トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 関 隆教(助教)
グレード
テーマ マーケティング論の理論的・実践的学修
キーワード マーケティング・マネジメント,戦略的マーケティング,関係性マーケティング,サービスマーケティング,イノベーション,流通システム
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  マーケティングの理論的知識を実際の企業の分析や実践的取り組みに応用することから学びます。たとえば,実際の企業の市場開拓における阻害要因をチャネル管理の視点から分析するなど,マーケティングの理論を用いて企業の課題を的確に分析し,理論的・実践的な示唆としての成果物を提起することを目標とします。当該授業を受講する上で,経営戦略論(企業戦略),経営戦略論(事業戦略),流通産業論,流通システム論,マーケティング概論,市場戦略論などは関連領域になりますので,履修することを強く望みます。
 本演習では,マーケティングに関する専門知識を学修するだけでなく,実際のビジネスにおいて有用な論理的思考能力,コミュニケーション能力を身に着けることが目標となります。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は,経済学部経営学科の専門演習科目で、履修指定科目です。また,学位授与の方針(DP)に定める,学生が本学における学修や経験を通じて身につける知識や能力のうち,以下に該当します。
 「3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し,その解決の方法を考える力を身につけている。」
 「4. 他の人々と協働し,企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。」
学修の到達目標 ・マーケティングの理論を用いて実際の企業を論理的かつ明瞭に分析することができる。
・マーケティングの基礎的・発展的な理論の背景を説明することができる。
・自己の意見の主張だけでなく,他者の意見を傾聴し,コミュニケーションを円滑に行える。
授業の方法  春学期の前半ではマーケティングの理論を体系的に学び,後半は研究発表大会に向けたグループ研究を行います。まず,前半の理論セッションでは教員が指定したテキストに基づき,各個人が担当する課題に対して報告し,メンバー全員で議論を行います。発表を担当しなかった履修者には,当該内容についてのレポートを提出してもらい,皆の知識を深めます。なお,優秀なレポートについては,授業中に紹介します。また,発表にはパワーポイントを使用し,資料の共有(レポートの提出や授業資料の管理)などはWeb(It’s classやe-mailなど)を通じて行われます。
 後半のグループ研究セッションでは,グループごとに関心のあるテーマを設定し,そのテーマの情報収集・分析・考察を行い,その結果を報告します。それに対し,ディスカッションを行い,各々の知識を深めるだけでなく,プレゼンテーションスキルなどの向上を目指します。
 他方で,他大学のゼミが多数参加するゼミ対抗の合同研究会へ参加し,研究発表を行うことを大きな目標とします。大会の開催は秋学期になると思われますが,それに向けた準備を春学期の後半から行います。企業へのインタビューやアンケート,あるいは,共同プロジェクトなどに取り組み,データを収集し,それを適切な方法で分析することで研究成果を創造することが求められます。加えて,学外のゼミとのディベートの実施を予定しています。大学を跨いだ交流により,知識の共有やネットワークの構築,そして新たな自分の気づきを得るといった幅広い視野を身につけられるような演習活動を考えています。

授業外の学修(予習・復習等) ・テキストセッションの学修の際は,割り当てられた内容について必ず予習しておくこと(報告者以外の人が予習していなければ議論になりません)。また,講義後には,予習して得られた自分の見解と講義の中で学んだことの差異について考え,復習しておくこと。
・グループでの発表がありますので,適宜,従業外にグループで集まり,報告内容の議論やプレゼンテーションの練習を行うこと。
・日頃からビジネス雑誌や著書,新聞やインターネットなどからビジネスに関する様々な情報を積極的に収集するだけでなく,現場に足を運んで情報収集することを奨励します。
テキスト・参考書 ・高嶋克義・桑原秀史『現代マーケティング論』有斐閣アルマ,2008年。
 上記のテキストについては,前半の基礎知識の学修セッションにおいて使用するだけでなく,それ以後のグループ研究においても適宜参照することになるので,必ず購入して下さい。
成績評価の基準・方法 ・演習への積極的参加(50%),プレゼンテーション(30%),レポート(20%)
 演習への積極的参加は,議論や質問など演習への能動的な姿勢を総合的に評価します。論理的整合性の欠く理由での遅刻や欠席などは能動的な姿勢の欠如として判断します。また,プレゼンテーションに関しては,報告内容だけでなく,情報収集のプロセスも評価します。
履修上の注意事項など ・毎回出席することが前提です。無論,遅刻・欠席の際は必ず事前に連絡すること。
・提出物の期限など基本的な受講上のマナーを守ること。
・ゼミも一つの「組織」として考えることが可能です。共通の目的,貢献意欲,コミュニケーションが参加者には求められます。そのためには,一人ひとりがゼミ活動に積極的に参加し,ゼミという組織を自分たちが動かしているという意識を持って活動してください。

この科目の履修にあたって  営業組織や小売組織,そしてサービス組織などにおける現場従業員の創造性について研究しています。ゼミ生の皆さんには,自分で考える力とコミュニケーション能力が身につけられるよう積極的なゼミ活動を期待しています。また,そのようなゼミ活動が皆さんで自主的に運営されるようにサポートしていきたいと考えています。
オフィスアワー 火 10:40~12:10 花岡コモンズ 授業の質問、キャリアと進路、大学院進学(経営系)


第1回 ガイダンス

本演習の概要や進め方などを説明する。

第2回 テキストセッションの概要と担当者の割当

テキストの課題に対する発表担当の分担とスケジュールを確認する。

第3回 発表①

担当の課題について発表し,議論する。

第4回 発表②

担当の課題について発表し,議論する。

第5回 発表③

担当の課題について発表し,議論する。

第6回 発表④

担当の課題について発表し,議論する。

第7回 発表⑤

担当の課題について発表し,議論する。

第8回 グループ研究の準備

研究発表大会に向けたグループの編成とスケジュールの確認

第9回 グループ研究①

研究課題の探索と情報収集

第10回 グループ研究②

研究課題の探索と情報収集

第11回 グループ研究③

研究課題の探索と情報収集

第12回 グループ研究④

研究の進捗状況を発表資料にまとめる。

第13回 グループ研究の中間発表①

研究の進捗発表と全体での議論

第14回 グループ研究の中間発表②

研究の進捗発表と全体での議論

第15回 まとめ

春学期のまとめと振り返り