トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 北田 真紀(助教)
グレード
テーマ 管理会計理論の定着と実践的な調査研究
キーワード 会計学,管理会計,原価計算,工業簿記,文献調査,実証分析,ケース分析
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 卒業論文の作成に照準をあわせ、これまで体系的に学修してきた管理会計理論をいかし、実践的な調査研究に着手します。その際に、会計学研究法も修得し、財務データの取り扱い方、実証分析の作法も修得します。これらのゼミ活動により、専門知識の定着はもちろんながら、社会に出てから大いに役立るスキル(プレゼンテーション能力・問題解決力・文書作成力・論理的思考力など)が身に付きます。
履修条件 管理会計の基礎を修得済であること。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。

また、この演習は、会計ファイナンスコースの学生を主な対象とした演習科目で、履修指定科目です。
学修の到達目標 ・会計学研究法を学んだうえで、管理会計分野に特化した研究テーマに沿って、文献調査およびデータ分析を正しく遂行し、分析結果に基づいて論文を作成できる能力を養います。
・研究の進捗度報告および質疑応答を数多く経験することによって、プレゼンテーション能力を高めます。
授業の方法 ・毎回個人発表を行い、教員やフロアからの質疑応答を通じて議論を展開します。
・提出物には必ずコメントを付し、フィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) ・本講義では、グループ発表の機会が多くありますので、日頃からグループで集合してミーティングやプレゼンテーションの練習を行ってください。。
・発表の機会が大変多いため、授業時間外の準備が必要となります。
・進捗度管理のため、教員への報告を求めることもあります。
テキスト・参考書 ・浅田 孝幸、頼 誠 『管理会計・入門 第3版-- 戦略経営のためのマネジリアル・アカウンティング 』(有斐閣アルマ)
・実際の企業例を多く扱います。
・授業の配布プリントなどの教材は授業支援システム「IT’s Class」にアップします。
成績評価の基準・方法 ・毎回出席することを前提とします。
・プレゼンテーション70%、レポート(複数回)30%の合計点から成績評価をします。
履修上の注意事項など ・提出物の期限や提出方法などの受講上のマナーを守ってください。
この科目の履修にあたって 「会計は簿記だけではない」という理念のもと、ゼミ活動を行います。財務諸表分析・会計学全般に関心を持ち、基礎から丁寧に理論を学修したい方を歓迎します。簿記が得意な方も、つまずいた方も、門戸を叩いてみてください。「初めての一歩」を応援します。
管理会計分野で論文を書きたい方を歓迎します。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、数学の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路、大学院進学(会計・経営学系)


第1回 イントロダクション

導入
ゼミの概要説明
管理会計とは

第2回 研究手法の学修①

会計学研究法について
データ収集方法

第3回 研究手法の学修②

会計学研究法について
データ分析方法

第4回 研究手法の学修③

会計学研究法について
分析結果の解釈

第5回 研究テーマの報告①

個人発表と議論
フロアと教員からコメントをもらう

第6回 研究テーマの報告②

個人発表と議論
コメントに基づいて修正した箇所を報告する

第7回 研究テーマの報告③

個人発表と議論
修正段階の進捗度報告

第8回 中間総括

研究手法のまとめ
研究進捗度報告

第9回 研究報告①

卒業研究に着手
研究の方向性について

第10回 研究報告②

卒業研究と進捗度報告
資料・データについて

第11回 研究報告③

卒業研究と進捗度報告
文献調査、データ処理の報告

第12回 研究報告④

卒業研究と進捗度報告
分析結果の報告

第13回 総括①

発表の振り返り
フロアと教員からコメントをもらう

第14回 総括②

発表の振り返り

第15回 まとめ

春学期の研究の総括