トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ミクロ経済学演習A
   Microeconomics Seminar A
授業科目区分
経済学部専門教育科目・アドバンスト演習
担当者 朱 東平(教授)
グレード
テーマ 完全競争と資源配分(1)
キーワード 需要,供給,効用関数,無差別曲線,予算制約,所得効果,代替効果
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  この演習では、ミクロ経済学の基礎理論を中心に勉強していきたいと思います。
この演習で扱う内容は、大学院入試、公務員試験や経済学検定試験(ERE)などに出題される問題を解くために最低限必要な知識をカバーしています。「キーワード」にも挙げている需要、供給、効用関数、無差別曲線、予算制約、所得効果、代替効果などについて学修していきます。公務員、あるいは大学院生として必要なミクロ経済学に関する知識を身につけることを目的としています。授業のレベルは、ある程度難易度の高いものになります。

履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この演習は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2.経済学を中心とする幅広い専門知識を身に付けている。

 また、この演習は、「アドバンスト・エコノミクス・プログラム」のアドバンスト演習の1つです。とくに「応用ミクロ経済学演習A」「応用ミクロ経済学演習B」を履修するためには、この演習の内容は必要不可欠なものになります。
学修の到達目標  授業の到達目標を以下のように設定します。
1.ミクロ経済学の基本的な考え方を理解することができる。
2.大学院入試、公務員試験(地方上級、国家Ⅱ種など)や経済学検定試験(ERE)の問題を解くことができる。
授業の方法  この演習の運営方法は以下の通りです。まず、教員が予習範囲を指定し、受講生がそれに従って予習を行います。授業では、教員は要点の整理と難点の解説を行い、質疑応答を行った後に、練習問題について指導します。優秀な予習ノートについては、授業中に紹介します。
 学修ポートフォリオの「マイノート」に宿題とその修正を保存してもらうことがあります。また、授業中は必要に応じて電子黒板を使うことがあります。


授業外の学修(予習・復習等)  指定したテキストの内容を事前に読んでおくとともに、宿題に取り組み、学修した内容が定着できるように努めてください。
 授業で出す宿題を含め予習や復習には各々最低でも2 時間以上をかけるようにしてください。
テキスト・参考書  以下のテキストを使用します。毎回の授業でテキストを参照するので、必ず購入してください。
 井堀利宏『入門ミクロ経済学 第2版』新世社、2004年.
成績評価の基準・方法  筆記試験は行いません。授業期間中の課題(60%)と期末レポート(40%)で総合的に評価します。


履修上の注意事項など  この演習は、定員を超過していなくても、選考する場合があります。また、受講生はとくに以下の点に留意してください。
1.「経済数学Ⅰ」「経済数学Ⅱ」の単位を事前に修得すること。あるいは、同等の数学力を身に付けておくこと。
2.この授業を履修した後に、「応用ミクロ経済学演習A」「応用ミクロ経済学演習B」を受講すること。
この科目の履修にあたって  この演習で修得した知識を定着させるためには、事前に予習することと、演習問題を自力で解くことが重要です。予習や授業中の問題演習などに積極的に取り組んでください。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 ガイダンス

 担当教員を含むゼミ参加者全員の自己紹介を行います。
 授業内容や運営方法を説明し、参加者の意思統一をはかります。(学生の希望に応じて、以下の内容を変更することもありうる)
 次回以降、参加者は事前に、必ず読書ノートを取りながら予習を行ってください。

第2回 需要と供給(1)

需要曲線と供給曲線について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「弾力性」について予習しておいてください。

第3回 需要と供給(2)

弾力性について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「市場価格の決定」と「市場への介入」について予習しておいてください。

第4回 需要と供給(3)

市場価格の決定と政府による市場への介入について説明します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「効用関数」について予習しておいてください。

第5回 消費の理論(1)

効用関数について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「予算制約」について予習しておいてください。

第6回 消費の理論(2)

予算制約について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「無差別曲線」について予習しておいてください。

第7回 消費の理論(3)

無差別曲線について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「主体的均衡点」について予習しておいてください。

第8回 消費の理論(4)

主体的均衡点について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「所得効果」と「代替効果」について予習しておいてください。

第9回 消費の理論(5)

所得効果と代替効果について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、需要曲線の性質について予習しておいてください。

第10回 消費の理論(6)

需要曲線の性質について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「労働供給」について予習しておいてください。

第11回 消費理論の応用(1)

労働供給について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「消費と貯蓄の選択」について予習しておいてください。

第12回 消費理論の応用(2)

消費と貯蓄の選択について勉強します。
次回までは、今回の授業内容を復習したうえで、「不確実性と顕示選好」について予習しておいてください。

第13回 消費理論の応用(3)

不確実性と顕示選好について勉強します。

第14回 質疑応答

質疑応答を行います。

第15回 まとめ

授業全体を総括します。