トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡB
   Seminar ⅡB
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 深瀬 澄(教授)
グレード
テーマ 卒業研究に向けてのマーケティング・リサーチ
キーワード 卒業研究,学生研究発表大会,マーケティング・リサーチ,やや高度な分析手法,R言語,他の諸問題への応用
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 マーケティング実務の革新と創造に必要なマーケティング・リサーチによる統計分析手法をベースに、卒業研究に向けた準備を進めていきます。取組むテーマについてはマーケティングのほか、学生の進路や関心により、まちづくり、ライフワーク・バランス、投資家行動等、経済・経営学に関する多方面の実証分析にも応用することも可能です。参考として、以下に想定される研究テーマ例を示します。

バニラカップアイスのおいしさモデル/ファーストフードにおけるサービスクオリティとロイヤルティの構造/東京ディズニーランドにみる日常から非日常への心理的変化と環境の相互関係/おしゃれの二面性尺度の作成およびジェンダー・パーソナリティとの因果分析-母世代・娘世代の比較/通信販売と消費者購買意思決定プロセス/消費者のSS店舗利用の構造/高速道路経路選択行動における意思決定要因/企業イメージのマネジメント-平均構造・多母集団解析の応用/ 2チャンネルが盛り上がるダイナミズム/ 若年世代のライフスタイルと将来の住まい像/サッカーゲームにおける攻撃技能の因果構造/プロ野球チームに対するロイヤルティと満足度/地域の非行防止活動の活性化-地域レベルのプロセスと効果/自転車放置者への説得的コミュニケーション/公共事業政策に対する公共評価の心理学的構造/日本人の満足感の構造とその規定要因に関する因果
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 経営学科の学位授与方針に則り、マーケティングを中心とする行動経済学、行動計力学の専門知識を習得し、消費者の気持ちを推察しながら、的確な行動がとれる人材を養成する。
学修の到達目標 1、論文の理論展開と主張する内容を正確に理解できるようになる。
2.卒業研究のテーマを絞り込む。
3.学術論文の書き方のフォーマットを体得する。
4.グループ研究の成果を研究学生研究発表大会で報告する。
授業の方法 研究チームを編成し、グループワークを通して、企画力、コミュニケーション力、マネジメント力を研鑽します。全員が学生研究発表大会に参加し、競争的な環境の中で、研究目的と結論を導くまでの過程を、論理的に簡潔でわかりやすく、報告に向けて伝えられるよう、プレゼンの練習も重視します。
授業外の学修(予習・復習等) テキスト、先行研究論文の輪読については、全員が下読をしてきていること前提とします。
学生研究発表大会の準備に向けたグループワークついては授業外で進めてもらい、授業中は報告とコメントを中心とします。
11月に、学生研究発表大会に向けた合同の強化合宿を行いたい。
テキスト・参考書 テキスト
◎照井伸彦・佐藤忠彦『現代マーケティング・リサーチ』、有斐閣2700円+税
参考書
〇照井伸彦・ウィラン=ドニ=ダハナ・伴正隆『マーケティングの統計分析』(統計科学のプラクティス・シリーズ3)朝倉書店、3200円+税
〇田村正紀『マーケティング・メトリクス(市場創造のための生きた指標ガイド)』日本経済新聞社 2600円+税
成績評価の基準・方法 担当論文のグループ報告(2回) 20点  
受講態度・積極性        30点
学生研究発表大会でのプレゼン  10点
3年次研究レポート(2000字)30点
ゼミ運営・行事の貢献度     10点
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

1.振返りと進路について
2.グループ編成と先行研究テーマの登録
★テーマおよび先行研究論文を選択

第2回 新製品の普及

1.新製品の重要性と課題
2.新製品の分類
3.プロダクト・サイクル

第3回 新製品の普及

4.新製品の普及
5。バスモデル

第4回 顧客の管理

1.マイクロマーケティングの重要性
2.顧客関係性マネジメント
3.顧客管理のための分析手法

第5回 顧客の管理

4.顧客の生涯資産価値(補論)

第6回 学生研究発表大会に向けた準備

クループ報告1

第7回 学生研究発表大会に向けた準備

クループ報告2

第8回 学生研究発表大会に向けた準備

クループ報告3

第9回 学生研究発表大会に向けた準備

クループ報告4

第10回 学生研究発表大会に向けた準備

クループ報告5

第11回 学生研究発表大会

クループ報告本番

第12回 市場反応分析(Ⅱ)

1.個人別購買データの特性
2.離散選択モデル
3.多項離散選択モデル

第13回 ブランドの属性と同時マップ

1.質的変数の関連性
2.コレスポンディング分析

第14回 マーケットバスケットとクロスセリング

1.ビッグデータとクロスセリング
2.アソシエーション分析

第15回 振り返り

振り返り