トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 Intensive English W/R II
   Intensive English W/R II
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 宋 南先(教授),吉川 真理子(准教授),藤崎 好子(教授),正田 久美(講師),岡崎 臣博(講師),藤木 隆義(講師),石田 雅子(講師),以倉 理恵(講師),久保 祐美子(講師),廣瀬 順子(講師)
グレード G1
テーマ ライティング及びリーディングの基本的スキルの向上
キーワード リーディング,ライティング,多読,e-Learning,英文作成
開講年度
2017
開講時期
春(再)/秋
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、「Intensive English W/R Ⅰ」に引き続き、ライティング及びリーディングの基本的スキルの向上を目的とします。授業では、多読を通じ、英文を読むことに慣れ、キーワードやキーフレーズを見つけ出し、文章を逐次日本語に訳すことなく英語として読み取る能力を身につけることを目的とします。また、多様なリーディングを通じて語彙の強化、文法に関する正しい知識の向上を図ります。同時に、英文内容に関する問題を解く過程で、未完成の文を完成し、正しい文法を使いこなし、要約を書く等、英文を作成する能力を向上します。
これらの学修から、グローバルなフィールドで活躍する際に必要となる実践的コミュニケーション能力の基本を学修します。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。
履修条件 -
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 「英語」の読解教材や、その他副教材を読み解きながら、国内外で起こっている諸課題や多様な文化について学ぶ機会を豊富に提供します。また、英語学修を通して、学生が将来必要とする、コミュニケーション能力や異文化に対する寛容性、理解力育成の素地を築きます。
この科目は、国際学部国際学科の専門教育科目・専門基礎科目です。
この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
 2. 英語を中心として国際コミュニケーションに必要なコミュニケーションのツールとスキルを活用する能力を有している。
この科目は、教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムのなかで、以下に該当します。
 3. 実践的なコミュニケーション能力の育成
 (1)1・2年次は、習熟度別20人以下の少人数クラス
 (2)チームティーチングで英語の4技能のバランスよい教育
学修の到達目標 様々な分野の英文を読む事を通して、リーディングスキルの修得、語彙や表現の増強を図ります。「Intensive English W/R Ⅰ」に引き続き、更なる基礎的な英文構造について、繰り返し理解を深めながら英文読解力を高め、修得した語彙や表現を使い英文を作成する力を養います。授業をとおして、① 英語の基礎的レベルを徹底的に理解し、それらの知識(文法/語彙)を用いて英語が使えるようになる(「理解する事」と「使える事」は違う)。② 多様な英文を読み、語彙の拡張と英文の構造・内容を理解できる。③ 文法・構文・語彙の知識を深め、それらを用いて英語で表現することが出来る。ようになることを目標とします。また、パラグラフ・ライティングの基本を修得します。
授業の方法 1セメスターの科目であり、週2回の授業が行われます。授業は、基本的にテキストに沿って進行します。テキストを読み、その内容に関連する様々な問題を解いていきます。問題の一部を課題とすることもあります。授業時間の3分の2はテキストに基づいた学修で、残り3分の1は副教材を用い、文法理解や英文作成等の練習を行います。また、授業では、小テストが繰り返し行われます。尚、この授業は20名以下で、習熟度別のクラス編成を行います。 2回実施されるReview Quizの結果について、講評します。e-Learning、映像(音声)教材等を使用したり、It's ClassやPower Point、電子黒板を使用することがあります。
授業外の学修(予習・復習等) 授業外の学修では、授業において課された課題に取り組み、学修した内容の理解が深められるように語彙の修得、文法や文章表現、リーディングの予習・復習をします。また、指定されたe-Learning学修の課題に取り組みます。TOEIC®対策の課題に取り組みます。
テキスト・参考書 教科書:
Lorraine C. Smith and Nancy Nici Mare, “Issues for Today 3: READING FOR TODAY ,” Fourth Edition, HEINLE CENGAGE LEARNING, 2010
成績評価の基準・方法 毎授業で出される課題、Review Quiz、e-Learning学修の成果や進捗状況等により総合的に評価します。

Review Quiz 50%(25%×2回)e-Learning学修:15%
TOEIC 5% 課題 15% 授業への積極的参加度15%
判定基準は以下のとおりです。

秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など この授業は、多読による英文読解とライティング力の向上を目指します。そのためには、語彙の強化、文法に関する正しい知識の修得が必要です。毎回出される課題に取り組み、必ず予習と復習をして授業に参加してください。また、e-Learning学修も課題としますので、学内のPC室や自宅等で学修を進めてください。
必ずプレースメントテストを受験してください。
授業には、必ず英和辞典もしくは、電子辞書を持参してください。
授業中は、携帯電話、スマートフォン、及び通信機能を持つ機器のアプリ使用は、一切禁止します。(カバンのなかにしまった状態)。
*「授業計画」は、学生の学修状況に応じて変更することがあります。
この科目の履修にあたって グローバルなフィールドで活躍するためには、コミュニケーションツールとしての英語力が必要です。実践的な英語力を身につけるには、常に英語に触れる環境が必要です。授業では、多読による読解とライティングによる英語表現を学修します。毎回の授業では多くの課題が出されます。e-Learning学修、語彙の増強、課題、リーディングとライティングの予習・復習など、課外での学習を進めることで、自学自習の習慣を身につけてください。授業では積極的に参加し、発言してください。
オフィスアワー


第1回 Justice and Crime(1)

(Unit 3, Chapter 7) Innocent until Proven Guilty: The Criminal Court System  

第2回 Justice and Crime (2)

 (Unit 3, Chapter 7) Innocent until Proven Guilty: The Criminal Court System  

第3回 Justice and Crime (3)

(Unit 3, Chapter 7) Innocent until Proven Guilty: The Criminal Court System  

第4回 Justice and Crime(4)

(Unit 3, Chapter 7) Innocent until Proven Guilty: The Criminal Court System  

第5回 Justice and Crime(5)

(Unit 3, Chapter 7) Innocent until Proven Guilty: The Criminal Court System  

第6回 Justice and Crime(6)

 (Unit 3, Chapter 8) The Reliability of Eyewitness

第7回 Justice and Crime(7)

(Unit 3, Chapter 8) The Reliability of Eyewitness Eating Habits

第8回 Justice and Crime(8)

(Unit 3, Chapter 8) The Reliability of Eyewitness Eating Habits

第9回 Justice and Crime(9)

(Unit 3, Chapter 8) The Reliability of Eyewitness Eating Habits

第10回 Justice and Crime(10)

(Unit 3, Chapter 8) The Reliability of Eyewitness Eating Habits

第11回 Justice and Crime(11)

 (Unit 3, Chapter 9) Solving Crimes with Modern Technology

第12回 Justice and Crime(12)

 (Unit 3, Chapter 9) Solving Crimes with Modern Technology

第13回 Justice and Crime(13)

(Unit 3, Chapter 9) Solving Crimes with Modern Technology

第14回 Justice and Crime(14)

(Unit 3, Chapter 9) Solving Crimes with Modern Technology

第15回 Review 1

 Review Quiz 1

第16回 Science and History (1)

(Unit 4, Chapter 10) Ancient Artifacts and Ancient Air

第17回 Science and History(2)

(Unit 4, Chapter 10) Ancient Artifacts and Ancient Air

第18回 Science and History(3)

 (Unit 4, Chapter 10) Ancient Artifacts and Ancient Air

第19回 Science and History(4)

内容:
(Unit 4, Chapter 10) Ancient Artifacts and Ancient Air

第20回 Science and History(5)

 (Unit 4, Chapter 10) Ancient Artifacts and Ancient Air

第21回 Science and History(6)

 (Unit 4, Chapter 11) Medical technology: Saving lives with Robotics

第22回 Science and History(7)

(Unit 4, Chapter 11) Medical technology: Saving lives with Robotics

第23回 Science and History(8)

(Unit 4, Chapter 11) Medical technology: Saving lives with Robotics

第24回 Science and History(9)

(Unit 4, Chapter 11) Medical technology: Saving lives with Robotics

第25回 Science and History(10)

(Unit 4, Chapter 11) Medical technology: Saving lives with Robotics

第26回 Science and History(11)

(Unit 4, Chapter 12) Mars: Our Neighbor in Space

第27回 Science and History(12)

(Unit 4, Chapter 12) Mars: Our Neighbor in Space

第28回 Science and History(13)

(Unit 4, Chapter 12) Mars: Our Neighbor in Space

第29回 Science and History(14)

(Unit 4, Chapter 12) Mars: Our Neighbor in Space

第30回 Review 2

 Review Quiz 2