トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 藤村 佳子(助教)
グレード
テーマ 卒業研究
キーワード 組織デザイン,意思決定,コミットメント,リーダーシップ,キャリア,モチベーション
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 演習ⅢAでは、演習ⅢBでの卒業研究の完成に向けて研究計画を立て、文献研究やデータ取得、議論の進め方について学修する。また個人発表では研究内容をまとめて伝えるスキルを身に着けることを目的とする。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

1. 日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力 とともに幅広い教養及び国際感覚 を身につけている。
2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4. 他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
また、この演習は、ビジネスマネジメントコースの学生を主な対象とした演習科目で、必修科目です。
学修の到達目標 (1)経営学分野において関心のあるテーマについて、専門用語を用いて説明できるようになること
(2)卒業研究の骨子を作成すること
授業の方法 学生(個人またはグループ)による①研究活動(調査・分析)、②パワーポイント、レジュメを使用したプレゼンテーション、③積極的な討論、最後に教員による総括という流れでゼミを進めたいと思います。授業時間は限られているため、課外の時間に調査・分析やプレゼンテーション準備を行う必要が出てきます。
授業外の学修(予習・復習等) ・卒業研究についての調査・分析やプレゼンテーションの準備をすること
・卒業論文・卒業レポートの執筆を進めておくこと
テキスト・参考書 伊丹敬之(2001)『創造的論文の書き方』有斐閣。
成績評価の基準・方法 プレゼンテーションの内容や報告の仕方、議論への貢献など(30%)、レポート・課題(70%)により評価します。レポート・課題はマイノートに提出された研究成果を対象とします。
履修上の注意事項など 本演習は必修科目ですから、各自しっかりと取り組んでください。
この科目の履修にあたって 大学での学修の集大成となる卒業研究を完成させることがこの授業の最終目標です。各自のテーマについてしっかりと考え抜いてください。
オフィスアワー 金 10:00~10:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、キャリアと進路、大学院進学(経営学系)


第1回 ガイダンス

本年度の演習の進め方についてガイダンスを行う

第2回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第3回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第4回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第5回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第6回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第7回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第8回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第9回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第10回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第11回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第12回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第13回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第14回 発表

卒業レポート・卒業論文に向けて個人研究の発表とディスカッション

第15回 まとめ

春学期の総括