トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営学概論
   Introduction to Business Administration
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 藤村 佳子(助教)
グレード G1
テーマ 企業経営の基礎を学ぶ
キーワード コーポレートガバナンス,経営戦略,国際経営,マーケティング,モチベーション,リーダーシップ
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、国際的なビジネスについて理解するために必要な、経営学の基礎的な知識を身につける。具体的には、経営とはどのような営みか、企業とは何か、企業の目的は何か、経営資源とは何か等、経営学の基礎概念について学修する。また、経営管理に関わる経営学の基礎理論について学ぶとともに、経営戦略、経営情報等の基礎知識についても扱う。さらに、実際の企業経営の事例を取り上げ、現代の企業が抱える課題について考察する。企業経営の基礎を学ぶことを通して、就業力育成の観点から組織を動かす、あるいは組織人として働くことをイメージできるようになることを目指します。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この授業では、DP(国際学部国際学科の学位授与方針)に定められているうちの以下について学び、就業力を養います。
1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 国際的なビジネスを担う人材に必要な基礎的な素養を身につけるとともに、身の回りの事象について経営学的な観点から分析できるようになることを目標とします。
授業の方法 講義形式で行います。テキストを中心に、関連する資料をプリントとして配布し、それらを用いて授業を行います。
毎回の授業の終わりに課題を課して理解度の確認をします。課題については次の週の冒頭でフィードバックを行います。
授業外の学修(予習・復習等) 教科書を読んで次回の授業範囲を予習しておくこと。また、学修した内容については毎回復習しておくこと。
テキスト・参考書 【教科書】
上林憲雄・奥林康司・團 泰雄・開本浩矢・森田雅也・竹林 明(2007)『経験から学ぶ 経営学入門』有斐閣。

【参考書】
坂下昭宣(2000)『経営学への招待 改訂版』白桃書房。
成績評価の基準・方法 期末試験 60%
中間試験 20%
授業内課題 20%
履修上の注意事項など 選考等は行いません。遅刻や私語は厳禁です。
この科目の履修にあたって 高校までの授業とは勉強の仕方が違い、問いに対して常に答えが一つとは限りません。答えに至る道筋を自分で考えられる能力を養うことが重要となりますので、「なぜそう言えるのか」「なぜそういうことが起こるのか」を常に考えながら授業に取り組んでください。
オフィスアワー 金 10:00~10:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、キャリアと進路、大学院進学(経営学系)


第1回 企業経営

経営学概論でどのようなことを学ぶのか、経営学とはどのような学問かという点について学修します。

第2回 企業の役割

社会の中で、企業とはどのような存在であるのか、またどのように役に立っているのかについて学修します。

第3回 コーポレートガバナンス

企業は誰が動かしているのか、企業の統治機構(ガバナンス)について学修します。

第4回 経営戦略

企業はどのような方針を立てて動いているのか、経営戦略や事業戦略の考え方について学修します。

第5回 組織形態

企業はどのような仕組で動いているのか、部門構成(組織形態)の基本パターンについて学修します。

第6回 組織間関係

独立した企業の間で結ばれる企業間関係について学修します。

第7回 生産管理

製品をいかに効率的かつ安価で生産するのか、生産方法の経済的側面について学修します。

第8回 組織構造と職務設計

企業組織の中で人を動かす仕組について、組織の中の役割分担を中心に学修します。

第9回 モチベーション

人はなぜ働くのかをワークモチベーションの観点から考え、その喚起のメカニズムについて学修します。

第10回 リーダーシップ

リーダーシップについて、個人のワークモチベーションをいかに引き出すすかという観点から学修します。

第11回 雇用システム

人と職務のマッチングを行う活動(雇用管理)について学修します。

第12回 報酬制度と人材育成

働くことの対価として、お金以外の報酬やそれらの適切な組合せについて学修します。また、企業で人を育てることができるのか、どのように育てるのか、企業における人材育成や能力開発について学修します。

第13回 マーケティング

企業はどのようにしてモノやサービスを売っているのか、その方法や考え方について学修します。

第14回 国際経営

日本企業は、海外においてどのような経営を行っているのかについて学修します。

第15回 まとめ

経営学概論で学んだことを振り返り、国際ビジネスの場で活躍するための素養について考察します。