トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 Economic Issues in EnglishⅡ
   Economic Issues in EnglishⅡ
授業科目区分
経済学専門教育科目・専門外国語
担当者 辻本 政雄(准教授)
グレード G2
テーマ Japanese economy and corporate strategy in global society
キーワード Japanese & global economy,Diplomatic, fiscal & economic policies,Corporate strategies,Sustainable society,Environmental economics
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 (1)本授業では,英語を用い,日本及びグローバル経済に関する基本的知識の習得を図ります.グローバル経済での活躍を目指す受講生を歓迎します.秋学期「Ⅱ」は,春学期「Ⅰ」と比べ,「持続可能な社会の実現に向けた環境と経済の調和」,「外国企業との競争・連携」に重点を置きます.
Lecturer: Dr. Masao TSUJIMOTO, Associate Professor.
This course, Economic Issues in English 2, is conducted mainly in English: Japanese who are hoping to study abroad or “to be global” are also welcomed. The Fall Term in the first place refers to the two issues or agendas in Japan: (1) harmony of the environment and the economy for sustainable society, (2) competition and cooperation with foreign companies.
(2)担当教員の官庁及び企業における国内外の実務経験(大使館・シンクタンク,調査・交渉・採用・人財教育担当等)を紹介しつつ,現場の切迫感の共有に努めます.
The lecturer will try to share his sense of reality with students through his working experiences as a diplomat and business consultant in Tokyo and abroad.  
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 本授業はDPの以下に該当します.
1. 経済活動の仕組みや市場の機能,経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力を身につけている.
4. 経済学を中心とする大学での学びを通して,現代社会において,職業上及び社会生活上で直面する問題に主体的に対応できる能力と学習の方法を身につけている.

なお,本授業は,経済学科グローバル経済コース生を主対象とした専門外国語科目です.
学修の到達目標 グローバル競争における日本の外交,財政・金融,経済政策,企業戦略と諸動向について,基本的知識を習得する.
This lecture aims to acquaint the students with basic knowledge of Japanese diplomatic, budget, finance, and economic policies and corporate strategies in global competition.  
授業の方法 (1)授業は毎週,(a)教員の解説,及び,(b)学生によるプレゼンテーション・討論によって行います.
This class will be composed of two parts: (a) lectures and (b) students presentations (5-10 minutes) & discussions every week.
(2)Learning Portalで予習・復習用の資料・ウェブサイトを紹介します.
Learning materials and websites are introduced at the Learning Portal.  
授業外の学修(予習・復習等) 指定の資料・関連ウェブサイトで授業の準備を十分に行うこと.
Students are required to be prepared by checking learning materials and related websites in ahead or after the class.  
テキスト・参考書 テキスト:不要 No specific texts needed.
原則として,担当教員が資料(独自作成,報道,官庁・企業の報告書)を準備します.

参考書・ウェブ:以下参照.
内閣府 Cabinet Office: http://www.cao.go.jp/index-e.html
外務省 Ministry of Foreign Affairs: http://www.mofa.go.jp/policy/index.html
財務省 Ministry of Finance: http://www.mof.go.jp/english/index.htm
経産省 Ministry of Economy, Trade and Industry: http://www.meti.go.jp/english/index.html
日本銀行 Bank of Japan: http://www.boj.or.jp/en/index.htm
JETRO: https://www.jetro.go.jp/en/
IMF http://www.imf.org/external/index.htm
ニューヨーク証券取引所: New York Stock Exchange https://www.nyse.com
ブルームバーグ Bloomberg: https://www.bloomberg.com
ロイター Reuters: https://www.reuters.com
日経Nikkei Asian Review: https://asia.nikkei.com
成績評価の基準・方法 (1)プレゼンテーション50%,レポート50%,加点を目的とし,事前告知なしに小テストを実施します.
Presentation:50% and term-end essay: 50%. Small quizzes for additional points without notice in advance.
(2)積極的な発言等,授業への主体的参加は加点.ルール(初回に説明)違反は減点・単位不可.
Active participation is highly welcomed for additional points; deduction by the violation of the rules and the code of conducts to be explained in the week 1.  
この科目の履修にあたって 担当教員は,受講生の自主性を育むため,機微な政治・経済上の問題について,特定の見解を強要しません.たとえば,日本の原発再稼働・原発プラント輸出,あるいは,企業採算性と地域振興策について,賛否両論を歓迎します.そのため,互いの意見を尊重しつつ,自由闊達に意見を述べ合う姿勢が要求されます.建設的な授業批判・改善案を歓迎します. 
The lecturer does not force any specific opinions for political and economic issues: participants shall respect others opinions. Students are encouraged to participate actively through efforts to make class environment as fruitful as possible. Any constructive ideas and opinions for a better class are welcomed.
(2)詳細は本学WEB「教員紹介」参照.
For further information of the lecturer, see below (www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/index1.html)
オフィスアワー


第1回 ガイダンス Guidance

授業概要の解説 Course outlook

第2回 地球温暖化問題 Global warming

地球温暖化 ≠ 絶対悪,環境対策=収益源 Global warming ≠ absolute evil; cash-creation by preventive measures to global warming

第3回 循環型社会の構築 Recycling society

エコ・節約・3R ≠ 絶対善,企業への影響 Environmental-friendly life ≠ absolute justice

第4回 持続可能性 Sustainability

定義,持続可能な経済・社会の構築における企業の役割 Definition, corporate responsibilities for sustainable society

第5回 各国経済事情1 Presentation of economy of each country 1

出身国,留学国の経済事情プレゼン1 Introduction of the country of the origin

第6回 各国経済事情2 Presentation of economy of each country 2

出身国,留学国の経済事情プレゼン2 Introduction of the country of the origin

第7回 各国経済事情3 Presentation of economy of each country 3

出身国,留学国の経済事情プレゼン3 Introduction of the country of the origin

第8回 環境とエネルギー1 Environment and energy 1

原発再稼働 Restart of nuclear power plants

第9回 環境とエネルギー2 Environment and energy 2

電力自由化 Power market’s opening

第10回 温暖化対策 Preventive measures

環境税・排出権取引と企業 Environmental tax and emission trading

第11回 日本企業の海外展開:シンガポール Japanese corporations in Singapore

シンガポールにおける日本企業の活動紹介 Japanese corporations in Singapore

第12回 欧米系企業 US-Euro companies

伝統的企業(ボーイング,フォード他)vs 新興企業(FAANG他)と日本
Traditional (Boeing, Ford) vs newly established companies (FAANG) and Japan

第13回 アジア系企業 Asian companies

鴻海精密工業・サムスンと日本 Asian companies(Hon Hai Precision,Samsung) and Japan

第14回 アラブ系企業 Arabian companies

エミレーツ航空 vs カタール航空と日本 Arabic companies (Emirates Airlines vs Qatar Airways) and Japan

第15回 総括 Summary

全体総括 Summary