トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マクロ経済学演習B
   Macroeconomics Seminar B
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 G・バルダス(教授)
グレード
テーマ 経済政策と成長理論
キーワード GDP,失業率,インフレ率,期待インフレ率,金融政策,財政政策,景気循環,経済成長,投資の意思決定,消費と貯蓄
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  マクロ経済学演習Bの主な目標は、「短期においてGDP、雇用、賃金、利子率などがどのようなメカニズムで決定されるか、どのような要因で変動するか、財政政策と金融政策が経済にどのような効果をもたらすか」、「長期において経済を成長させる要因は何か」についての理論と実証を勉強することです。この演習の授業計画は、日本経済の現状を理解し、諸問題の解決方法を導き、そして将来の見通しを予想するための必要な分析力や知識を得るために設計されています。特に就職が金融機関、貿易会社、研究機関、公務員、そして大学院進学などを目指す学生のための科目です。
 このアドバンスト演習では、経済の仕組みを専門的に勉強しながら、特に、景気の変動させる要因と長期における経済を成長させる要因の分析力、そして諸問題の解決方法の想像力を高めたいと思います。さらに、演習で扱う理論には数学的なアプローチも含まれ、数的処理能力も高め、大学院進学試験や公務員試験のマクロ経済学問題を解けるような基本的な能力を達成できるようになります。
履修条件 この演習を履修する前にマクロ経済学Iとマクロ経済学IIとマクロ経済学演習Aを修得した方が望ましいです。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この演習は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2.経済学を中心とする幅広い専門知識を身に付けている。

マクロ経済学演習Aは、経済学部のアドバンスト・エコノミクス・プログラムの科目の一つです。
学修の到達目標  マクロ経済学演習Bの主な目標は「短期におけるGDP、雇用、利子率、物価水準を決定させるメカニズムについての理論、そして長期における成長率の決定」について勉強して、最終的に学生が自立的に分析し説明でき、政策案を作成できるようになることです。この目標を達成するために、授業では以下のトピックスを理解する必要があります。
1) 日本経済の現状や将来の見通し
2) 古典派の経済学
3) AD-AS曲線モデル
4) 成長理論
5) 消費と投資の理論
授業の方法  授業では、各理論及び実証について勉強し、経済が陥る様々な状況を想像し、表れる問題を解決する方法について、学生と対話しながら、一緒に考えます。Power Pointを利用して、複雑である経済の仕組みを把握するために、経済を図表や数学モデルによって表して説明し、結論を導きます。そして、同様な状態に変化があれば、どうなるかについての「練習問題」を解きます。この演習は基本的に少人数のクラスであり、必要があれば個人的に練習問題の解き方を教えることもできます。
 学生も自分で練習問題を解いて提出します。提出された練習問題を毎週、採点して、取得された点数をIT’sClassにアップするので、学生が確認できます。100点満点以下の場合、再提出できます。提出された練習問題のなか、特に、大事な誤りがあれば、次の授業で同タイプ問題を解説して、フィッドバックします。
授業外の学修(予習・復習等)  必要に応じて、学生が自由に予習・復習をしてもらいます。授業で行う課題を完成できなかった場合、宿題として終らせることもできます。
 ただし、大学院進学試験や公務員試験を受けたい学生はこの演習の単位を修得することに加えて、自立的に、より深く練習することが望ましいです。
 さらに、出来るだけ毎日インターネット上でも日本と世界のニュースを読むことが望ましいです。
テキスト・参考書 必要なプリントを配布します。
参考書:入門マクロ経済学、第5版、中谷巌
成績評価の基準・方法 試験がありません。学生の演習における積極的な参加と練習問題(授業で行う練習問題と宿題)を総合的に考慮して以下のように評価します。

点数の合計=授業の積極的な参加の点数+練習問題の点数

(100点満点)

単位取得条件は以下の通りです。

1)授業の積極的な参加の点数(40点満点):24点以上
2)練習問題の点数(60点満点):36点以上
履修上の注意事項など  マクロ経済学演習Bを履修する前に、「マクロ経済学I」と「マクロ経済学II」と「マクロ経済学演習A」の単位を修得することが望ましいです。
この科目の履修にあたって  マクロ経済学演習Bはアドバンスト演習であり、基礎的な数学の能力が必要です。マクロ経済学やミクロ経済学で扱う数学レベルがある学生はこの演習に困ることはありません。 
 授業内容などで分からないことがある場合、授業以外の「オフィスアワー」でもその他の時間でも、対応できます。
オフィスアワー 火曜日 14:45~15:45 八尾駅前キャンパス4階相談ラウンジ
大学院進学、経済学の基礎、英語の基礎、数学の基礎


第1回 インフレの期待形成

インフレについての3つの期待形成を勉強する。①適応期待形成②静学期待形成③合理的期待形成

第2回 AS曲線の導出

①固定賃金②錯覚モデルという2つの仮説による労働市場の均衡曲線を表すASの導出を勉強する。

第3回 AD曲線の導出

財・サービス市場と貨幣市場の同時均衡を表すAD曲線を勉強する。

第4回 AD-ASモデルの均衡分析

AD-AD曲線モデルによる均衡の決定と政策の効果を勉強する。

第5回 線形AS-ADモデルによる均衡の計算

AS曲線もAD曲線も線形であった場合、一般均衡がどのように計算されるかを勉強する。

第6回 線形AS-ADモデルによる政策の効果の計算

AS曲線もAD曲線も線形であった場合、政策の効果がどのように計算されるかを勉強する。

第7回 フィリップス曲線とベブァリッジ曲線

失業とインフレ率と期待インフレ率の関係を勉強する。求人倍率と失業率の関係を勉強する。

第8回 成長率と成長会計

GDPの成長率と技術進歩と労働人口成長率と資本蓄積の増加率の関係を勉強する。

第9回 新古典派の成長理論

新古典派の成長モデルでは、経済が定常状態に収束して、技術進歩や貯蓄率の増加がない限り、一人当たりの所得が成長しなくなるという大事な概念を勉強する。

第10回 新古典派による定常状態の消費の最大化など

定常状態における消費の最大化問題を勉強する。

第11回 成長理論のAKモデル

生産技術や知識が経済で広がっていくと、成長経路がどうなるかについてのAKモデルを勉強する。

第12回 成長と失業:ハロッド-ドーマーモデル

失業が存在する成長理論を勉強する。

第13回 消費の理論

短期と長期の消費関数理論を勉強する。

第14回 投資の理論

Tobinのqなどの投資理論を勉強する。

第15回 日本経済の現状と将来の見通し

14回の授業で勉強したことを利用して、日本の経済のデータを分析しながら、経済の現状や将来の見通しを予想する練習をする。