本文化がどのように評価され、理解されてきたかについてグローバルな視野で議論できる基礎つくりをめざす。
キーワード 日本文化,比較文化
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、異文化に対する寛容な態度の基礎となる、自国文化の理解を促進するため、多くの履修生にとって自国である日本の文化を、多角的な視点から考察することを目的とする。具体的には、歴史、言語、文化・芸術、武道、政治制度等の具体的な事例を通して、日本文化の諸相について検討を行う。また、世界から日本文化がどのように評価され、理解されてきたかについて、外国人研究者の見解等を用いながら、必要に応じて批判的な検討も加えつつ、客観的でバランスのとれた理解を身につける。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 テーマに関する予習(読書、調査、考察など)を毎回要求します。
科目の位置づけ(DPとの関連) 日本学を中心とする幅広い専門知識を身につける科目です。この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 自国文化の理解を深め、世界における日本文化の位置つけを概ね説明することができる。
授業の方法 英語による講義であるが、ごく簡明な英語を使用すると供に適宜日本語で解説します。小テストやレポートについては、採点・添削した上で返却します。
授業外の学修(予習・復習等) 授業中に指示された資料を予習しておくこと。また、次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味などを理解しておくこと。
テキスト・参考書 教材はプリントで配付します。
参考書:
Paul Varley/Japanese Culture Fourth Edition: University of Hawaii Press, 2000.
S.N. Eisenstadt/Japanese Civilization, a Comparative View: The University of Chicago Press, 1996.
Engelbert Kaempfer/Kaempfer’s Japan, Tokugawa Culture Observed: University of Hawaii Press, 1999.
G.B. Sansom/The Western World and Japan, a Study in the Interaction of European and Asiatic Cultures: Charles E. Tuttle Company, 1984.
成績評価の基準・方法 授業への貢献度(20%)、授業中の課題(30%)、最終レポート(50%)の3者により総合的に評価します。
この科目の履修にあたって 英語(と日本語との対訳的な知識)による概念使用や議論の基礎を目指す参加者を歓迎します。
オフィスアワー


第1回 はじめに

グローバル化の中の日本、日本文化が世界に

第2回 日本文化①

日本文化の特徴

第3回 日本文化②

西欧と日本の接点

第4回 日本文化③

大和言葉の特徴

第5回 日本文化④

日本の芸術

第6回 日本文化⑤

武道について

第7回 日本文化⑥

政治制度について

第8回 日本文化⑦

日本の宗教について

第9回 内と外①

外国人と日本

第10回 内と外②

日本人から見た西洋

第11回 義理と人情

日本人の情感について

第12回 外から見た日本①

ドナルド・キーン

第13回 外から見た日本②

蝶々夫人

第14回 外から見た日本③

日本人の世界観

第15回 まとめ

まとめ