トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 髙橋 慎二(教授)
グレード
テーマ 卒業研究(主に中小企業・地域経済分野)に取り組む
キーワード 中小企業,二重構造,下請制,産業集積,ネットワーク,技能承継,事業承継,商店街,地域経済,人材問題
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  日本の事業所数の約99%は中小企業であり、まさに中小企業が日本経済を支えていると言って良いでしょう。当ゼミでは、中小企業を通して地域経済と企業経営の発展のために何が必要かについて考えていきます。
 演習Ⅲは上級に位置づけられます。今までゼミを通して学んできたことを活かして、また、これから学修していくことも含めて、自らの興味・関心をベースに問題意識を整理し、そこから研究テーマを抽出し課題設定へと進め、理論分析・実証分析へと展開していきます。そこでは、自らの意見を提言することにも挑戦します。最終的に研究成果を卒業論文としてまとめ提出することを目指します。この活動がメインです。
一方、当演習クラス(髙橋研究室)は八尾市から支援を受け、2013年度より八尾市の産業振興・まちづくりに寄与する調査研究を推進しています。さらに2016年度からは、八尾市産業振興会議の委員らが母体となって進めている異業種交流活動にも本格的に参画し、商工連携のまちづくりにかんする調査研究を展開させています。下級生(演習Ⅰ・Ⅱクラス)がこれらのプロジェクトを実践していくメイン活動者になりますが、これまでの経験と知見を通して演習Ⅲクラス生は、適宜アドバイスやフォローをすることにより、調査研究活動の円滑化に貢献して下さい。
 また、当演習クラスは、中小企業経営者の団体である大阪府中小企業家同友会とこれまで連携を深めてきており、課外に八尾駅前キャンパスで開催される経営者の勉強会(例会)に学生ゲストとして議論に参加し、生きた経済・経営を直接学ぶ機会が与えられるなど、豊富な学修メニューが用意されます。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、卒業認定・学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
 2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
 3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
 4. 他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている。

この科目は、教育課程編成・実施の方針(CP)に定める、以下に該当します。
 6.カリキュラム体系
 (2) 専門教育科目
 5. 自分の興味・関心、将来の進路志望に合わせて経済学分野から選択できる専門演習(ゼミナール)を2年次から各年次に配置し、履修できるようにする。
学修の到達目標 ・自ら研究課題について設定(研究計画書の作成)することができる。
・自ら調査分析を計画し実行することができる。
・調査分析してきた結果をまとめることができる。
・研究成果を卒業論文としてまとめることができる。
授業の方法  メイン活動は卒業研究指導になります。①論文の書き方の把握、②研究計画書(テーマ・問題意識・課題設定・章別編成・参考文献リスト等)の作成、③研究の推進、④論文執筆・完成、という流れで進めます。この各段階では、①学生(グループ)による研究活動、②プレゼンテーション(主にレジュメによる)、③全体討論、④教員による総括、という一連の流れが含まれます。卒業研究は、単独ないしグループを編成して取り組むことが考えられます。また、長期戦になる研究に中間目標を持つことが大切となるため、学生研究発表大会等での報告を推奨します。
 また、2年生・3年生が取り組んでいる調査研究等に対して適宜参画し、アドバイスを与えるなど後輩を育てること、また、現地調査などの課外活動や地域・企業の方々と交流する機会が出てきますが、こうした取り組みにも自主的に参加する姿勢が求められます。
授業外の学修(予習・復習等)  グループ・個人に与えられた課題について、ゼミの時間だけで仕上げるには時間的制約があるため、事前に課外での研究活動が必要になります。さらに、指摘された点等について事後にフォローする研究活動も必要となります。
 また、現地調査などの課外活動、地域や企業の方々との交流の機会も多くあり、これらもゼミの学修の一貫として、積極的に参加することが求められます。
テキスト・参考書  テキストの指定はしません。適宜、資料プリントを配布します。さらに、参考になる図書・雑誌、論文、資料については随時案内します。これらは研究段階で活用してください。
 ここでは、中小企業論に関する最もポピュラーな図書を紹介します。
渡辺幸男他著『21世紀中小企業論(第3版)』、有斐閣、2013年。
髙田亮爾他著『現代中小企業論(増補版)』、同友館、2011年。
成績評価の基準・方法  パワーポイントやレジュメの内容、報告の仕方、議論・研究への貢献、課外活動への参加などの総合評価(70%)、各自の研究成果をまとめたレポート・課題(30%)により成績評価します。研究成果等は、学修ポートフォリオ「マイノート」への提出・蓄積を求めます。
履修上の注意事項など  ゼミでは無断欠席等、絶対にしないこと。主体的かつ協調的な活動姿勢が求められます。
この科目の履修にあたって  ゼミで真剣に研究したいと考えている学生の受講を期待しています。ゼミは、少人数で教員とゼミ生が直接交流することができる数少ない機会です。ゼミで知り合った友人は、大学時代はもちろん、卒業後も友人であり続けます(私の場合もそうです)。単に勉強する場だけではなく、学生生活、そして社会人になってからも含めて、皆さんが有意義に過ごすことができるようにゼミを活用して下さい。私も微力ながら応援します。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、レポート作成支援、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学


第1回 ガイダンス

授業の目的・目標、授業の進め方・受け方、成績評価などについて、授業計画の詳細とともに説明します。なお、最新のトピックスの盛り込みや受講生の理解度に応じて、内容や進度に変更が生じる場合があります。

第2回 研究計画書の作成と報告、指導①

研究計画書の作成(1)
研究計画をより具体化したものを準備(研究計画書の作成)、報告、指導を受ける。「シート」の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第3回 研究計画書の作成と報告、指導②

研究計画書の作成(2)
研究計画をより具体化したものを準備(研究計画書の作成)、報告、指導を受ける。「シート」の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第4回 研究計画書の作成と報告、指導③

研究計画書の作成(3)
研究計画をより具体化したものを準備(研究計画書の作成)、報告、指導を受ける。「シート」の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第5回 研究計画書の作成と報告、指導④

研究計画書の作成(4)
研究計画をより具体化したものを準備(研究計画書の作成)、報告、指導を受ける。「シート」の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第6回 研究計画書の作成と報告、指導⑤

研究計画書の作成(5)
研究計画をより具体化したものを準備(研究計画書の作成)、報告、指導を受ける。「シート」の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第7回 研究計画書の作成と報告、指導⑥

研究計画書の作成(6)
研究計画をより具体化したものを準備(研究計画書の作成)、報告、指導を受ける。「シート」の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第8回 卒業論文執筆状況の報告、指導①

卒業論文作成指導(1)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第9回 卒業論文執筆状況の報告、指導②

卒業論文作成指導(2)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第10回 卒業論文執筆状況の報告、指導③

卒業論文作成指導(3)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第11回 卒業論文執筆状況の報告、指導④

卒業論文作成指導(4)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第12回 卒業論文執筆状況の報告、指導⑤

卒業論文作成指導(5)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第13回 卒業論文執筆状況の報告、指導⑥

卒業論文作成指導(6)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第14回 卒業論文執筆状況の報告、指導⑦

卒業論文作成指導(7)
研究成果を卒業論文としてまとめ随時報告し、指導を受ける。論文の作成等、予習として事前に準備するとともにゼミの時間での実践・発表・ディスカッション、さらに事後に復習と次回に向けた予習に取り組む。

第15回 秋学期のまとめ

これまでの研究内容を総括する。