トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 メディアリテラシー
   Media Literacy
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 森榮 徹(教授)
グレード G1
テーマ テレビや映画やSNSを題材にして現代のメディアを表現者の視点から読み解くことによって情報化社会を生きる力を身に付ける。
キーワード メディアはメッセージである(M・マクルーハン),メディアの源は人間の表現行為である,印象批評から構造批評へ,情報に振り回されない人生
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、実際に生活の中でわれわれの物の考え方に大きな影響を与える様々な情報を伝達するメディア(媒体)に対する理解と、その有効な活用のための基礎知識を学ぶことを目的とする。常に変化し続ける社会とその社会を形成し運営するために欠かすことのできないメディアの多様性と、それらがどのように社会と関係しているのかを理解し、より豊かな社会生活を送るための様々な基礎知識を身につけ、自ら活用するための準備をする。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。

履修条件 履修条件は特にありません。
メディアに関心を持っていることが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 現代社会のメディアを読み解くことは、現代社会の政治的経済的な構造を読み解くことに通じます。この授業はメディアの表現構造について考えることにより、現代の情報化社会の在り方についての思考力を育てることを目標としています。
専門科目の一つとしての位置付けでありながら、情報化社会を生きるためのキャリアデザイン形成につながる授業です。この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 授業の到達目標は次のとおりです。
①メディアを読み解くことから現代社会を知る。
②生活の中の情報について対応判断する力を養う。
③自分の人生のキャリアデザインに活用する。
授業の方法 テレビ番組や劇場用映画の演出プロデュースを長年にわたって本務としてきた立場から、新聞記事やテレビ番組や劇場用映画を題材にして、実践的にメディアを読み解いていきます。
これまでメディアに受け身で接してきた立場から、表現創造者の立場としての位相を
身に付けることによってメディアを読み解く力を養います。
様々なテレビ番組や映画を例題として扱います。課題については授業内で講評します。
授業外の学修(予習・復習等) 新聞記事やテレビニュースやテレビ番組や映画を「表現の作り手」の立場から見る習慣を付けて下さい。これまでとは違った何かが見えてくるでしょう。
具体的な例については毎回の授業で示しますので、事前の予習や復習で確認して下さい。
テキスト・参考書 教科書 吉村 誠『お笑い芸人の言語学』(ナカニシヤ出版、2017年)
    毎回の授業でテキストと配布レジュメを併用して授業を進めますので、テキ
    ストは必ず購入して下さい。
   
成績評価の基準・方法 受講態度に加え、授業の理解度と社会への関心の度合い等を総合的に評価します。
中間レポート(40%)
定期試験(60%)
履修上の注意事項など 受講中は他学生の迷惑になるような言動は慎むこと。
この科目の履修にあたって テレビ番組『M1ーグランプリ』を創設したプロデューサーとして、また映画『血と骨』『秋深き』などを制作したプロデューサーとして、実際の経験に基いて様々なテレビ番組や映画やテレビニュースなどを構造解析していきます。
作り手の込めた思いがわかれば「表現を読み解く」ことの楽しさが倍増します。
私たちを取り巻いている多くのメディア表現に創造批評的に取り組むことが、情報化社会を生きるための人間力を高めることになってゆきます。
メディアを楽しく読み解いて、情報化社会を賢く生きてゆきましょう。
オフィスアワー


第1回 ガイダンスと授業概要

宮崎アニメ『魔女の宅急便』や、映画『きみに読む物語』や、前日のテレビニュースを見て、その表現に込められた意図を読み解く。
この授業では様々なメディア表現を実践的に読み解いてゆく。

第2回 宮崎アニメ『魔女の宅急便』を読み解く

『魔女の宅急便』でキキはなぜ空を飛べなくなったのか、なぜ再び空を飛べるようになったのか、を考える。表現作者・宮崎駿が込めた意図は何であったのかを読み解いてみよう。

第3回 ハリウッド映画『きみに読む物語』を読み解く

ニコラス・パークス原作の映画『きみに読む物語』はどこが素晴らしいのだろうか。表に見えている純愛と隠された人生に切なさに気づく時にこの映画の魅力が倍増する。

第4回 テレビニュースを読み解く

前日・当日のテレビニュースを読み解く。ニュースとは「人間によって選択加工された事実である」ことを検証してゆく。

第5回 テレビの情報番組を読み解く

各種のテレビ情報番組を比較してみる。ニュース選択の基準はどこにあるのか、局によってその選択はどう違っているのか、映像の加工度合いや音楽の加工度合いを検証してみる。

第6回 活字メディア・新聞と電波メディア・テレビ

マスメディアの社会的役割と日本のマスメディアの特色について。
記者クラブの存在と新聞・テレビの系列化の功罪。

第7回 今、日本や世界で起こっている事象について

今、日本や世界で起こっている事象についてメディアがどのように伝えているかを考察してみる。
読み解いて論評してみよう(中間レポート)

第8回 映画『ゆれる』から、有罪か無罪かを考える

西川美和監督作品『ゆれる』を題材に考える。兄(香川照之)は有罪か無罪か、弟(オダギリジョー)は兄を許したのか否か。その理由はどこでわかるのか。監督がこの映画に込めた思いはどこにあるのか。

第9回 インターネットの情報を読み解く

便利だが危険を伴なうインターネットの情報について。
情報の信憑性を疑う力を身に付ける。
例として「ウィキペディア」なぜ「ウィキ」の引用はいけないかの理由を考えよう。

第10回 プラットホームとメディアの違い

利用者が自由に記事を投稿できるのが「プラットホーム」であり、そこに掲載されたものには表現責任がなく信憑性もない。
「メディア」は記事の内容に関して法的責任や社会的責任がある。

第11回 SNSの怖さを知って使いこなそう

SNSはとても便利なコミュニケーションツールだが、その社会的拡散の威力を熟知していないと取り返しのつかないことになる。
便利さは必ず危険と隣り合わせの関係にあるものである。
社会人として充分な認識が要求される。

第12回 情報化社会を賢く生きるために

情報手段の急速な発達によって私たちの身の周りには膨大な情報があふれています。それらに振り回されることなく生きてゆくためには情報を「疑う力」が必要なのです。

第13回 メディア・リテラシーとは何か

メディアとは媒体であり、その源には必ず「人間による情報発信」があります。メディアを読み解くとは、「情報を発信している人間」について考えを巡らすことです。

第14回 メディアの原点は人間の身体性にある

活字メディアや電波メディアや電子メディアなどメディアの現象形態は様々な進化や変化を遂げていますが、原点は人間の身体性を持ったコミュニケーションです。つまり「対面の会話」が最強なのです。
これをわかった上でメディアを使いこなす人間になって下さい。

第15回 全体のまとめ

これまでの授業の総括を行います。