トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 鎌倉 健(教授)
グレード
テーマ 卒業論文(主に地域経済の再生について)にとりくむ
キーワード 内発的発展,絆と公民連携,地域の「宝」探し,サスティナビリティ(持続可能性),地域産業政策,主体形成
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 グローバル経済の進展により、「生活の場としての地域」と「資本の活動単位としての地域」の対立関係が深まる一方で、地域経済の再生をめぐって、地域のもつ潜在的な力、いわば地域の「宝さがし」を軸とした内発的発展の可能性にむけた先駆的な実践が各地で行われている。こうした現状と課題について調査研究するとともに、市民1人ひとりが輝ける地域となるためにはどのようにすれば可能か、そのための政策的課題は何か、などについて考える。
とくに演習ⅢAでは、これまで学んできたことを踏まえながら、自らの興味関心を整理抽出し、それぞれの研究テーマを設定する。そして、各自が自らのテーマにそって関係資料の収集分析を進めつつ独自調査等にとりくみ、卒業論文として纏め完成させることを目的とする。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 演習ⅢBでは、これまで学んできたことをベースに、各自がそれぞれの問題意識にもとづき卒業論文を纏めることをめざす。そのため、地域経済学はもとより関連する科目、たとえば都市経済論や中小企業論、さらには地域政策論等について履修済みであることが求められる。すなわち、①本科目は地域経済学を学ぶうえで入門的な科目であると同時に、経済学を中心としながら経営学、財政学等幅広い専門知識を身に付けることができる(DP2)②経済学の応用領域として地域社会の経済問題を具体的に理解し、その解決の方法を考える力を身に付けることができる(DP3)③本科目はより実践的な科目であるため、他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身に付ける(DP4)機会となる。
学修の到達目標 演習ⅢBでは、各自がそれぞれの問題意識にもとづきテーマを設定したうえで、関係する資料収集や独自調査に取り組みつつ、卒業論文として纏めることを目標とする。
そのためにも、論文作成に関わる基本的スキルの形成、具体的には関係する資料収集能力や調査分析能力の形成とともに、論文を書き上げるための基本的なスキルとしての文章能力を身に付けることで、将来のキャリア形成、とりわけ公務員(行政職)採用試験に際して役立つようことを目標とする。
授業の方法 演習ⅢBでは卒業研究および卒業論文の作成を指導する。そのためにも、日常のとりくみ自体は各自(ないしは各グループ)がそれぞれごとに進めることを基本とするが、随時、中間段階で各自(ないし各グループ)ごとに進捗状況を報告するとともに、その内容や方法等についての疑問や意見および感想等を出し合いながら双方型のアクティブラーニングを取り組む中で相互に切磋琢磨する。加えてその都度、結果をフィードバックすることを通じてゼミの参加者全員がより完成度の高い卒論が纏められるようにゼミ運営を進める。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回、演習で取り組む内容や調査・分析することについて事前に準備および予習するとともに、演習後は指摘された問題点や課題または議論した内容や調査・分析した結果等について復習し、自身の研究活動に結び付け学修を継続すること。
テキスト・参考書 各自ないしは各グループごとに必要に応じて適宜、紹介する。

参考書 神野直彦『「人間国家」への改革』NHKブックス、2015年
成績評価の基準・方法 ゼミでの報告や討論への積極性や貢献度およびレジュメ(パワーポイント)や報告内容の完成度、さらにはゼミ運営に対する協調性や献身性、リーダーシップ等総合的に勘案し評価する。具体的には報告レポート(30%)コメントペーパー(20%)期末レポート(50%)とする。
履修上の注意事項など 卒業論文を纏めるうえで、レポート作成時とは比較にならないほどの困難がともなうが、初心貫徹の心構えで最後まで諦めることなく「粘りとがんばり」で、ぜひとも全員が完成までこぎ着けること。私も可能な限りサポートをする所存である。
この科目の履修にあたって 困難が想定される卒業論文の作成と就職活動を両立することが求めらるため、まず、卒論作成に向けてしっかりとした計画を立てること。そしてそれに基づき計画的に調査研究および論文作成を進めること。そのためにも努めてゼミには毎回出席をし、双方の現況について絶えず交流・共有化を図り、適宜、指導・助言を受けること。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、レポート作成支援


第1回 ガイダンス

授業の目的と進め方、および成績評価とともに、卒論のまとめ方について再度説明する。

第2回 調査分析と第一次報告④

調査分析した内容を報告し、指導を受ける。

第3回 調査分析と第一次報告⑤

調査分析した内容を報告し、指導を受ける。

第4回 調査分析と第二次報告①

調査分析した内容を計画書と比較しつつ報告し、指導を受ける。

第5回 調査分析と第二次報告②

調査分析した内容を計画書と比較しつつ報告し、指導を受ける。

第6回 調査分析と第二次報告③

調査分析した内容を計画書と比較しつつ報告し、指導を受ける。

第7回 調査分析と第二次報告④

調査分析した内容を計画書と比較しつつ報告し、指導を受ける。

第8回 調査分析と第二次報告⑤

調査分析した内容を計画書と比較しつつ報告し、指導を受ける。

第9回 卒業論文の報告①

卒業論文の進捗状況およびその内容を報告し、指導をうけ完成をめざす。

第10回 卒業論文の報告②

卒業論文の進捗状況およびその内容を報告し、指導をうけ完成をめざす。

第11回 卒業論文の報告③

卒業論文の進捗状況およびその内容を報告し、指導を受け完成をめざす。

第12回 卒業論文の報告④

卒業論文の進捗状況およびその内容を報告し、指導を受け完成をめざす。

第13回 卒業論文の報告⑤

卒業論文の進捗状況およびその内容を報告し、指導を受け完成をめざす。

第14回 卒業論文の報告➅

卒業論文の進捗状況およびその内容を報告し、指導を受け完成をめざす。

第15回 まとめ

今学期のまとめを行う。