トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 世界史概論Ⅱ
   Introduction to World History II
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 華 立(教授),中尾 恭三(講師)
グレード G1
テーマ 一体化する世界の歴史
キーワード 近現代史,地域世界,世界の一体化
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は世界史に関する基礎レベルの科目です。「世界史概論Ⅰ」に引き続き、近現代から現代までの様々な国と地域における歴史的事象を幅広く学修することを目的とします。具体的には、人類が直面してきた政治、経済、文化などの課題に関する重要事件を解説しながら、世界の構造や成り立ちにどのような影響を与えてきたのかを歴史的な視野から考察する力を養成するとともに、世界の歴史と日本の歴史を関連付けながら整理し理解します。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育みます。

(オムニバス方式/全15回)

(華 立/8回)
近代から現代までのアジアの歴史を主たる対象とし、歴史的に重要な事象等を具体的に取り上げることを通して、現代社会の諸問題を理解する能力を養います。

(中尾 恭三/7回)
近現代から現代までのヨーロッパの歴史を主たる対象とし、歴史的に重要な事象等を具的に取り上げることを通して、現代社会の諸問題を理解する能力を養います。
履修条件 「世界史概論Ⅰ」を修得していることが望ましい
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、国際学部の学位授与方針(DP)に定める「豊かな国際感覚」、「幅広い教養」を身につけるための科目です。
学修の到達目標 異なる地域世界の形成・展開ならびに相互関係を、時代の流れにおいて学修し、近代から現代まで西洋と東洋の歴史に関する基礎知識を修得すると同時に、世界史を横断的に眺める能力を養い、現代社会の諸問題に対する理解を深めます。
世界史あるいは歴史学を学ぶことにより、現在発生している様々な社会問題を長い時間軸の中で検討することで、社会と対話する力を身につけることができます。この授業を受講することにより、とくに国際協力や異文化理解に関心のある学生が、他国の歴史や自己の歴史認識を語る力を得ることを目標とします。
授業の方法 2名の教員によるオムニバス方式です。配布プリントとパワーポイントを併用しつつ講義を行います。その資料はインターネット上で公開します。受講生の理解度を確認するために、コメントシート、ミニレポートなども適宜実施し、双方向型学修を取り入れた授業を行います。課題については授業内で講評します。
毎回プリントを配布し、参考文献も適宜紹介します。プリントやパワーポイントには英語を織り交ぜます。
授業外の学修(予習・復習等) 授業内で紹介される参考文献を適宜利用して予習・復習を行ってください。
テキスト・参考書 教科書:指定しません。
参考書:
桃木至朗、荒川正晴、秋田茂、栗原麻子他『市民のための世界史』(大阪大学出版会、2014年)
桃木至朗監修、帝国書院編集部編『最新世界史図説 タペストリー』(帝国書院、2015年)

成績評価の基準・方法 評価方法:コメントシートまたはミニレポート20%、中間レポート30%、期末テスト50%とします。
判定基準は以下のとおりです。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満
履修上の注意事項など 1.内容を理解するためには、積極的に授業に参加することが不可欠です。
2.期末テストのみならず、中間レポートもかならず提出するよう心がけましょう。
3.授業内容に対する質問や議論は大歓迎ですが、私語・携帯電話の使用など授業を妨げる行為は厳しく禁じます。
この科目の履修にあたって 歴史学は年表片手で丸暗記の学問ではない。歴史学は史料のもとで人類の歩みを分析・検討し、流動する現実と未来を見極めようとしている。諸君は授業に積極的に出席し、各々の時代の「何故?」「それで?」について探求してみよう。
オフィスアワー 華 立
火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、レポート作成支援


第1回 イントロダクション(担当:華)

授業のガイダンスを行います。また、グローバル化時代において世界史を学修する意義について考察します。

第2回 イギリス帝国の勃興(担当:中尾)

17世紀から海外進出を進めてきたイングランド王国が、世界規模の帝国へ成長していく経緯を把握しつつ、それが世界史に及ぼした影響について理解を深めます。

第3回 アメリカ独立革命とフランス革命(担当:中尾)

18世紀後半、北アメリカ大陸とフランス王国で勃発した革命の要因とその結果いかなる影響を世界史に及ぼしたのかを考えます。

第4回 19世紀のヨーロッパと国民国家(担当:中尾)

19世紀に普及した自由主義と民族主義思想の中から、西ヨーロッパ諸国で国民国家が立ち現れてくる経緯を把握します。

第5回 列強進出と近代南アジア・東南アジア(担当:華)

列強の進出によるインド、東南アジア植民地化の経緯、列強の収奪と植民地経営の仕組みなどを把握し、それが現地社会にもたらした影響について考察します。

第6回 列強進出と近代東アジア(担当:華)

アヘン戦争から清末期の中国情勢を概観し、武力による強制的開国から西洋化運動への紆余曲折を考察するとともに、日清戦争、日露戦争が東アジア全体に与えた影響について理解を深めます。

第7回 帝国主義と最初の世界大戦(担当:中尾)

19世紀後半から展開したヨーロッパ列強諸国の帝国主義が、どのようにして世界大戦へとつながったのかを把握しつつ、大戦がヨーロッパ諸国にもたらした変化について理解を深めます。

第8回 アジアの覚醒(1) 中国(担当:華)

辛亥革命以降の中国革命の歩みについて、中華民国期から中華人民共和国の成立までその流れを把握し、20世紀中国政治・社会の変容について理解を深めます。

第9回 ファシズムと第2次世界大戦(担当:中尾)

大戦間期のヨーロッパ諸国におけるファシズムの台頭と第2次世界大戦の推移、大戦が世界にもたらした影響について考えます。

第10回 アジアの覚醒(2) インド・東南アジア・西アジア(担当:華)

20世紀におけるインド・東南アジア・西アジアの民族運動の流れを把握しつつ、それが世界史にもたらした意義について理解を深めます。

第11回 戦後世界とヨーロッパ諸国(担当:中尾)

大戦後にアメリカ合衆国とソヴィエト連邦を軸として形成された冷戦構造の展開と、ヨーロッパ諸国がたがいに連携を深め欧州連合を形成していく流れを理解します。

第12回 現代の世界(1) 冷戦後の国際秩序(担当:中尾)

冷戦終結後、20世紀末から21世紀の現代にかけて続発する地域紛争や断続的に迎える経済危機を克服するため、人々が新たな国際秩序を模索していく流れを理解しつつ、現代世界の諸問題に関して考える知識を身につけます。

第13回 現代の世界(2) 中国の歩み(担当:華)

1980年代以来改革開放政策のもと大国への道を歩む中国について、その政策展開の背景と流れを把握し、この動きが現代世界にもたらす影響について考察します。

第14回 現代の世界(3) イスラーム世界の現代(担当:華)

20世紀後半から21世紀のイスラーム社会を、政治・社会・文化などの側面から考察し、混迷つづく中東地域・西アジアの諸問題に関して考える知識を身につけます。

第15回 21世紀の歴史学(担当:華)

グローバル時代の世界史観を養うために必要なものは何か、これまでの授業内容を踏まえて考察します。