トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 引地 夏奈子(准教授)
グレード
テーマ 会計学の応用(卒業研究の作成)
キーワード 財務会計,管理会計,税務会計,監査論,財務分析
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 今までの学修を通じて得た様々な会計学に関する問題意識をもとに、卒業研究の作成を進めます。財務会計、管理会計、監査論、税務会計等、各自興味のある分野からテーマを決定し、資料・文献の収集と整理を進め、同時に大まかな論文構成を決定することを目標とします。
卒業研究は、その内容が優れていることは当然のことながら、同時に文献の引用方法、参考文献の記載方法等、さまざまな形式的要件を満たす必要があるので、学術論文にふさわしい書き方を習得します。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この演習は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

1.数的処理能力、情報活量能力とともに幅広い教養を身につけている。
2.経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
学修の到達目標 ・会計学分野において関心のあるテーマについて、説明できるようになること。
・4年間の集大成としての卒業研究を完成させること。
・卒業研究の書き方・作法を身に付けること。
授業の方法 4年間の集大成としての卒業研究作成のため、各回数名ずつ進捗度の報告プレゼンを行います。
卒業研究について適宜提出をして下さい。その翌週にはコメントをつけてフィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) 各自、卒業研究のテーマに対して真摯に向き合い、日々情報収集、内容の精査に努めてください。
テキスト・参考書 テキスト:各自の卒業研究のテーマに合致した文献・資料等
参考書:『会計学の研究方法』マルコム・スミス (著)、平松 一夫 (監修)、2015年、中央経済社。
成績評価の基準・方法 授業内での発言(40%)、レポート提出(30%)、プレゼン内容(30%)によって総合的に評価します。遅刻・居眠り等の受講態度、無断欠席に対しては、厳しく評価します。
履修上の注意事項など ・積極的に議論に参加してください。
・ゼミ行事に積極的に参加してください。
・就職活動・資格試験、卒業レポート全てにおいて全力で取り組んでください。健闘を祈ります。
この科目の履修にあたって 就職活動・資格試験と多忙になりますが、各自しっかりとスケジュールの調整をすること。欠席する場合は必ず連絡をして下さい。全員で切磋琢磨しあい、残りの大学生活を悔いのない、充実したものにしましょう。
オフィスアワー 木 9:00~10:30 相談ラウンジ(八尾4階) キャリアと進路(会計職)、大学院進学(会計系)
金 14:40~16:10 花岡コモンズ 


第1回 夏休みの振り返り、秋学期の目標設定

夏休みの振り返り、秋学期の目標設定

第2回 卒業論文中間発表会

卒業論文等中間発表会を実施する。

第3回 卒業論文中間発表会

卒業論文等中間発表会を実施する。

第4回 卒業論文中間発表会

卒業論文等中間発表会を実施する。

第5回 卒論執筆指導

各自に卒業レポート・卒業論文執筆指導を行う。

第6回 卒論執筆指導

各自に卒業レポート・卒業論文執筆指導を行う。

第7回 卒論執筆指導

各自に卒業レポート・卒業論文執筆指導を行う。

第8回 卒論執筆指導

各自に卒業レポート・卒業論文執筆指導を行う。

第9回 卒論執筆指導

各自に卒業レポート・卒業論文執筆指導を行う。

第10回 卒論発表会

卒業レポート・卒業論文の発表会を実施する。その後適宜修正を行う。

第11回 卒論発表会

卒業レポート・卒業論文の発表会を実施する。その後適宜修正を行う。

第12回 卒論発表会

卒業レポート・卒業論文の発表会を実施する。その後適宜修正を行う。

第13回 卒論発表会

卒業レポート・卒業論文の発表会を実施する。その後適宜修正を行う。

第14回 卒論集作成

卒業レポート・卒業論文の提出および卒業論集作成。

第15回 1年の総括

1年の総括