トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 杉山 裕(准教授)
グレード
テーマ 日本と世界の現状を経済的視点から考え、理解する(1)
キーワード 日本的経済システム,日本と世界の経済,日本の働き方,私たちの暮らしと経済活動,卒業研究の準備
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  この授業は、大学での学びにおいて最も重要なものである「演習形式で経済学をより深く学ぶ場」に位置づけられます。学修の形式は演習Ⅰと同じですが、よりレベルの高い取り組みを行います。
 授業においては、日本および世界の経済の現状を理解し、そこに潜む問題を解決するために不可欠の知識について学びます。また、グループワークやディスカッション、レポート作成などを通じて、社会人に必須のコミュニケーション・スキルを身につけます。
 卒業論文の執筆準備につながる、具体的な取り組みを行います。
 また、この演習は、総合政策コースの学生を主な対象とした演習科目で、履修指定科目です。
 演習のなかで必要な知識を修得してもらう予定ですが、「日本経済論Ⅰ・Ⅱ」と「労働経済学」を事前にあるいは併せて履修することをお勧めします。
履修条件  特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目で学ぶ内容は、学位授与の方針(DP)に定める、「学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力」のうち、以下のものに対応しています。演習Ⅰよりも高い次元でこれを達成できるように頑張りましょう。
・経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
・現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
・他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている。

学修の到達目標 (1)日本および世界経済の現状を理解し、説明することができる。
(2)日本と世界の経済が今後どのような方向に向かうのか、自身がそこにどのように関わっていくのかについて、自分の考えを持つことができるようになる。
(3)ニュースで報道される内容や身近な出来事について、経済学的な視点から意見を述べられるようになる。
(4)社会人として求められる能力(コミュニケーション、プレゼンテーション、ディベート)を身に付ける。
(5)スケジューリングのスキルを磨き、課外に取り組む学修課題を適切にこなせるようになる。
(6)卒業論文執筆や就職活動についてイメージを形成する。
授業の方法  新聞やテレビ映像、雑誌の経済ニュースを素材に学習を進めます。用意されたテーマについて教員とゼミ生が意見交換・話し合いをすることを通じて、日本と世界の経済について学んでいきます。ゼミ生による報告も実施します。
 ゼミ生による報告と討論の具体的な進め方は、①事前に報告テーマと報告者を決める、②報告者の発表をベースに討論をする、③討論の結果をまとめる、④討論の過程で明らかになった課題に報告者が対応する、というものです。また、テレビや新聞のニュースを素材に、皆さんで討論をしてもらう回を設定することにします。
 演習での取り組み、課外に取り組む学修課題にたいしては、その完成度や今後の改善点についてフィードバックをします。その後の学びに必ず反映させるようにしてください。
 課外学修では、IT'sClassやスマホなどICTを活用した課題に取り組みます。
授業外の学修(予習・復習等)  次回の演習で学ぶ内容、ゼミで学んだ内容についてについて、IT's Classにアップされた資料を読む、調べ物をする、コメント、報告書を作成する必要があります。また、ゼミ生がローテーションで週ごとに時事問題について発信・発表する取り組みがあります。
テキスト・参考書 テキスト
 演習開始時に提示します。
参考書
 岩田規久男『日本経済を学ぶ』筑摩書房(ちくま新書)2005年
 日本経済についてコンパクトにまとめてある本です。取り組む課題に応じて、関連する箇所に目を通すなどしてください。
成績評価の基準・方法 筆記試験は実施しません。報告(15%)と話し合いへの参加状況(45%)や提出課題の完成度(40%)によって評価します。積極性・オリジナリティ・協調性の3点が評価の基準となります。
履修上の注意事項など  課題への取り組み方などについては丁寧に解説します。困ったこと、不明な点はどんどん教員に質問・相談してください。経済に関する時事問題という身近なテーマを扱うため、取り組みやすい学修内容であると言えます。
 「スケジュール管理の習慣をつける」、「課題に取り組むための段取りを整える」、「より良い作品を生み出すための向上心を持つ」ことを心がけてください。
 「3回生である」という自覚をしっかりと持って演習に参加してください。
この科目の履修にあたって  最新の経済事情を多く扱います。日頃からニュースをこまめにチェックしましょう。また、様々な問題について、自分なりの意見を持てるように心がけてください。
オフィスアワー 月 16:15~16:45 教務課(C号館1階) 授業の質問、レポート作成支援、キャリアと進路、自己PR作成支援


第1回 ガイダンス

演習の進め方についての解説とメンバーの自己紹介、今学期の活動内容についての計画作りをします。

第2回 国際社会と日本経済(1)

教科書ないし用意した資料を用いて、解説とディスカッションをします。 国際的な経済活動と日本経済の関わりについて、経済理論的な側面を意識した学修となります。
*2回以降の内容はおおよその計画です。演習の進み具合や卒業論文、就職活動との兼ね合いで変更する状況も想定されます。 

第3回 国際社会と日本経済(2)

教科書ないし用意した資料を用いて、解説とディスカッションをします。 

第4回 国際社会と日本経済(3)

教科書ないし用意した資料を用いて、解説とディスカッションをします。 

第5回 国際社会と日本経済(4)

教科書ないし用意した資料を用いて、解説とディスカッションをします。 

第6回 世界経済が直面する問題と日本(1)

最新の世界経済情勢と日本経済の関わりについて学びます。
教科書ないし用意した資料を用いて、報告ないしグループワークをします。

第7回 世界経済が直面する問題と日本(2)

教科書ないし用意した資料を用いて、報告ないしグループワークをします。

第8回 世界経済が直面する問題と日本(3)

教科書ないし用意した資料を用いて、報告ないしグループワークをします。

第9回 世界経済が直面する問題と日本(4)

教科書ないし用意した資料を用いて、報告ないしグループワークをします。

第10回 「仕事」と日本経済(1)

アルバイトや就職活動など、身近な「仕事」の問題について報告とディスカッションをします。

第11回 「仕事」と日本経済(2)

アルバイトや就職活動など、身近な「仕事」の問題について報告とディスカッションをします。

第12回 卒業論文について考える(1)

卒業後の進路を踏まえつつ、現時点における卒業論文の執筆構想を考えます。

第13回 卒業論文について考える(2)

卒業後の進路を踏まえつつ、現時点における卒業論文の執筆構想を考えます。内容については、ゼミで発表し、メンバーからのコメントを元に修正案を作成します。

第14回 グループでのプレゼンテーション準備

秋学期開催の学生発表大会を意識し、グループによるプレゼンテーションの準備(テーマ選びや作業計画)に取り組みます。

第15回 春学期の総括

春学期に取り組んだことの成果と今後の課題を確認します。