トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営学特別演習Ⅱ
   Advanced Business Administration SeminarⅡ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 亀田 速穂(教授)
グレード
テーマ 経営戦略研究-経営戦略を実践例で学ぶ
キーワード 経営戦略,事業戦略,競争戦略,イノベーション,戦略実行
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 経営学特別演習Ⅰで学んだ広義・経営管理のうち、経営戦略に重点を置いて学修します。経営戦略は経営管理の研究の中でも最も重要な領域の1つです。なぜなら、企業の成長の道しるべを示すものが経営戦略に他ならないからであり、またどのような経営戦略を採用するかによって組織構造やマネジメント(狭義・経営管理)に影響を及ぼすからです。この科目では、富士フイルム、リクルート、旭化成、NTTドコモなど6社のケースを手がかりに経営戦略の実際について学修するとともに、授業の後半ではメンバー各自が設定したテーマについて企業研究を報告してもらいます。その報告をまとめて期末のレポートとします。
 この演習は、大学院進学希望者、専門資格取得希望者、将来のビジネスリーダーを目指す学生など、経営に関するより高度で専門的な知識を修得したい学生のための科目です。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2.経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。

この科目は「アドバンスト・エコノミクス・プログラム」におけるアドバンスト演習科目です。
学修の到達目標 企業経営においてなぜ経営戦略が重要か、経営戦略が組織構造やマネジメントのあり方にどのような影響を及ぼすか、企業の戦略変化のニュースに接してなぜそのような変化を目指すのか、どこに落とし穴があるか、どのような競合企業の対抗行動が予見されるか、その戦略行動が成功する可能性はどの程度かなどについて自分の意見を持ち、論理的に述べることができる。
授業の方法 テキストを輪読していきますが、クラス全体を3つのグループに分け、それぞれ報告・質問・司会の役割を分担します。報告グループは事前に発表レジュメを作成し、それに基づいて質問グループもレジュメを作成します。報告グループは質問に対してしっかりと応答することが求められます。レジュメの文章はクラスメンバーから点検を受けます。各章末の「実践のチェックポイント」を活用します。後半の授業では、各自が設定したテーマについて企業を選定し、研究報告をしてもらいます。
授業中に課した課題や発表に対しては、講評を行うことでフィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) 報告グループは事前に予習し、レジュメを作成すること。メディアが提供する経済・企業・社会の動向に注意し、できればそれらの出来事をデータとして記録・保存し、その動きの意味がどこにあるかを考えること。
テキスト・参考書 テキスト:日沖 健『ケースで学ぶ経営戦略の実践』作業能率大学出版部、2014年。
参考書:ヘンリー・ミンツバーグ『戦略サファリ』東洋経済、1999年。
成績評価の基準・方法 期末レポート(50%)、報告・質問(25%)、コメント・ペーパー(25%)
履修上の注意事項など 経営学特別演習Ⅰを履修すること。
この科目の履修にあたって (9) この科目の履修にあたって(学生へのメッセージ)
(800字以内) 重要だと思われることについては、多少細かいことでもアドバイスします。レジュメやレポートをまとめるにあたっては、断片的な知識の記述ではなく、論理の正しい展開(正しい話の流れ)に心がけてください。
オフィスアワー 木 16:20~17:50 教務課(C号館1階) 授業の質問、英語の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路、大学院進学(経営系)
火 14:40~16:10 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 現代企業と経営戦略

経営戦略展開の背景、基本アプローチ、優れた経営戦略、経営戦略のプロセスなどについて発表し、ディスカッションします。

第2回 発展を方向付ける

富士フイルムのケース、事業領域の確定、事業の成長と多角的展開、事業ポートフォリオの管理、シナジー効果などについて発表し、ディスカッションします。

第3回 優位なポジショニングを取る

SUUMOのケース、業界の競争要因、ファイブ・フォース分析、業界内での位置取り、地位別競争戦略、スタック・イン・ザ・ミドルなどについて発表し、ディスカッションします。

第4回 経営資源で優位に立つ

旭化成のケース、内部資源、組織能力、知識創造、競争戦略の選択、RBVなどについて発表し、ディスカッションします。

第5回 イノベーションを創造する

NTTドコモのケース、5つのイノベーション、イノベーションと競争条件の変化、イノベーション創造、オープンイノベーションなどについて発表し、ディスカッションします。

第6回 戦略実行のための組織とリーダーシップ

日産自動車のケース、戦略と組織の適合、経営資源の調達、バランスト・スコアカードなどについて発表し、ディスカッションします。

第7回 経営戦略の今日的課題

フィリップスのケース、新規事業開発、事業撤退、M&A、コーポレート・ガバナンスなどについて発表し、ディスカッションします。

第8回 グループAのレポート課題の選定と企業ケースの探索

グループAのメンバー各自が、どのようなレポート課題を選定すればよいか、またその課題に適合した企業をどのように探索するかについて発表し、ディスカッションします。

第9回 グループBのレポート課題の選定と企業ケースの探索

グループBのメンバー各自が、どのようなレポート課題を選定すればよいか、またその課題に適合した企業をどのように探索するかについて発表し、ディスカッションします。

第10回 グループCのレポート課題の選定と企業ケースの探索

グループCのメンバー各自が、どのようなレポート課題を選定すればよいか、またその課題に適合した企業をどのように探索するかについて発表し、ディスカッションします。

第11回 グループAのレポート内容の発表とフィードバック

グループAのメンバー各自が、設定した課題と企業ケースに基づいて、レポートの内容を発表し、ディスカッションします。各自の内容や方法について、教員がフィードバックを行います。

第12回 グループBのレポート内容の発表とフィードバック

グループBのメンバー各自が、設定した課題と企業ケースに基づいて、レポートの内容を発表し、ディスカッションします。各自の内容や方法について、教員がフィードバックを行います。

第13回 グループCのレポート内容の発表とフィードバック

グループCのメンバー各自が、設定した課題と企業ケースに基づいて、レポートの内容を発表し、ディスカッションします。各自の内容や方法について、教員がフィードバックを行います。

第14回 グループA・Bの作成したレポートの点検とフィードバック

グループA・Bが作成したレポートの内容や文章について、他のメンバーから具体的な意見やアドバイスを提示してもらいます。まとめとして、教員がフィードバックを行います。

第15回 グループB・Cの作成したレポートの点検とフィードバック

グループB・Cが作成したレポートの内容や文章について、他のメンバーから具体的な意見やアドバイスを提示してもらいます。
   まとめとして、教員がフィードバックを行います。