トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営学特別演習Ⅰ
   Advanced Business Administration SeminarⅠ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 亀田 速穂(教授)
グレード
テーマ 経営管理研究-経営管理に関する専門的知識の修得
キーワード 会社と経営,経営管理の発展,組織マネジメント,環境マネジメント,日本的経営
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  経営管理は「人に仕事をしてもらう」ためのマネジメント(狭義・経営管理)として生成しその内容を高度化しつつ今日に至っていますが、その発展過程で、仕事の部門編成を扱う組織構造論や事業の開発再編を問題とする経営戦略論を加えて発展してきました(広義・経営管理)。この科目ではこのような経営管理の幅広い発展を踏まえて、広義・経営管理の全体についてより深い理解を得ることを目的とします。報告をまとめて期末のレポートとします。
 この演習は、大学院進学希望者、専門的資格取得希望者、将来のビジネス・リーダーを目指す学生など、経営に関するより高度で専門的な知識を修得したい学生のための科目です。

履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2.経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。

 この科目は「アドバンスト・エコノミクス・プログラム」におけるアドバンスト演習科目です。
学修の到達目標 企業経営に関する専門書を読解することができ、メディアなどからえる企業の行動の意味するところを理解でき、企業経営に関する出来事について自分の意見を論理的に述べることができる。
授業の方法 テキストを輪読していきますが、クラス全体を3つのグループに分け、それぞれ報告・質問・司会の役割を分担します。報告グループは事前に発表レジュメを作成し、それに基づいて質問グループもレジュメを作成します。報告グループは質問に対してしっかりと応答することが求められます。レジュメの文章はクラスメンバーから点検を受けます。各章末の「調べてみよう」「議論しよう」を活用します。
授業中に課した課題や発表に対しては、講評を行うことでフィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) 報告グループは事前に次回の報告内容についてのレジュメを作成すること。メディアが提供する経済・企業・社会の動向に注意し、できればそれらの出来事をデータとして記録・保存するとともに、その動きの意味がどこにあるかを考えること。
テキスト・参考書 テキスト:上野恭裕・馬場大治『経営管理論』中央経済社、2016年。
成績評価の基準・方法 期末レポート(50%)、報告・質問(25%)、コメント・ペーパー(25%)
履修上の注意事項など 経営学特別演習Ⅱを履修すること。
この科目の履修にあたって この科目が皆さんにとって実り多いものになるかどうかは、皆さん自身の修学行動如何にかかっています。この演習は自分たちのものだという気持ちで、発表への十分な準備、活発な討論、論点の整理など積極的に取り組んでください。教員もできるかぎり一緒に応援します。
オフィスアワー 木 16:20~17:50 教務課(C号館1階) 授業の質問、英語の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路、大学院進学(経営系)
火 14:40~16:10 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 経営管理論とはどのような学問か

経営管理の歴史、管理職能、管理組織、経営管理領域の広がりなどについて発表し、ディスカッションします。

第2回 企業とはどのような存在か

企業と会社、会社形態、会社の機関、トップ・マネジメント職能、所有と経営の分離、経営者革命などについて発表し、ディスカッションします。

第3回 マネジメントの誕生

科学的管理法、人間関係論、現代マネジメントへの役立ちなどについて発表し、ディスカッションします。

第4回 組織マネジメントの展開

組織の定義、組織均衡論、限定合理性、道徳的創造性など、近代組織論の特徴について発表し、ディスカッションします。

第5回 モティベーション論

欲求理論、期待理論、内発的動機づけ、職務充実などについて発表し、ディスカッションします。

第6回 リーダーシップ論

リーダーシップの資質論、行動論、コンティンジェンシー理論、リーダーシップ開発論などについて発表し、ディスカッションします。

第7回 組織構造のマネジメント

組織と組織構造、組織形態、職能別組織、事業部制組織、マトリックス組織などについて発表し、ディスカッションします。

第8回 組織文化のマネジメント

組織文化、下位分化、強い文化、文化の変革などについて発表し、ディスカッションします。

第9回 経営組織の環境適応

経営環境、社会-技術システム論、有機的組織、分化と統合、組織構造のコンティンジェンシー理論などについて発表し、ディスカッションします。

第10回 レポート課題の選定

レポートにどのような課題を選べばよいか、大きすぎる課題、小さすぎる課題、資料の豊富な課題などについて発表し、ディスカッションします。

第11回 企業戦略のマネジメント

競争優位、業界構造分析、ケイパビリティ、低価格戦略、差別化戦略、集中戦略などについて発表し、ディスカッションします。

第12回 競争戦略のマネジメント

競争優位、業界構造分析、ケイパビリティ、低価格戦略、差別化戦略、集中戦略などについて発表し、ディスカッションします。

第13回 イノベーションのマネジメント

イノベーションの定義・発生・源泉・管理などについて発表し、ディスカッションします。

第14回 日本企業における人のマネジメント

日本的経営、三種の神器、人事制度、シングル・ステータス、チーム方式、新しい日本的経営などについて発表し、ディスカッションします。

第15回 レポート内容についての発表

レポートの内容について、その概略を発表し、ディスカッションし、フィードバックを行います。