トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 情報リテラシーⅠ
   Information Literacy I
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 呉 志賢(教授),岩見 真希(教授),宮崎 裕(教授)
グレード G1
テーマ 情報通信技術(ICT)に関する基礎的な知識とスキル
キーワード 情報リテラシー,ワープロソフト,表計算ソフト,プレゼンテーションソフト,P検,SNS(Social Networking Services),インターネットを使った情報検索,Office365
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、コンピュータの操作を通じて、ICT(情報通信技術)に関する基礎的な知識とスキル(情報リテラシー)の修得を目標とします。具体的には、タイピングスキル、ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの基本的な操作方法を学修した後、それらを活用するスキルを身につけます。また、コンピュータネットワークや情報システム、インターネットを使った情報検索や情報モラル等に関する基礎知識についても解説します。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 -
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、専門知識を修得するにあたって必要な基礎的知識を学修する専門基礎科目の一つです。特に、「国際コミュニケーション力」を身につけるための基礎知識や技能を修得します。この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 この授業では、コンピュータの操作を通じて、ビジネスアプリケーションを活用するスキル、コンピュータネットワークや情報システム、インターネットを使った情報検索や情報モラル等といった、ICTに関する基礎的な知識とスキルを修得することを目指します。特に、海外体験・留学前のこの時期に、情報モラルと情報セキュリティの重要性を理解した上で、海外の人々とのコミュニケーションツールとして有用なSNS(Social Networking Services)を安全に活用する技能、 信頼できる情報源から渡航先の情報を収集する技能、どこにいても情報の加工や処理が可能なクラウドコンピューティングを活用する技能といった、グローバル化する現代社会で求められる基礎的なICT利活用能力を身につけ、渡航後に様々な活動に円滑に取り組めるようにします。
授業の方法 初回のタイピングテストの結果に応じて習熟度別にクラスを編成し、PC教室でコンピュータを使って実施します。授業は、基本的にはテキストに沿って進められますが、必要に応じて追加資料を配布します。課題の提出・管理・テキスト以外の資料のダウンロード等は授業WEBシステムを用います。
授業は連続する内容で構成されていますので、毎回出席し、課題に取り組むことが必要です。授業計画に沿って、各回の課題を提示します。課題については授業内で講評します。
授業外の学修(予習・復習等) タイピング技能の上達に関しては、継続的な練習が必要不可欠であるため、合格水準に達するまで、自宅または学内のコンピュータを用いて繰り返し練習してください。
テキスト・参考書 教科書:
P検事務局編『P検合格シリーズ P検3級テキスト』(P検事務局)
成績評価の基準・方法 評価方法:期末テスト50%、課題50%
判定基準は以下のとおりです。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 本学のキャンパスライフで必須の教学システム全般の操作方法についても解説するため、1年生は履修する必要があります。
この科目の履修にあたって 毎回出席し、期限内に課題を提出してください。
オフィスアワー 呉 志賢
木 12:10~13:00 国際部(E号館1階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、数学の基礎、英語の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学(情報系)、その他(自己PR作成支援)
金 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 

岩見 真希
金 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問

宮崎 裕
火 13:00~14:00 花岡コモンズ 数学の基礎、英語の基礎


第1回 ガイダンス・NICEシステムの基本(1)

1) 授業ガイダンス
2) 本学の情報通信機器及び教学システムの概要や基本操作(Niceシステムの説明、学生用ポータルサイト)
3) タイピングテスト・アンケート(習熟度別クラス編成用)

第2回 NICEシステムの基本(2)

1) 本学の教学システムの基本操作(個人フォルダ、キャリアポートフォリオ)
2) クラウドサービスOffice365の利用(学生用Webメール、OneDrive、Office Online、Officeファイルの共同編集)
3) その他のメールサービスのアカウント取得(海外体験に備えた複数の連絡手段確保)

第3回 NICEシステムの基本(3)・インターネットを使った情報検索と情報モラル

1) 本学の教学システムの基本操作(授業WEBシステム(IT’s class)、WEB学習システム(i-Navi))
2) 日本語入力・タイピング
3) インターネットを使った情報検索
4) インターネット利用における情報モラル
5) タイピング課題(長文入力)

第4回 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用

1) SNSの利用方法
2) プライバシー設定の管理、セキュリティ上の脅威、セキュリティツールとリソース(自分のため、友人のためにできること)

第5回 ワープロソフトの基本(1)

1) タイピング練習(10分程度)
2) ワープロソフト(Word2010)の基本操作1、復習課題
3) 安全なSNSの活用実践

第6回 ワープロソフトの基本(2)

1) タイピング練習(10分程度)
2) ワープロソフト(Word2010)の基本操作2、復習課題
3) 安全なSNSの活用実践

第7回 ワープロソフトの基本(3)

1) タイピング練習(10分程度)
2) ワープロソフト(Word2010)の基本操作3、復習課題
3) 安全なSNSの活用実践

第8回 プレゼンテーションソフトの基本

1) タイピング練習(10分程度)
2) プレゼンテーションソフト(PowerPoint2010)の基本操作、復習課題
3) OneDrive、Office Onlineの復習

第9回 表計算ソフトの基本(1)

1) タイピング練習(10分程度)
2) 表計算ソフト(Excel2010)の基本操作1、復習課題
3) タイピングテスト

第10回 表計算ソフトの基本(2)

1) タイピング練習(10分程度)
2) 表計算ソフト(Excel2010)の基本操作2、復習課題
3) タイピングテスト

第11回 表計算ソフトの基本(3)

1) タイピング練習(10分程度)
2) 表計算ソフト(Excel2010)の基本操作3、復習課題
3) タイピングテスト

第12回 表計算ソフトの基本(4)

1) タイピング練習(10分程度)
2) 表計算ソフト(Excel2010)の基本操作4、復習課題
3) タイピングテスト

第13回 ワープロソフトと表計算ソフトの総合演習(1)

1) ワープロソフトと表計算ソフトの復習(1)
2) ワープロソフトと表計算ソフトの実技試験

第14回 ワープロソフトと表計算ソフトの総合演習(2)

1) ワープロソフトと表計算ソフトの復習(2)
2) ワープロソフトと表計算ソフトの実技試験

第15回 ワープロソフトと表計算ソフトの総合演習(3)

1) ワープロソフトと表計算ソフトの復習(3)
2) ワープロソフトと表計算ソフトの実技試験