トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経済史演習B
   Economic History Seminar B
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 大島 真理夫(教授)
グレード
テーマ 経済史学諸分野の重要論点(2)
キーワード オスマン帝国,東インド会社,アヘン戦争,幕藩体制,幕末開港,明治維新,企業勃興,日清・日露戦争,祭1次世界大戦,昭和恐慌
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 経済史関係の科目の履修者や、大学院進学を予定する学生に対し、経済史学の基礎的な重要概念を、整理して理解させることを目的とする。具体的には、経済史の理論、西洋経済史、アジア経済史、日本経済史など、幅広い各分野の重要な概念を、1回読み切りという形で、検討していく。「経済史演習B」では、主にアジア経済史および日本経済史の重要概念を取り上げる。授業のレベルは、初歩レベルではないが、けっして高度というわけではない。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 日々に変化する世界と日本の経済現象を正しく理解するためには、経済の歴史的な理解をもっていることが不可欠である。経済史学は、経済史の理論、世界や各地域の経済史について、多くの研究が蓄積されている。それらの蓄積のコアとなるべき重要な概念について、整理して理解しておくことは、現代の経済社会の激しい変化に対し、歴史的な見通しを提供するであろう。また、経済学部の各授業科目に学修にとっても、大きく貢献するであろう。
学修の到達目標 検討する重要概念について、基本的な理解を獲得することが目標である。また、経済史は、過去の経済について研究する分野であるが、重要な諸概念に関する理解は不変ではなく、時代の変化とともに、位置づけや焦点の当て方が変わっていくことも理解させる。過去の研究のなかには、すでに時代遅れとなったものも少なくない。履修者は、この授業を通じて、経済史という分野の「研究蓄積の森」に入っていくための「ガイドマップ」を獲得することになるであろう。
授業の方法 毎回、各概念について、経済学辞典、百科事典、ネットなどから、A4版で2~3ページ程度の解説をコピーし、当該のゼミの前の週に配布し、学生はそれを読んだ上で、ゼミに参加する。ゼミでは、各回の担当者が、テキストの内容紹介や論点提出を行う。参加者は、教員の補足説明を聞き、テキストに関する疑問や意見を出し合い、取り上げている重要概念の理解を深める。事前の資料配付や補助教材の提供は、イッツクラスを活用する。必要に応じて、プロジェクターで資料・写真などを映写する。
授業外の学修(予習・復習等) 報告担当者は、担当部分を紹介するために、A4版1~2枚の資料を作成する。報告担当以外の学生は、テキストをよく読み、理解しにくい点や、疑問点などをメモし、授業での発言の準備をしておく。インターネットでの情報検索を利用して、各回で取り上げられるテーマについて、関連の情報をキャッチし、自分の発言に生かすことが推奨される。
テキスト・参考書 毎回、事前に配布されるA4版数枚の資料が、テキストである。参考書・文献は、各回のゼミで指示される。
成績評価の基準・方法 毎回の提出物(40%)、期末レポート(60%)
履修上の注意事項など 経済、政治、社会など、社会科学と呼ばれる分野は、教室で授業を受けたり、自分で本を読んだりして勉強することも重要だが、毎日の暮らしの中で、現実に起こっていることを経験し、知ることも、非常に大事な勉強である。日常生活が、自然科学の実験室の中にいるようなものである。しかし、好奇心や興味を持たなければ、せっかくの貴重な「実験」も、その意味を理解できずに過ぎ去ってしまうであろう。ぜひ、日本や世界で起こっている問題に、「どうしてそうなるのか」という好奇心をもってほしい。
この科目の履修にあたって 英国の国民投票でのEU離脱決定や、アメリカでのトランプ大統領選出は、長い間、世界を「先進国」としてリードしてきた「西洋」が、自分たちも世界の中の「1つのローカル」な存在であることを宣言しているのかもしれない。とすれば、我々は世界史の大きな転換点に立っていることになる。時代の変化を注意深く見るためには、過去からの見通しが必要となるであろう。歴史の出番である。
オフィスアワー


第1回 第1部「国家」(1)

序論「フランス革命までの政治組織の発展」、第1章「政治的発展とは何か?」、第2章「発展の諸次元」

第2回 第1部「国家」(2)

第3章「官僚制」、第4章「プロシアは国家を建設する」、第5章「腐敗」

第3回 第1部「国家」(3)

第6章「民主主義誕生の地」、第7章「イタリアと低信頼均衡」

第4回 第1部「国家」(4)

第8章「パトロン制度と改革」、第9章「アメリカが縁故主義を発明した」

第5回 第1部「国家」(5)

第10章「猟官政治の終焉」、、第11章「鉄道、森林とアメリカの国家建設」

第6回 第1部「国家」(6)

第12章「国民形成」、第13章「よい政府、悪い政府」

第7回 第2部「外来の諸制度」(1)

第14章「ナイジェリア」、第15章「地理学」

第8回 第2部「外来の諸制度」(1)

第16章「銀、金、砂糖」、第17章「吠えなかった番犬」、第18章「清潔な国家」

第9回 第2部「外来の諸制度」(1)

第19章「アフリカの嵐」、第20章「間接的支配」、第21章「在来あるいは輸入された制度」、第22章「共通語」

第10回 第2部「外来の諸制度」(1)

第23章「アジアの強力な国家」、第24章「中国おける法への模索」

第11回 第2部「外来の諸制度」(1)

第25章「中国おける国家の再発明」、第26章「3つの地域」

第12回 第3部「民主主義」(1)

第27章「なぜ、民主主義が広まったのか」、第28章「民主主義への長い道」

第13回 第3部「民主主義」(2)

第29章「1848年からアラブの春まで」、第30章「中間階級と民主主義の将来」

第14回 第4部「政治の腐敗」(1)

第31章「政治の腐敗」、第32章「裁判所と政党の国家」、第33章「議会とアメリカ政治の再家父長制化」

第15回 第4部「政治の腐敗」(2)

第34章「アメリカの拒否権政治」、第35章「自治と服従」、第36章「政治の秩序と政治の腐敗」