トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 公務員特別演習ⅢA
   
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 鎌倉 健(教授)
グレード
テーマ 市民に信頼される公務員(行政職)をめざす
キーワード 意欲と情熱,正義と信頼,公共性と公平性,課題発見能力と政策立案能力,周到な準備とチャレンジ精神
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 市民に信頼される公務員(行政職)をめざし、地域自治体をめぐるさまざまな課題に意欲的創造的に取り組めるよう、幅広い教養と深い専門性はもとより、正義感と公共心をそなえた人間性を涵養する。そして受講者1人ひとりが人間力を磨き、第一関門となる公務員採用試験に合格できる水準となるように指導する。そのため、授業はきわめて実践型となる。また演習のなかで参加者の多様な意見の交流や多角的な議論を通じて相互に切磋琢磨しつつ、各自に課題発見能力や分析力、さらには政策立案能力が身に付くように進める。加えて各自が志望する都道府県や市町村の試験日程および試験内容にあわせて個別相談・指導を行う。
履修条件 (1)国家公務員および地方自治体の行政職をめざす意欲と情熱にあふれる学生を対象とするが、基本的には「公務員特別演習ⅡA・B」の履修者を対象とする。
(2)一定の基準(所定の単位数等)をもとに選考する場合がある。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 経済学における特別演習として、現代社会の経済問題を理解しその解決の方法を考える力(DP3)、他の人々と協働し社会の一員として活躍できる能力(DP4)を研鑽し、行政職としての資質を無理なく習得させるために、下記のとおり一貫したカリキュラムを編成する。
<2年次>
公務員特別演習ⅠA:深瀬先生
公務員特別演習ⅠB:深瀬先生
<3年次>
公務員特別演習ⅡA
公務員特別演習ⅡB
<4年次>
公務員特別演習ⅢA

学修の到達目標 「何としても公務員になる」という高い志を持ち、受講者一人ひとりが公務員採用試験に合格できる水準に到達することをめざす。
授業の方法 ①受講生が自ら学習計画を立て目標に向かって目的意識的に学習を進める。同時に、「なぜ、公務員をめざすのか」という志望動機を明確にしつつ、エントリーシートを作成する。
②受講生による課題レポートおよび調査研究報告をもとに意見交換、ないしは議論・討論を行う。その際、グループ討論等を通じて受講者1人ひとりのプレゼン能力やディベート力を高めつつ、その都度、結果を個々人にフィードバックし、その到達点を踏まえながら、いっそう人間力(=人間発達)を磨くように運営する。
③地域自治体に関する課題のなかで、重要なテーマや新聞記事等で取り上げられた喫緊の課題を選択し、行政として何ができるのか、または何をしなければならないのか、という政策課題を中心に多角的な議論・討論を行う。その際、受講者1人ひとりの主体性・創造性を育むことはもとより、相互間の協働により人間発達を促すためのアクティブ・ラーニング等を追求する。
④各自が志望する都道府県や市町村における行政課題を踏まえつつ、行政が果たすべき役割について考察する。加えて当該自治体の試験日程・試験内容にあわせて個別相談・指導を行う。
授業外の学修(予習・復習等) 受講生は課せられた課題についてその都度、調査分析および自主的に研究し小論文に纏める。その際、必要に応じて個々人ないしはグループでフィールドワークにとりくむ。また「現場から学ぶ」一環として現役の自治体関係者または公務員OB、さらには専門家等を招聘する。
テキスト・参考書 必要に応じて、その都度、紹介する。

参考書 宮本憲一『日本の地方自治ーその歴史と未来(増補版)』自治体研究社、2016年
成績評価の基準・方法 課題の小論文の完成度、授業への参加度合い等を勘案し評価する。
具体的には、報告レポート(60%)、コメントペーパー(20%)、期末レポート(20%)とする。
履修上の注意事項など 「何としても公務員になる」という高い志を持ち続け、決して中途で諦めることなくチャレンジを続けること。
この科目の履修にあたって 受講者が目標(公務員採用試験に合格する)に向かって努力することはもちろんのこと、日頃から社会の変化等についても絶えず興味関心を持ち続けること。また、そのためにも理性と感性を磨くことを心がけること。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、レポート作成支援


第1回 ガイダンスおよび学習計画等の作成

春学期の授業の進め方について説明したうえで、公務員志望にかかわる意識調査(各自の到達点を確認する)を実施する。そして、各自が春学期の学習計画とあわせてエントリーシートを作成する。

第2回 課題研究(1)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第3回 課題研究(2)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第4回 課題研究(3)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第5回 課題研究(4)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第6回 課題研究(5)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第7回 課題研究(6)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第8回 課題研究(7)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第9回 課題研究(8)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第10回 課題研究(9)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第11回 課題研究(10)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第12回 課題研究(11)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第13回 課題研究(12)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第14回 課題研究(13)

時事問題を含む専門的課題テーマについて、小論文の作成、および報告・討論をする。

第15回 総括

各自の到達点を確認しつつ、春学期の総括を行う。