トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 外国書講読B
   Reading of Foreign Books B
授業科目区分
経済学専門教育科目・専門外国語
担当者 塩谷 茂明(教授)
グレード G2
テーマ 英語の専門書に親しみ、知識を広め、国際性を身につける
キーワード 経済学とは,費用,ミクロ経済学,マクロ経済学,自動車産業,価格,所有権,機会集合
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 初めて、英語で書かれた経済・経営学関連の入門書を読んで翻訳することにより、今後、経済学・経営学に関連した洋書やその他の英語で書かれた専門書に慣れ親しむことが目的である。
こちらで指定の英文で書かれた専門書を、とにかく翻訳して、読んでいきます。実際に辞書を片手に読み、英文和訳します。これによって、英語の専門書を読む練習をし、洋書に慣れていきます。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は経済学部専門教育科目です。すべての学生が受講できます。レベルは問いません。英文の本を読破します。そして英語を通して、経済学・経営学の視野を広げることを目指します。
学修の到達目標 英語の専門書も努力すれば、読むことができるようになります。英語の表現や、専門用語に慣れ、将来の展望に繋ぎます。そして語彙力、文法力、解釈力、その他を向上するようになります。
授業の方法 こちらで指定した英文を、各自が講義時間内で、毎回一定範囲を、各自個別に翻訳します。翻訳した内容を、授業で説明し、英文構成などを習熟していきます。これを繰り返し、英語の専門書を辞書を片手に、できるだけ多く訳していきます。
授業外の学修(予習・復習等) 授業でやり残したものは次回までに完成させる。予習、復習が必要なものは指示します。
テキスト・参考書 配布プリントを中心に進めます。毎回英和辞書を持参してください。経済学・経営学に関する専門用語の英和辞書なども図書館にあります。その他の参考書等は必要があれば、指示します。
成績評価の基準・方法 毎回講義中に、連続した内容の英文翻訳作業等を実施します。そのために、授業の参加度を最重要視します(60%)。さらに、授業中に翻訳した英文の内容に関するレポートの提出などの評価点が基本です(40%)。期末テストやレポートは講義中に指示します。期末試験の結果について、講評します。
この科目の履修にあたって とにかく、英文を読んで見ようというチャレンジ精神が必要です。語彙力、文法力といった要求はありません。辞書をひくことに慣れると、英文は読めるようになると思います。英語学習は努力と継続性です。半年、一年間でも、読み続ければそれなりの成果が現れます。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の目的・目標、授業の進め方、成績評価の基準・方法などについて、説明します。
(2回目以降の内容は計画であり、授業の進行に合わせて変更することがあります)

第2回 経済学入門

「初めて学ぶ経済学とは何か?」について学習します。

第3回 自動車産業と経済学(1)

自動車産業と歴史について学習します。

第4回 自動車産業と経済学(2)

アメリカ自動車産業の歴史、危機、政府による救済、再生について学習します。

第5回 経済学とは何か?

「何がどれだけ生産されるのか?」
「これらの財はどのように生産されるのか?誰のために生産されるのか?」
などについて学習します。

第6回 混合経済における市場と政府

市場、政府の役割      
三つの主要な市場
について学習します。

第7回 経済学の二つの分野

ミクロ経済学とマクロ経済学について学習します。

第8回 科学としての経済学

変数間の関係、因果関係と相関関係
経済学における実験
について学習します。

第9回 なぜ経済学者の意見は異なるのか?

実証経済学
規範経済学
について学習します。

第10回 経済学的な考え方

基本的競争モデル
合理的消費者と利潤極大化企業
競争的市場
について学習します。

第11回 価格、所有権および利潤

インセンティブと情報
インセンティブと平等
について学習します。

第12回 割り当て

待ち行列による割合
くじ引きによる割合
について学習します。

第13回 機会集合

予算制約と時間制約
生産可能性曲線
について学習します。

第14回 費用

機会費用
サンクコスト
限界費用
について学習します。

第15回 まとめ

授業全体の総括を行います。