トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 崔 潤鎔(教授)
グレード
テーマ 現代企業の構造、戦略、文化
キーワード 組織構造(Organizatioal Structure,戦略行動(Strategic Behavior),企業文化(Corporate Culture)
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  ビジネス・マネジメント・コースの専門演習である。演習Ⅱと演習Ⅲの専門演習はもちろん、経営管理論をはじめとする経営学の専門科目の履修に手助けとなる内容として構成される。現代企業の構造、戦略、文化についての検討を通じ、現代企業の戦略行動を幅広く理解する。さらに、企業の社会的あり方についての新しい模索という観点から企業の社会的責任(CSR:Coporate Social Responsibility)、そしてコーポレート・ガバナンス(Coporate Governance)についての思索を試みる。
履修条件  演習Ⅰ、そして演習Ⅱの履修が必要である。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  現代企業の戦略行動、企業の社会的責任とコーポレート・ガバナンスにかかわるテーマとイシューを掘り下げて検討していく。現代社会における企業の役割や重要性、そしてそのあり方についての新しい模索などについての総合的な理解を試みる。内容は、かなり面白く刺激的なものを予定している。それを総合的に、分かりやすく、楽しく渉猟していくことを目指す。
 経営学学習の全般に幅広く資する内容で構成される。
学修の到達目標  ゼミは、二部構成で編成される。第1部(PARTⅠ:春学期)では、現代企業の構造、戦略、文化についてのベーシックな文献を取り上げ、輪読を行い、内容をまとめ、発表し合う場を設ける。第2部(PARTⅡ:秋学期)では、現代企業の戦略行動をケーススタディを用い、理解していく。ケーススタディを用いる企業研究では個別企業の経営事例を取り上げ、当該企業の経営課題がどのように解決されてきたのかを検討し、評価してみることで現代企業の戦略行動についての理解を深めていく。
授業の方法  ゼミナール方式、事例研究に加え、レクチャー方式などをも適宜加味して進められる。協働研究の楽しさを覚える。
 また、PCを取り入れ資料作成やプレゼンテーションに活用する。より洗練されたプレゼンテーションの技法を鍛えていく。 考える力や表現力、コミュニケーション力を身につけるのは、もう一つゼミの重要な狙いである。
授業外の学修(予習・復習等)  授業外の学修(予習・復習等)については、授業のなかで適宜案内する。研究チーム別の役割分担などを教員を交えて議論していく。
テキスト・参考書  適宜、参考文献や資料を紹介する。
成績評価の基準・方法  中間テスト、期末テストは行わないが、ゼミへの取り組み(40%)、レポート(30%)、発表(30%)で総合的に評価する。
履修上の注意事項など  ゼミの学習成果として、研究チーム別に2社以上の企業研究、ゼミ全体として10社ほどの企業研究を掘り下げて行うことを目指す。企業研究への関心と問題意識をもち、事例研究を用いた企業研究の楽しさを体験していく。ゼミの取り組みへ意欲的に参加することがなにより重要である。
この科目の履修にあたって  本ゼミは、基本的に現代企業の戦略行動を理解することを目指す。企業研究の意義と面白さについて強い関心を持つことが望ましい。
 演習Ⅲでは、企業研究に加え、卒業研究を行う。卒業研究では進路を定め、その実現に向け取り組んでいくことと卒業論文の完成を目指ししていく。卒業論文は原則としてゼミ生全員に課された課題である。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(経営系)


第1回 秋学期のスケジュールについて(1)

企業研究テーマおよびケースの確認と研究チームの再構成

第2回 秋学期のスケジュールについて(2)

卒業論文テーマの確認と研究スケジュール

第3回 経営事例研究(1)‐①

報告

第4回 経営事例研究(1)‐②

ディスカッション

第5回 経営事例研究(1)‐③

インプリケーション

第6回 卒業論文中間報告(5)

進捗状況の確認と報告

第7回 卒業論文中間報告(6)

進捗状況の確認と報告

第8回 経営事例研究(2)‐①

報告

第9回 経営事例研究(2)‐②

ディスカッション

第10回 経営事例研究(2)‐③

インプリケーション

第11回 卒業論文中間報告(7)

進捗状況の確認と報告

第12回 卒業論文報告会(1)

報告と評価

第13回 卒業論文報告会(2)

報告と評価

第14回 企業研究

企業研究のまとめ

第15回 総 括

まとめ