トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 北島 孝博(准教授)
グレード
テーマ 金融・経済データ分析に関する卒業研究に取り組む
キーワード 卒業研究,データ分析,実証分析,金融経済,株式,財務,為替レート
開講年度
2018
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  この演習では、主に金融・経済データ分析に関する卒業研究計画書に基づいて、卒業研究を完成させることを目的とします。演習Ⅱで学修したきた統計ソフトウェア「R」のプログラミングやデータ分析のスキルを皆さんの興味関心のあるテーマに応用し、データに基づく証拠 (エビデンス) を提示できるところまで目指します。演習ⅢBでは、卒業論文または卒業レポートの提出が必須となりますので、データの収集・分析と合わせて、執筆活動にも力を入れて進めていきます。また、大学4年間の集大成としての卒業研究の成果をプレゼンテーション発表して頂きます。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この演習は、経済学部専門教育における4年生が受講できる演習科目です。金融・経済データ分析の応用として位置づけられ、特に情報活用能力と課題解決能力が身につけます。統計ソフトウェア「R」のプログラミングやデータ分析のスキルを主体的に学んでいき、将来のキャリアに必要な能力を身につけていきます
学修の到達目標 ①金融・経済データ分析に関する卒業研究計画書に基づき、卒業研究を完成させる。
②卒業研究の成果をプレゼンテーションで発表できる。
授業の方法 ①金融・経済データ分析に関する卒業研究計画書に基づき、卒業研究の作成に取り組んでもらいます。また、論文の書き方を指導します。
②演習時間中は、情報端末 (パソコン) を使用し、卒業研究の完成に向けたデータの分析などに取り組んでもらいます。
③PowerPointを活用したプレゼンテーションで卒業研究の成果を発表してもらいます。また、教員によるコメント (発表内容に加えて、発表の仕方も含める) や学生同士によるフィードバックも実践していきます。
授業外の学修(予習・復習等) この演習で使用する統計ソフトウェア「R」は、誰でも無料で自由に使うことができ、自宅のパソコンで課題などに取り組むことができます。「R」の操作スキルを身につけるためには、とにかくたくさん「R」を動かすことに尽きます。そのため、演習時間以外でも積極的に「R」を使用することを推奨します。また、普段から新聞記事やニュースに示されるデータに関心を持ち、どのようなデータを扱ってみたいか、自分ならこういう分析をしてみたいといったことを日々考えておくことが大切です。
テキスト・参考書 テキストや参考書ついては、ゼミで紹介します。各自の研究テーマに基づいて活用してください。また、配布資料などは研究室ホームページに掲載した上で、必要に応じて配布します。
成績評価の基準・方法 学修の到達目標の達成度を評価基準とし、卒業研究 (卒業論文または卒業レポート) (70%程度)、卒業研究に関する最終報告 (30%程度) から総合的に評価します。できるかぎり全回出席を目指して頑張ってください。
この科目の履修にあたって 就職活動と卒業研究の両立は、非常に大変だと思いますが、どちらも成果を出し、悔いのない大学生活を送って頂きたいと思います。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

卒業論文に向けた進捗状況を確認し、今後の研究活動計画について検討する。

第2回 卒業論文の中間発表(1)

卒業論文の完成に向けた中間発表を行って頂く。

第3回 卒業論文の中間発表(2)

卒業論文の完成に向けた中間発表を行って頂く。

第4回 卒業論文の中間発表(3)

卒業論文の完成に向けた中間発表を行って頂く。

第5回 卒業論文の進捗報告と執筆指導(1)

卒業論文の完成に向けて、内容や進捗状況を報告して頂き、指導を受ける。

第6回 卒業論文の進捗報告と執筆指導(2)

卒業論文の完成に向けて、内容や進捗状況を報告して頂き、指導を受ける。

第7回 卒業論文の進捗報告と執筆指導(3)

卒業論文の完成に向けて、内容や進捗状況を報告して頂き、指導を受ける。

第8回 卒業論文の進捗報告と執筆指導(4)

卒業論文の完成に向けて、内容や進捗状況を報告して頂き、指導を受ける。

第9回 卒業論文の進捗報告と執筆指導(5)

卒業論文の完成に向けて、内容や進捗状況を報告して頂き、指導を受ける。

第10回 卒業論文の発表会(1)

卒業論文の発表会を実施する。

第11回 卒業論文の発表会(2)

卒業論文の発表会を実施する。

第12回 卒業論文の発表会(3)

卒業論文の発表会を実施する。

第13回 卒業論文の発表会(4)

卒業論文の発表会を実施する。

第14回 卒業論文の発表会(5)

卒業論文の発表会を実施する。

第15回 まとめ

1年を振り返り、総括を行う。