トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 公務員特別演習ⅠB
   Civil Service Career's Seminar ⅠB
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 深瀬 澄(教授)
グレード
テーマ 論作文&集団討論突破のための政策論
キーワード 論作文,集団討論,政策論のフレームワーク
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 公務員試験は、「知識重視型」から行政の担い手としての「資質評価型」へと移行しつつある。論述試験では、例えば「少子高齢化対策」や「観光施策」などについての政策論が求められ、「警察官としての心得」のような出題は古典化しつつある。2次試験の形式も多様化し、論述に加え集団討論はもはや定番となり、社会問題への対応策についてプレゼンを課すところも出てきた。経済、法律、行政、時事問題の知識も重要なのだが、単なる物知りでは高評価に結びつかない。そこで、本演習では、公務員試験の論述、集団討論、プレゼンなどで期待される役所的な公共性を配慮した思考法と表現法、さらに政策立案に必要なフレームワークを学び、これらに当てはめ、政策について論理的に議論を展開ができるように訓練する。

履修条件 1年次の実績を基準とする選抜を実施する場合もある。
法学部開講科目にも同一名称の科目があるが、双方の科目を履修することはできません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) <2年次>
公務員特別演習ⅠA:公共性に配慮した思考法と表現法、政策論のフレームワーク
公務員特別演習ⅠB:フレームワークに当てはめた政策論の論理的展開
<3年次>
公務員特別演習ⅡA(鎌倉先生)
公務員特別演習ⅡB(鎌倉先生)
<4年次>
公務員特別演習ⅢA(鎌倉先生)

学修の到達目標 論述、集団討論、プレゼンにおいて、以下の目標を掲げる。
1.公共性に配慮した思考と表現ができる。
2.政策論をフレームワークに当てはめて語れる。
3.秋学期は、学生研究発表大会でグループによる何らかの政策提言をしたい。

授業の方法 行政の果たす役割についての理解を総合的に深めていくために、以下に示すとおり、読む・考える・話しあう・書く・体験する・報告するなどの授業形式を織り交ぜて学ぶ。成果に対して授業中にフィードバックをする。

1.論作文答練(2回提出)
2.テキスト輪読(2回報告)
3.集団討論(2回実施)
4.行政関連の体験学習(市役所主催行事等)
5.学生研究発表大会での政策提言

テキストの輪読については、プロジェクターを用いたプレゼンテーションをしてもらい、必要に応じて、テーマについての理解を深めるためのレポートを課す。

授業外の学修(予習・復習等) グループによる政策研究の報告
昨年の事例
八尾市いきいき環境フェスティバルでのポスター報告(グループ報告)
「八尾市における都市農地の活用を考える」
「環境に対する意識啓発教育の効果分析」
学生研究発表大会
「成長が期待される地方自治体とは(市民を戦力化する東大阪市)」

課外の実践学修として、以下を予定している
①八尾市経済環境部との「いきいき八尾環境フェスティバル」運営スタッフ(10月)
②東大阪市協働の街づくり部主催の「瓢箪山夢街道まつり」の支援(11月)
③八尾市八尾市経済環境部の「女性の職業生活における活躍シンポジウム」参加(1月)

テキスト・参考書 高瀬淳一『公務員試験 論文・面接で問われる行政政策のポイント』実務教育出版
成績評価の基準・方法 1.論作文答練(2回提出)20
2.テキスト輪読(2回報告)20
3.集団討論4(2回実施)20
4.積極性(各回、1~3点で評価)20
ただし、傾聴1点、理解度2点、発言1点
5.グループワーク20
(教員評価10、メンバー相互評価10)
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって これまでの公務員試験合格者に共通することは、与えてもらうのを待つのではなく、
自ら勝ち取ろうという意識をもち、行動が伴うことです。

オフィスアワー 水 10:40~12:10 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、レポート作成支援


第1回 自然・環境・一次産業に関する研究報告①

夏休み政策課題の報告①②

第2回 自然・環境・一次産業に関する研究報告②

夏休み政策課題の報告③④

第3回 自然・環境・一次産業に関する研究報告③(課外実習)

八尾市経済環境部による「いきいき八尾環境フェスティバル」でのポスター報告(4グループ)および市民イベント運営実習

第4回 東大阪市における協働の街づくり政策①(ゲスト講師)

東大阪市職員、B地域リージョンセンター企画運営委員会による企画の説明

第5回 東大阪市における協働の街づくり政策②(課外実習)

「第3回瓢箪山歴史夢街道」地域活性化イベントの参加協力
 懇親会

第6回 政策研究①

八尾市の条例①

第7回 政策研究②

八尾市の条例②

第8回 政策研究③

東大阪市の条例①

第9回 政策研究④

東大阪市の条例②

第10回 政策論のフレームワーク⑦(輪読)

25.規制
26.行政指導
27.補助金
28.計画
29.実施体制
30.権限

第11回 政策論のフレームワーク⑧(輪読)

31,財源
32.広報
27.補助金
28.計画
29.実施体制
30.権限

第12回 政策論のフレームワーク⑨(実践)

グループ討論

第13回 政策論のフレームワーク⑩(輪読)

37.モラル・ハザード
38.セーフティネット
39.格差是正
40.政府の失敗
41.規制改革
42.PPP/PFI
43.公共サービス改革

第14回 政策論のフレームワーク⑪(輪読)

44.新しい公共
45.住民参画
46.PDCAサイクル
47.アセスメント
48.効率
49.費用便益分析
50.説明責任

第15回 政策論のフレームワーク⑫(実践)

課題論作文の答練(1200字)