トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 会計学特別演習ⅡA
   Advanced Financial Accounting Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 引地 夏奈子(准教授)
グレード
テーマ 財務会計の理論と応用
キーワード 財務会計,国際会計,簿記,公認会計士,税理士,国税専門官,大学院進学
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本演習では、公認会計士・税理士・国税専門官・大学院入試などに出題される財務会計領域の問題に必要な専門知識・能力の修得および高度化を目指します。会計法規集を活用し、個々の会計基準について理解を深め、そこに存在する問題点について議論をします。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この演習は、アドバンスト演習の1つであり、授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2.経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。

会計学特別演習は、会計専門職特別プログラムに対応した演習であり、会計理論に関する深い専門知識を備えた人材に必要な能力の獲得を目指します。
学修の到達目標 ・財務会計理論の各論点を学び、会計専門職試験合格に必要な専門知識を修得てきる。
・今後会計がどのような方向に向かうのかについて国際会計との比較を用いて説明できる。
・日本経済新聞を会計的視点から読むことができる。
授業の方法 指定したテーマに沿ってレジュメを作成し、報告者自身に講義をしてもらった後に、ディスカッションを行います。授業中1度は必ず発言をしてください。これらの知識定着の確認として、毎回テストを実施し、採点した上で返却します。また、授業最初に日本経済新聞の記事を読んでいきます。
授業外の学修(予習・復習等) 会計専門職等、難関資格合格は生半可な気持ちでは達成しえません。また、すべての会計基準を網羅しておく必要があります。授業外では自分の担当箇所のみならず、毎回扱うテーマに関して自主学修を行い、どこが理解できないかを明らかにしておいてください。また、演習後は必ず復習を行い、知識の定着を図ってください。
課外学修としては、1級取得終了まで、年2回、大原簿記専門学校主催の簿記大会に参加致します。
テキスト・参考書 演習内で適宜指示いたします。テキストは毎回の演習で使用しますので、必ず購入してください。
参考書:『新版会計法規集』(中央経済社、最新版)、伊藤邦雄『新現代会計入門』(日本経済新聞出版社、2016年)
成績評価の基準・方法 授業内での発言(40%)、授業中テスト(20%)、プレゼン内容(40%)によって総合的に評価します。また、無遅刻・無欠席を前提とします。
この科目の履修にあたって 演習を通して、将来の目標を同じとする友人をたくさん作って下さい。資格試験に対してモチベーション高く立ち向かうには、共に励まし合い切磋琢磨する仲間が必要です。今までの受講生は自主勉強会を行い、教え合い、とてもいい雰囲気の中で知識を深めてきました。学年関係なく、みんなで会計学を楽しみましょう。
オフィスアワー


第1回 自己紹介、今後の進め方についてのオリエンテーション

自己紹介、今後の進め方についてのオリエンテーション

第2回 会計の全体像、企業会計原則

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第3回 企業会計原則

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第4回 企業会計原則

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第5回 外貨換算会計

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第6回 研究開発費

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第7回 税効果会計

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第8回 減損会計

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第9回 自己株式

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第10回 1株あたり当期純利益

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第11回 役員賞与

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第12回 純資産の部

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第13回 株主資本等変動計算書

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第14回 事業分離

原則、会計基準の読み込み。処理面との繋がりを常に意識し、確実な理解を目指す。

第15回 春学期の振り返り

春学期の振り返り