トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マクロ経済学Ⅰ
   Macroeconomics I
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 中井 英雄(教授)
グレード G1
テーマ 貿易乗数を考慮した国民の所得と景気対策
キーワード 国内総生産,限界消費性向,政府支出乗数,減税乗数,貿易乗数
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、マクロ経済学の基礎知識について学修する。マクロ経済学では、個別の経済活動を集計した、一国全体の経済活動に焦点を当てる。具体的には、GDP、国民所得、失業率、消費関数、投資関数、乗数モデル等の基礎的諸概念を学修した上で、IS曲線及びLM曲線の導出、さらにIS-LM曲線モデルによるGDPと利子率の決定について扱う。このような知識に基づき、日本経済や国際経済の現実の問題について考察できるようになることを目標とする。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) DP「現代社会の経済現象や課題を理解し、倫理と公共性と責任感を持って、グローバル化する現代社会の諸課題に創造的に対応できる人材の育成を目指している」ため、輸出や輸入の貿易がGDPに及ぼす影響を理論的に明らかにする。また、CP「自分の興味・関心、将来の進路志望に合わせて知識を広める、就業力と豊かな感性を身につけることができるように」、新聞の経済記事を読めるようにする。
学修の到達目標 図解と数式と文章で、国際的なビジネスの概念を表現でき、理論的にコミュニケーションが図れるようにする。
授業の方法 教科書に則して授業を行いますが、前回の復習と質問から始めることで、双方向の授業を試みます。また、スライドなどを利用して、視覚的な効果を取り入れるとともに、適宜レジュメなどの資料を配布します。毎回の授業で教科書を参照するので、必ず用意してください。中間のレポート提出で、図と式と文章の関係をチェックし、理解を深める課題のフィードバックをする。
授業外の学修(予習・復習等) Eテレのオイコノミアで経済学を復習し、新聞の経済記事などにより、関心のある経済ニュースをアンケートする。
テキスト・参考書 教科書:毎回の授業で参照するので、必ず用意してください。
井堀利宏(2011)『入門マクロ経済学 第3版』新世社
参考書:大竹文雄(2007)で練習問題を解く。
瀬古美喜・渡辺真知子(2009) 『完全マスター ゼミナール経済学入門』日本経済新聞社
大竹文雄(2007)『スタディガイド 入門マクロ経済学 第5版』日本評論社
中谷 巌(2007)『入門マクロ経済学 第5版』日本評論社
マンキュー,N.G./足立・地主・中谷・柳川訳(2010)『マンキュー マクロ経済学(第3版)1入門篇』東洋経済
成績評価の基準・方法 評価方法:中間テスト40%、総括テスト60%
判定基準は以下の通りである。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 1年次のミクロ経済学Ⅰとマクロ経済学Ⅰ、2年次のミクロ経済学Ⅱとマクロ経済学Ⅱ、経済政策概論が、関連しています。
この科目の履修にあたって 日々変わる、株価(日経平均)や為替レート(円安、円高)に関心を持ってください。
オフィスアワー 火 13:00~14:30 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、大学院進学
木 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 イントロダクション

講義に対するガイダンスとして、「財市場の均衡」を補正する政府の財政政策を中心に説明します。

第2回 国民経済計算とGDP

「国民経済計算」(SNA)の統計上の仕組みと、GDPなどの諸概念を制度的に学びます。

第3回 三面等価

生産(付加価値)と分配(雇用者所得など)と支出(民間最終消費)のそれぞれの総額が、統計上、恒等式的に等しいことを学びます。

第4回 マクロ経済指標の国際比較

OECD統計のNational Accountsに基づいて、GDP上位10カ国を比較して、日本の地位や中国の台頭を学びます。

第5回 労働市場と失業率

失業が労働市場の需給ギャップに起因することを理論的に説明し、好況期と不況期の失業率の推移を統計的に学びます。

第6回 家計の消費需要

限界消費性向に基づく消費関数の意味をモデルと図解で理論的に学びます。

第7回 国民所得の決定

数値例による消費関数を用いて、図解で確認しながら、財市場で均衡した国民所得を計算して求める方法を学びます。

第8回 乗数メカニズムの波及プロセス

民間投資の概念を説明し、それが1兆円増加したときに国民所得の増加割合を計算し、等比級数を用いた波及プロセスで確認します。

第9回 政府の予算と財政政策

国税・国債と歳出からなる国の一般会計の仕組みを説明し、減税と公共事業の財政政策を制度的に学びます。

第10回 減税乗数と税制の自動安定化装置

減税乗数を数値例で計算し、累進所得税の自動安定化装置の概念を理論的に学びます。

第11回 公共事業と政府支出乗数

:政府支出乗数を数値例で計算し、減税乗数と比較しながら公共事業の効果を理論的に学びます。

第12回 均衡予算乗数と有効需要の概念

均衡予算乗数が1であることを理論的に確認しながら、有効需要の概念を学びます。

第13回 貿易乗数

国民所得の一部が輸入品に支出されるため、貿易乗数が政府支出乗数よりも低下することを学びます。

第14回 インバウンド効果と輸出の関係

外国人観光客数が2016年度に2,000万人を突破し、輸出と同じ需要があることについて学びます。

第15回 総括

各国における失業問題に関して、財市場の均衡における政府の財政政策の意義を確認しながら、授業全体の総括を行います。