トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 中井 英雄(教授)
グレード
テーマ 国際化社会の日本財政について、考えてみよう。
キーワード 税制改革,消費税,社会保障,法人税,地方財政
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 就職活動の「突破力」と「社会への適応力」を身につけるため、大学で「何を学んだか」を再確認する。このため、3年次の「研究レポート」をベースに、研究テーマをより発展させて、卒業論文につなげる。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) DP「現代社会の経済現象や課題を理解し、倫理と公共性と責任感を持って、グローバル化する現代社会の諸課題に創造的に対応できる人材の育成を目指している」ため、発表やディベートを中心とした「演習」形式で、研究指導する。
CP「自分の興味・関心、将来の進路志望に合わせて知識を広める、就業力と豊かな感性を身につけることができるように」、他のゼミ生の発表に対して、各ゼミ生がコメントできる能力を養成する。
学修の到達目標 12,000字の卒業論文の作成において、目次の作り方や、参考文献の引用の仕方、文章の校正の仕方を修得させる。
授業の方法 このゼミでは、レジュメの作成による「まとめる力」、口頭発表による「プレゼンテーション力」、ディベートによる「交渉力」の3つの基本的なスキルを身につけることを目標に取り組みます。その結果、学修成果として得られるべき目標は次の通りです。
・日本・ドイツ・イギリスの地方財政とは、何かについて説明することができる。
・日本・ドイツ・イギリスの地方財政の違いは、何かについてゼミ生と議論することできる。
・地域の再生という課題の解決方法を国際比較のなかから、提案することができる。
授業外の学修(予習・復習等) 自宅での文書作成を通じて、予習・復習の重要性を修得させる。
テキスト・参考書 テキスト:中井英雄『地方財政学』、有斐閣、2007年。
参考書:中井・斉藤・堀場・戸谷『新しい地方財政論』、有斐閣アルマ、2010年。
     持田伸樹『地方分権の財政学』東京大学出版会、2004年。

さらに、参考になる図書・雑誌、論文、資料については随時案内します。これらは研究段階で活用してください。
成績評価の基準・方法 コメント・ペーパー30%、中間レポート30%、最終レポート40%
履修上の注意事項など 演習室で、いつでも、卒論の中間発表ができるように、USBと紙ベースのドラフトを携帯すること。
この科目の履修にあたって 3年次の研究レポートの参考文献を購入すること。
オフィスアワー 火 13:00~14:30 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、大学院進学
木 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 ガイダンス

すでに、2枚のレポートを書いているので、それに追加し、卒論の書き方を教授する。

第2回 個人発表

パワー・ポイントを用いた個人発表。

第3回 個人発表

パワー・ポイントを用いた個人発表。

第4回 個人発表

パワー・ポイントを用いた個人発表。

第5回 個人発表

パワー・ポイントを用いた個人発表。

第6回 個人発表

パワー・ポイントを用いた個人発表。

第7回 個人発表

パワー・ポイントを用いた個人発表。

第8回 追加レポートの作成

追加レポートの章立てを教授する。

第9回 追加レポートの作成

追加レポートの章立てを教授する。

第10回 追加レポートの作成

追加レポートの章立てを教授する。

第11回 追加レポートの作成

追加レポートの章立てを教授する。

第12回 追加レポートの作成

追加レポートの章立てを教授する。

第13回 参考文献の書き方

参考文献の書き方を教授する。

第14回 目次の書き方

目次の書き方を教授する。

第15回 概要の書き方

概要の書き方を教授する。