トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 外国書講読B
   Reading of Foreign Books B
授業科目区分
経済学専門教育科目・専門外国語
担当者 櫻井 利江(教授)
グレード G2
テーマ 難民高等弁務官としての仕事と成果
キーワード
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業では,国際問題に関する英文資料をテキストとして講読し,テキストに関連する問題点について,議論や解説を通じて理解を深める。
履修条件 大学における英語中級レベル以上の読解力を備えている必要がある。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 国際社会と法に関する幅広い知識を体系的に習得し、国際社会の仕組み等についての深い理解と論理的思考能力を培うことができる。
国際社会に関する幅広い教養をもとに、多様な文化的・歴史的背景を持つ国際社会の理解に努め、自立した市民として活動することができる。
学修の到達目標 国際問題に関する基本的な英語文献の読解力を習得する。
諸外国の時事問題についての知識を習得する。
授業の方法 演習方式で進める。
授業外の学修(予習・復習等) 参加者は毎週、テキストの予習が必要となる。
テキスト・参考書 Sadako Ogata, The Turbulent Decade: Confronting the Refugee Crises of the 1990s, W.W.Norton and Company, New York and London, 2005
テキストについてはコピー配布を予定している。
成績評価の基準・方法 平常点 50% 準備の程度、報告内容の正確さ等を重視する。
レポート 50% テキスト内容の正確な把握度を重視する。
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 金 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、レポート作成支援、メンタル支援


第1回 イントロダクション

テキスト、授業の進め方、準備の方法等について説明する。

第2回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第3回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第4回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第5回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説、レポートNo.1 課題と要領の説明

第6回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説 レポートNo.1課題の解説

第7回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第8回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第9回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第10回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説 レポートNo.2 課題と要領の説明

第11回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説 レポートNo.2 課題の解説

第12回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第13回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説

第14回 テキスト講読

テキスト講読と内容解説 

第15回 まとめ

テキスト講読と内容解説 レポートNo.3 課題と要領の説明