トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 メディアリテラシー
   Media Literacy
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 宗田 勝也(講師)
グレード G1
テーマ 私たちを取り巻くメディアをとらえなおし、情報社会の未来をデザインする力を養う。
キーワード 高度情報化社会,他者,想像力
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、実際に生活の中でわれわれの物の考え方に大きな影響を与える様々な情報を伝達するメディア(媒体)に対する理解と、その有効な活用のための基礎知識を学ぶことを目的とする。常に変化し続ける社会とその社会を形成し運営するために欠かすことのできないメディアの多様性と、それらがどのように社会と関係しているのかを理解し、より豊かな社会生活を送るための様々な基礎知識を身につけ、自ら活用するための準備をする。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 本講義の到達目標は以下の3点である。
1.メディア・リテラシーの基礎的な理論を理解する
2.実践を通してメディア・リテラシーについて説明できるようになる
3.メディア・リテラシーを周囲に伝えるスキルを身につける。
授業の方法 授業は、レジュメを用いて進める。また理解を深めるため適宜、映像教材を用いる。アクティブラーニングの手法をとり入れ、グループワークやディスカッションを行う場合がある。複数回のレポート課題によって理解を確認しつつ進める。またリフレクションペーパーの提出により授業の双方向性を確保する。
授業外の学修(予習・復習等) 日頃、接する/接しないメディアに向き合う。何が伝えられ、その結果として何が伝えられていないのか、など意識的に捉えなおす。授業内で提示する次回の内容に沿って予習する。また毎回の授業レジュメを見直し、復習をして理解を定着させてほしい。
テキスト・参考書 教科書 指定しない
参考書 下村健一『想像力のスイッチを入れよう―世の中への扉』(講談社、2017)
       長谷川一、村田麻里子『大学生のためのメディアリテラシートレーニング』(三省堂、2015)
    菅谷明子『メディア・リテラシー―世界の現場から』(岩波書店、2000)
成績評価の基準・方法 平常点(20%)
複数回のレポート(35%)
確認テスト(45%)
この科目の履修にあたって 情報の濁流に取り囲まれる一方、自らも情報の発信者となる現代社会にあっては、受け取った情報の真意を読み解き、かつ自らが情報の受け手に正しく思いを届ける力はますます重要になっている。本講義ではそうした力を実践的に習得することを目指す。
オフィスアワー


第1回 イントロダクション

授業の目的、進め方、成績評価などについて説明します。

第2回 メディア・リテラシーとは何か1

私たちを取り巻く環境を情報の観点から見つめ、メディア・リテラシーが必要とされる理由を学びます。

第3回 メディアリテラシーとは何か2

世界で行われているメディア教育について学びます。

第4回 他者への想像力

情報を読み解く力を「他者」の視点から考察します。

第5回 情報への想像力

情報を読み解く力を「作り手」の視点から考察します。

第6回 新聞を見つめなおす

新聞を用いたケーススタディを通してメディアリテラシーについて考察します。

第7回 テレビを見つめなおす

テレビを用いたケーススタディを通してメディアリテラシーについて考察します。

第8回 雑誌を見つめなおす

雑誌を用いたケーススタディを通してメディアリテラシーについて考察します。

第9回 疑問と自問1

ケーススタディを通して、メディアを読み解くスキルの習得に取り組みます

第10回 疑問と自問2

ケーススタディを通して、メディアを読み解くスキルの習得に取り組みます

第11回 自問と疑問1

ケーススタディを通して、メディアを読み解くスキルの習得に取り組みます

第12回 自問と疑問2

ケーススタディを通して、メディアを読み解くスキルの習得に取り組みます

第13回 自分を見つめなおす

自撮りを手がかりにメディア・リテラシーを考察します

第14回 未来への想像力

情報の送り手の観点からメディア・リテラシーを考察します

第15回 まとめと確認

授業全体の総括及び確認テストを行います