トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 小西 鉄(准教授)
グレード
テーマ 東南アジア経済論(1)
キーワード 東南アジア経済,研究テーマの設定,研究計画書の作成,先行研究リストの作成
開講年度
2018
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 本演習では、東南アジア経済の各分野において、各自の関心に沿った研究テーマを絞り込むとともに、先行研究を講読する中で理解を深めていきながら、綿密な研究計画たて、卒業論文の構成を構想する。
履修条件 -  
科目の位置づけ(DPとの関連) 学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

1. 経済活動の仕組みや市場の機能、経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力、および財政学、金融論、国際経済学などといった特定の専攻分野に関する専門知識を身につけている。
2. 情報活用能力、数的処理能力、日本語及び外国語能力、コミュニケーション能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につけている。
3. 他の人々と協働し、社会の一員として行動する能力と責任感を身につけている。
4. 経済学を中心とする大学での学びを通して、現代社会において、職業上及び社会生活上で直面する問題に主体的に対応できる能力と学習の方法を身につけている。

この演習は、グローバル経済コースの学生を主な対象とした演習科目で、必修科目です。
学修の到達目標 卒業研究につき、決定したテーマの下、学期末までに章構成が固まり、先行研究講読に着手していることを目指す。
授業の方法 卒業研究指導が中心である。学生の報告とそれに対する教員の指導を行う。
具体的な流れは、以下のとおりである。
 ①論文の書き方の指導
 ②研究計画書の作成(テーマ設定、問題意識の設定、章別編成、参考文献リスト)
 ③学生による研究と報告
 ④論文執筆

演習IIIAでは、③までを行う。
授業外の学修(予習・復習等) ・事前にレジュメとパワーポイントを各自で準備すること
・報告後、教員や学生からの指摘やコメントに対応し、準備したレジュメやパワーポイントを更新すること
・各自の研究テーマに関する文献を精査して収集し、整理すること
・必要に応じて理論を学修すること
テキスト・参考書 以下の分野から、各自の研究テーマに応じて文献や学術論文を個別に紹介する。

(1)インドネシア経済
(2)マレーシア経済
(3)タイ経済
(4)シンガポール経済
(5)フィリピン経済
(6)ブルネイ経済
(7)カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムの各国経済
(8)ASEAN経済
成績評価の基準・方法 筆記試験は実施しない。

以下の3つから評価する。
 ①報告(15%)
 ②議論への積極性(45%)
 ③提出課題の完成度(40%)
この科目の履修にあたって 経済史特別講義や開発経済論、国際経済学を履修していることをお勧めする(履修は必須ではない)。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 イントロダクション

卒業研究の進め方について解説する。

第2回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第3回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第4回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第5回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第6回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第7回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第8回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第9回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第10回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第11回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第12回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第13回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第14回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。

第15回 卒業研究の指導

各自の卒業研究を指導する。