トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 前鶴 政和(教授)
グレード
テーマ 日本の産業と企業
キーワード 産業,企業,日本経済,国際競争
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  この演習では、日本の主要産業・企業が現在、どのような状況に置かれているのか、そしてどのような課題を抱えているのかを学修します。
 3年次の演習ⅡA・Bの学修に基づき、関心のある産業や企業を選択して研究し、プレゼンテーションを行って頂きます。学期末にはレポートを作成し、提出して頂きます。
 また、秋学期の演習ⅢBでは、卒業論文または5000字以上の卒業レポートを作成して頂く必要がありますので、それらの作成に向けて準備を進めることになります。
 この演習のレベルは、「ミクロ経済学Ⅱ」の応用レベルです。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目で身につける知識や能力は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4. 他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている。 
 
 また、この演習は、総合政策コースの学生を主な対象とした演習科目で、必修科目です。

学修の到達目標  関心のある産業や企業について、説明できるようになることを目標とします。また、プレゼンテーション能力を養成します。
 日本の産業や企業について学ぶことにより、将来のキャリア形成に役立てることも目標としています。
授業の方法  授業の最初の数回は、研究計画書を作成して頂きます。その後、関心のある産業や企業についてレポートを提出して頂きます。
 授業時にはノートPCを利用します。レポートはオンライン(IT's class及びマイノート)で受け付けます。
 レポートについては、コメントを付して、返却します。
授業外の学修(予習・復習等)  卒業論文または卒業レポートに向けて、授業時間外にも準備を進める必要があります。授業の際に修正点・問題点等を指摘しますので、授業後に修正してください。 
テキスト・参考書  以下のテキストを使用します。

テキスト:
橘川武郎・平野創・板垣暁(2014)『日本の産業と企業』有斐閣
成績評価の基準・方法  授業内課題(20%)、プレゼンテーション(30%)、レポート(50%)。
履修上の注意事項など 1.必ず出席し、積極的に議論に参加してください。
2.必ずプレゼンテーションを行い、レポートを提出してください。
この科目の履修にあたって 「ミクロ経済学Ⅱ」を履修済みであるか、同時に履修することを希望します。
オフィスアワー 火 10:40~11:40 花岡コモンズ 授業の質問、大学院進学(経済系)


第1回 ガイダンス

 演習ⅢA・Bの運営方法、授業計画、卒業論文等についてガイダンスを行います。

第2回 春学期の目標

 春学期の目標を作成します。

第3回 研究計画書の作成(1)

 秋学期の卒業レポート・卒業論文に向けて、研究計画書の作成を行います。

第4回 研究計画書の作成(2)

 引き続き、秋学期の卒業レポート・卒業論文に向けて、研究計画書の作成を行います。

第5回 卒業論文・レポートの報告(1)

 卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第6回 卒業論文・レポートの報告(2)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第7回 卒業論文・レポートの報告(3)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第8回 卒業論文・レポートの報告(4)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第9回 卒業論文・レポートの報告(5)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第10回 卒業論文・レポートの報告(6)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第11回 卒業論文・レポートの報告(7)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第12回 卒業論文・レポートの報告(8)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第13回 卒業論文・レポートの報告(9)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第14回 卒業論文・レポートの報告(10)

 引き続き、卒業論文・レポートについてプレゼンテーションを行って頂きます。

第15回 春学期の振り返り

 春学期の振り返りを作成します。