トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本史概論Ⅱ
   Introduction to Japanese History II
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門基礎科目
担当者 林 英一(准教授)
グレード G1
テーマ 戦争の日本近現代史を学ぶ
キーワード 帝国,帝国主義,帝国世界,帝国意識,公式帝国,非公式帝国,旧外交,新外交,大東亜共栄圏,冷戦
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業は、「日本史概論Ⅰ」に引き続き、幕末から現代に至るまでの日本の文化や社会の進展を、諸外国との関係の推移も含めて総合的に理解できる素材を提示し、日本の近現代史の理解を深めることを目的とする。具体的には、日本の近現代史における重要事件等を、国内外の様々な史料を示しながら、その後の日本へ与えた影響や国際関係の変化とともに履修生に考察させ、日本社会を貫く歴史の大きな流れと諸外国との関係とを俯瞰的に捉えつつ、現在の世界における日本の現状を把握できるようにする。就業力育成の観点から論理的思考力や幅広い視野を育む。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 国際学部の専門教育科目・専門基礎科目の一つで、グローバル化する世界の諸問題を理解し、主体的に向き合う姿勢や国際コミュニケーションに必要なツールとスキルを活用する能力を修得することに役立ちます。この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。1. グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
学修の到達目標 明治から昭和までの日本史について一定の知識を身につけます。また国際社会の理念と現実を把握した上で、日本史を立体的に理解します。そうやって日本の近現代史を学ぶことで、20世紀の帝国世界の中での日本の立ち位置を理解し、グローバルな視野を養い、歴史的思考力を鍛えます。
授業の方法 時系列に沿って日本語で講義します。毎回トピックごとに関連映像を流して視覚的理解を促した上で、解説を行っていきます。
授業外の学修(予習・復習等) 本、映画、漫画などを通じて歴史への関心を高めることをお勧めします。
テキスト・参考書 ありません。
成績評価の基準・方法 中間テスト(50%)、期末テスト(50%)で評価します。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の進め方をシラバスに沿って確認します。

第2回 大日本帝国

基本構造を扱います。

第3回 日清・日露戦争

日清・日露戦争を扱います。

第4回 第一次世界大戦(1)

ヨーロッパでの大戦の経過を扱います。

第5回 第一次世界大戦(2)

大戦がアジアや国際社会に与えた影響を扱います。

第6回 満州事変

満州事変と満州国を扱います。

第7回 日中戦争

日中全面対決の背景を扱います。

第8回 アジア・太平洋戦争(1)

日独伊三国同盟を扱います。

第9回 アジア・太平洋戦争(2)

日本陸軍の近代化を扱います。

第10回 アジア・太平洋戦争(3)

新聞、ラジオによるプロパガンダを扱います。

第11回 アジア・太平洋戦争(4)

大日本帝国憲法体制を扱います。

第12回 アジア・太平洋戦争(5)

戦史を扱います。

第13回 アジア・太平洋戦争(6)

日本軍兵士を扱います。

第14回 アジア・太平洋戦争(7)

原爆投下を扱います。

第15回 まとめ

これまでの講義内容を総括します。