トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 Global Strategic Management
   Global Strategic Management
授業科目区分
経済学専門教育科目・専門外国語
担当者 河野 公洋(講師)
グレード G2
テーマ 企業の国際経営戦略
キーワード 貿易,国際商取引,グローバリゼーション,海外戦略
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 グローバライゼーションの進行に伴い、大企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業でも何らかのかたちで外国企業や外国市場にかかわる機会が増加し、国際企業戦略が、企業の経営戦略の重要な部分を占めるようになっています。
本講義では、学生が、本国とは異なるビジネス環境の中で、企業がどのように現地のライバル企業に対して競争優位を得るのかについて理解し、その知識を活用して企業の国際経営戦略を分析できるようになることを目的とします。
履修条件 経営学などの先修が望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

DP1. 日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につけている。
 
 この科目は、専門外国語科目に位置づけられています。
学修の到達目標 企業が直面するビジネス環境を理解します。
海外市場への参入戦略、現地での経営戦略、国際人材戦略、国際提携戦略など、国際経営戦略を構成する各要素を理解します。
国際経営戦略を理解するために必要な経営学の理論を理解します。
企業の国際経営戦略を分析できるようになります。
授業の方法 各回、企業のケースを題材にみなさんに問題点や分析視角を考えてもらい、解決策を考えたり意思決定を下す過程を学修することで、問題解決能力を養ってもらえるように工夫し、視聴覚教材を使用して事例中心に講義を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 予習として、日々の新聞の経済・産業面に目を通す事。
復習として、講義内で登場した専門用語は、自在に使えるようになることが重要。
テキスト・参考書 特に定めませんが、必要に応じ参考文献を講義内にて紹介します。
成績評価の基準・方法 小テスト・出席等(40%)、期末試験(60%)を予定しています。
履修上の注意事項など 板書やプレゼン画面の丸写しでなく、ノートの取り方に自ら工夫する事。
この科目の履修にあたって グローバルな視野を持って居ない人も、持って居る人も刻々と変わる国際情勢の理解や、異文化の理解に対する興味を持って下さい。
オフィスアワー


第1回 講義概要

講義に関するオリエンテーションとガイダンス

第2回 企業のグローバライゼーション

現状、要因

第3回 グローバル・ビジネスの環境1

企業が、グローバル・フィールドで直面する市場状況

第4回 グローバル・ビジネスの環境2

企業が、グローバル・フィールドで直面するリスク

第5回 途上国への進出問題

開発途上にある国へのグローバル・ビジネス戦略

第6回 グローバル・ビジネスの現状

海外生産と、海外販売

第7回 マーケティング戦略

FDIとは?その類型

第8回 海外直接投資

グローバルな市場戦略

第9回 多国籍企業とは

MNCの定義、課題
グローバルな生産地戦略

第10回 グローバル経営の理論1

なぜ企業は海外に進出するのか

第11回 グローバル経営の理論2

企業のグローバル化を説明する理論

第12回 国内空洞化とグローバリゼーション

日本の産業空洞化とグローバル戦略

第13回 グローバル人的資源管理

HRMのグローバルな現状と問題

第14回 グローバル戦略と知財

技術移転と海外研究開発
知的財産権ビジネスの現状と問題点

第15回 グローバル経営戦略の今後の展開

まとめ