トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 外国書講読A
   Reading of Foreign Books A
授業科目区分
経済学専門教育科目・専門外国語
担当者 塩谷 茂明(教授)
グレード G2
テーマ 英語の専門書に親しみ、国際人を目指す。
キーワード 経済学とは,ミクロ経済学,マクロ経済学,交易,市場,物価,経済モデル
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 初めて、英語で書かれた経済学関連の入門書を読んで翻訳することにより、今後、経済学に関連した洋書やその他の英語で書かれた専門書に慣れ親しむことが目的である。
英文で書かれた専門書を、とにかく翻訳して、読んでいきます。実際に辞書を片手に読み、英文和訳します。これによって、英語の専門書を読む練習をし、洋書に慣れていきます。
履修条件  特にありません。
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は経済学部専門教育科目です。すべての学生が受講できます。レベルは問いません。英文の本を読破します。そして英語を通して、経済学および経営学の視野を広げることを目指します。
学修の到達目標 英語の専門書も努力すれば、読むことができるようになります。英語の表現や、専門用語に慣れ、将来の展望に繋ぎます。そして語彙力、文法力、解釈力、その他を向上するようになります。
授業の方法 こちらで指定した英文を、各自が講義時間内で一定範囲を、各自個別に翻訳します。翻訳した内容を、授業で説明し、英文構成などを習熟していきます。これを繰り返し、英語の専門書をできるだけ多く訳していきます。
授業外の学修(予習・復習等) 授業でやり残したものは次回までに完成させる。予習、復習は必要なものは指示します。
テキスト・参考書 配布プリントを中心に進めます。毎回英和辞書を持参してください。経済学に関する専門用語の英和辞書なども図書館にあります。その他の参考書等は必要があれば、指示します。
成績評価の基準・方法 毎回講義中に、連続した内容の英文翻訳作業等を実施します。そのために、授業の参加度を最重要視します(60%)。さらに、授業中に翻訳した英文の内容に関するレポートの提出などの評価点が基本です(40%)。期末テストやレポートは講義中に指示します。期末試験の結果について、講評します。
この科目の履修にあたって とにかく、英文を読んで見ようというチャレンジ精神が必要です。語彙力、文法力といった要求はありません。辞書をひくことに慣れれば、英文は読めるようになると思います。英語学習は努力と継続性です。半年、一年間でも、読み続ければそれなりの成果が現れます。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

授業の目的・目標、授業の進め方、成績評価の基準・方法などについて、説明します。
(2回目以降の内容は計画であり、授業の進行に合わせて変更することがあります)

第2回 経済学の原理について

「経済学の10大原理とは何か?」について学びます。

第3回 人々はどのように意思決定するか(1)

「トレードオフとは?」について学びます。

「ものの費用とは?」について学びます。

第4回 人々はどのように意思決定するか(2)

合理的な人々の限界原理に基づいて考える。

第5回 人々はどのように意思決定するか(3)

人々のインセンティブへの反応について学びます。

第6回 人々はどのように影響しあうのか(1)

「交易は人々を豊かにする。」について学びます。

第7回 人々はどのように影響しあうのか(2)

「市場は経済活動を組織する良策である。」について学びます。

第8回 人々はどのように影響しあうのか(3)

「政府が市場のもたらす成果を改善できることもある。」について学びます。

第9回 経済は全体としてどのように動いているか(1)

一国の生活水準は、財・サービスの生産能力に依存している。

第10回 経済は全体としてどのように動いているか(2)

「政府が紙幣を印刷しすぎると、物価が上昇する。」について学びます。

第11回 経済は全体としてどのように動いているか(3)

「社会は、インフレと失業の短期的トレードオフに直面している。」について学びます。

第12回 経済学者らしく考える(1)

「科学的方法(観察、理論)とは?」について学びます。

第13回 経済学者らしく考える(2)

仮定の役割について
経済モデル(フロー循環図、生産可能性フロンティア)について学びます。

第14回 経済学者らしく考える(3)

「ミクロ経済学とマクロ経済学とは?」について学びます。

第15回 まとめ

授業全体の総括を行います。