トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 外国書講読A
   Reading of Foreign Books A
授業科目区分
経済学専門教育科目・専門外国語
担当者 神谷 明(講師)
グレード G2
テーマ 英文を通して現代社会と人間を理解する
キーワード 日本社会の人々,イギリス社会,アメリカ社会,グローバリゼーションと私たち,若者が求めるものと起業精神,パソコンとAV等ICT活用,ポピュリズム,科学技術と社会
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 4年生 (経)ビジネスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2007年度入学生)

授業の目的及び概要  様々な英文を色々な方法で読む力をつける授業です。日本語とは違う形で社会構造と人間の行動を理解する力を養う。その英文の内容に関する興味を失わず、少しばかりの持続力を持って読み進めば、きっと英文の世界は開け、視野は広がります。経済・法律・時事論文、物語・映画等様々なジャンルを扱い、それによる基礎知識を身につけます。テキストの英文にもよりますが、辞書を使用すれば基本的な読解力を身につけることが出来るレベルです。
履修条件  特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は経済学部専門教育科目です。すべての学生が受講できます。レベルは問いません。英文の内容を通して必要な情報と、その背景にある社会と、そこに生きる人間を理解する社会科学的な見方が身につきます。そして英語を通して、グローバルな視野を身につけることを目指しています。
学修の到達目標  内容は勿論、読み方も色々あるが、肝心なことは何よりも自分が読みたいもの、読まなければならない英文を読む力を身につけることです。そしてその世界をよりよく理解できるようになることです。まずはそのための手順を見つける力をつけましょう。そして語彙力、文法力、解釈力、その他をアップする。辞書引き、背景知識等を得るため様々な機器を駆使できる必要なスキルをアップします。
授業の方法  各自が一定範囲の翻訳を分担し、授業で報告し、全体で内容を考えていきます。精読の時は時間をかけて、速読の時はその場で内容を素早く掴むなど、英文によって様々なスタイルで授業は進行します。内容理解の助けとして、ブルーレイ、DVD,CD,パソコンによる辞書引き、インターネット等、音響映像をフルに利用します。翻訳の添削、採点と模範解答例、参考解答例などは次回授業で発表します。参加者との応答を活発にし双方向性を追求します。
授業外の学修(予習・復習等)  授業でやり残したものは次回までに完成させる。予習、復習は必要なものは指示します。
テキスト・参考書  配布プリントを中心に進めます。参考書等は必要があれば指示します。
成績評価の基準・方法  毎回の翻訳発表等の授業参加度(30%)、授業の英文についての小テスト(30%)、テーマに関するコメント、レポート(40%)などの評価点が基本です。期末テストやレポートは必要があれば指示します。
履修上の注意事項など  選抜試験はありません。
この科目の履修にあたって  英文を読み内容を理解するということでは極めて普通の授業です。最低限必要な語彙力、文法力といった要求はありません。それらを補うやり方を工夫しましょう。辞書をひく根気さえあれば英文は読めるようになります。英語学習は継続性です。半年、一年間でも、読み続ければそれなりの成果が残ります。
オフィスアワー -


第1回 ガイダンス

授業の内容と進め方について案内をします

第2回 EUとイギリス社会

イギリスの社会1

第3回 EUとイギリス社会

イギリスの社会2

第4回 EUとイギリス社会

イギリスの社会3

第5回 現代社会の諸問題1

為替ディーラーの青春
経済力を計るもの

第6回 現代社会の諸問題2

高齢化社会
外国人労働者を受け入れるか
グローバリゼーションの入り口

第7回 現代社会の諸問題3

社会と個人の欲望と経済
景気とバブル経済

第8回 現代社会の諸問題4

科学技術と社会

第9回 アメリカ社会1

アメリカンドリームと映画産業1

第10回 アメリカ社会2

アメリカンドリームと映画産業2

第11回 アメリカ社会3

アメリカンドリームと映画産業3

第12回 アメリカ社会4

企業家精神
ソフトウェアの天才たち
ビル・ゲイツの青春

第13回 アメリカ社会5

スティーブ・ジョブズの青春1
ジョブズの子供たち1

第14回 アメリカ社会6

スティーブ・ジョブズの青春2
ジョブズの子供たち2

第15回 春学期のまとめ

今年の話題
まとめ