トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 谷花 佳介(准教授)
グレード
テーマ これまでの学習成果を総括する
キーワード アメリカ経済,経済構造,経済政策,情報化経済,IT革命,情報産業
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  本演習は「演習Ⅱ」を発展させたものとして位置付けれられ、四年間ないしは二年間の学修成果を完成させるものとして位置付けられます。具体的には、学生自身が完成させるべきテーマ(上記キーワードに関する内容が望ましい)を選択し、そのことについて教員の指導を受ける形となります。
 すなわち、演習を通じ身に着けたことをベースにして、同時に各自のテーマに沿って学修していくことで、自らの興味・関心を問題意識へと昇華させ、そこから課題設定ー学修の方向性の決定ー考察ー分析へと進んでいくことをねらいとしています。教員はこのプロセスを進める上での助言、アドバイスを必要に応じて行います。
履修条件  いうまでもなく「演習Ⅱ」を履修していること、ならびに自らが学修し、かつ解明したい問題意識を持っていることが履修条件となります。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  本演習は、卒業要件に含まれる卒業論文の完成を目指すものとして位置づけられる。
学修の到達目標  本演習では、卒業論文あるいは卒業レポートに取り組むことを通して、「調査」し、自分の考えを「まとめ」、それを「書き上げる」力をやしない。さらに成果を他者に「話す」ことで、自分の考えを「伝え」、成果をあげることを目標とします。つまり「調査能力」と「報告能力」の養成をねらいとしています。

本演習の具体的な到達目標は以下の通りです。
・研究計画書を作成することで、自らの研究課題について設定、明確化することができる。
・自らが設定した研究内容について、的確な文献資料を抽出し調査分析を実行することができる。
・上記のプロセスを経て得られた結果を、自分の考えとしてまとめることができる。
・さらに、自分の考えを卒業論文・卒業レポートの形で明確化しまとめることができる。
授業の方法  卒業研究指導が中心となります。
具体的には、学生の報告―教員の指導というプロセスをとりますが、①論文の書き方の指導、②研究計画書(テーマ設定・問題意識および課題の設定・章別編成・参考文献リスト)の作成、③学生による研究の推進、④論文執筆 等を中心に指導を行い、⑤論文執筆・完成 という流れで演習を進めていくこととします。
授業外の学修(予習・復習等)  卒業論文完成を前提とした研究指導であるので、教員指導以外の積極的な学修がなければ到達目標の達成は困難であろう。
テキスト・参考書  必要に応じ指示します。
成績評価の基準・方法  演習への参加・貢献度(50%)、研究の進捗状況(50%)。
履修上の注意事項など  本演習では課外での学修が重要である。主体的な学修態度で、論文執筆および演習に臨むこと。
この科目の履修にあたって  卒業研究は、学力のみならず計画性、忍耐力、主体性が必要となる。したがって、これら卒業研究に必要とされる能力を意識して研究に取り組んでほしい。
オフィスアワー 木 13:30~14:15 花岡コモンズ 授業の質問


第1回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第2回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第3回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第4回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第5回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第6回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第7回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第8回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第9回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第10回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第11回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第12回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第13回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第14回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。

第15回 研究指導

設定した研究課題について学生が報告し、それを受けて教員が指導を行う。